995 views

この記事は約7分で読めます。

南六郷ミナミ釣り船さんからカレイ五目釣りへ!【工藤麻里さんからの寄稿】

こんにちわ。工藤麻里です。

趣味は釣りです。キャリアウーマンです。釣りをすると普段のストレスを全て忘れます!

いつか釣ってみたい魚は、キハダマグロです。

南六郷のミナミ釣り船さんへカレイ釣りへ!

前回、行った東京南六郷のミナミ釣り船をたいそう気に入ってしまい、HPを眺めながら自分の休みの日を見たら、

「カレイ五目決定です」と書いてあったので、カレイか・・・美味しそうだな。と思い 参加してきました。

到着してお金を払うと、女将さんが、
「ありがとねーどこから来たの?氷はそこよ。もっていってね」と、優しい。
女の人は2000円割引なので、この日は7000円でした!

船長さんは面白い方で、移動もそうですが、流し方の向きだけでも、マメに船を動かしてくれます。

中乗りさんはとっても気のきく方で、親切で何でも教えてくれますし、よーく船全体を見ています!

ミナミ釣り船さんは多摩川の六郷にあるのですが、この日は潮が引いていて、船まで筏で移動しました。

帰りも引き潮が厳しかったのですが、努力してギリギリまで釣らせてくれるのが、この釣り船の良いところです。

スポンサーリンク

ほぼ手ぶら!がいい!

いつもの通り貸し竿です。

今回はカレイ五目。わからない釣りだったので、初心者の時は、船のレンタル品を使う方が、釣れるような気がします。

やっぱり釣り物にあってない竿などを使うとやりづらいですしね。

お客さんは5人。
私以外は、私の父の年代くらいの気の良いおじさまばかりでした。

みなさん優しくて、おまつりしても嫌な顔せずしてくださって楽しく釣りができました!

オネイサンどこに座る?どこでもいいよ~と。

ほんわかした船宿っていいですね!

私は右舷の真ん中(胴の間)に座りました。

毎回このあたりが好きです。
それも右舩が好きなんです。

ミヨシ(船首側)も、トモ(船尾側)もあまり狙いません。何となくなんですが、、、

今回は釣り竿とリールはレンタルなので、持っていったのはこれだけ。

ハサミと針外しと手袋だけです。

「錘は、30号か40号を使い分けてみてー!」といわれましたがずっと30でやりました。

餌は、恐怖のアレ・・・おぞぞぞぞ

そんでもって今回の問題は、

これ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ずっと避けて通ってきたが、釣りをする以上、もう避けて通れないだろう。

こやつです。アオイソメくん。

おぞぞぞぞぞ・・・・・

鳥肌を立てながら なんとか仕掛けにつけました。

ひー。

でもこれでカレイが釣れるなら、頑張る!

カレイ釣りのやり方を教わる!

次に、釣り方を教わります。やっぱりレクチャーしてくれる船宿っていいですねー。

といっても難しいところはなく、

キャストしたり船底をねらって、錘で底をとったら、ハリスのたるみを取る程度に巻いて置いておくだけ。

カレイ釣りは、シャクったりしないでひたすら待つ釣りなんですね。

そんでもって、これは、ちょっと苦手かも・・・

両隣の方は常連さんらしく、なんと、三刀流です(カレイの釣りでは多く竿を出すのが基本のようですね)

私はそんなに管理出来ないー、と思ったので2本竿だしましたが、2本でも、当たってるのをチェックするの大変だし、手前まつりが怖いよー。

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・・

うーん、全然あたらない。

「シロギス狙うなら ちょい投げでやってみてー」と、いわれやってみたけど

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

うんともすんとも言わない。

そのうちに右隣の方が46㎝のカレイを釣りあげた!

わ、いいなー!

2時間経過。左隣の方が35㎝のカレイを釣りあげた!

ううう。

ボウズの色濃い感じをヒシヒシと感じはじめる。

そうか。ミヨシだ、トモだと拘るのはこういう意味があったのかな?

こうなったら、もうシロギスでもいい。何か釣りたい・・・・

と、

諦めかけたとき・・・

中乗りさんが

「きてるきてる!!左の竿!」

と、教えてくれました!(当たりにも気が付かない私)

すかさず竿を手に取りましたが

「まだだよーまだ。いいよ、いまグッと竿上げて・・・・」

と、言われるまま・・・

「よし!今!今巻いて!!」

言われるまま。

おじさま達から

「お?きっと 大きいぞー!」

「やったねえ!」

と、声援がかかる。

タモ入れも完ぺきにサポートしていただきました。

う、うれしい!

ナイスサイズなカレイです。これは豪華な煮付けができる大きさですね!

中乗りの祥一さんがいなけりゃ 私には釣れてないわ。これ。

でも釣れた♪

横浜沖へアジ釣りへ

その後、船長の采配で「今さ、横浜沖、良い型のアジきてるみたいだからちょっと行こう」

と、いうことに。

おお、アジ?アジですか?♪

アジなら私に任せて!!

移動してコマセをまきながらアジ釣りです。

中乗りさんは、イソメを恐る恐る触ってる私を見て、イカタンをもってきてくれました。

時合がきていて、一投1,2匹かかる。

この確変が全然終わる気配なし。

大きいアジでバラシも多かったけど、小1時間でたくさん釣りました!

時刻はだいたい15時。

「潮ひいちゃうからねーごめんね。帰るねー」と、試合終了。

▶カレイとアジの料理などなど

<お知らせ>
🎣あなたもORETSURIに寄稿してみませんか?
☕ORETSURI読者の集い『釣りトーク』をFacebookでチェック!
📶LINEデータ消費ゼロで月額500円~LINEモバイル-PR
☀Amazonプライムで、無料お急ぎ便+映画・TV番組が見放題、100万曲以上が聴き放題-PR

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!

シェアでみんなに伝えよう!