4,112 views

この記事は約7分で読めます。

晩秋の小場所で狙うハゼ釣りは楽しい|逗子田越川

田越川

秋も深まってきましたねー。

太陽が出ているときは温かいものの、雲で陰ったり、ちょいっと風が吹くと最早冬じゃないかなと思うときもしばしばです。

うちの近所には田越川という幅20mぐらいの小規模河川があって、日々川のそばを通って逗子駅までいったりするのですが、最近ハゼを狙っている釣り人がちらほら増えてきました。

先日も、渓流竿でミャク釣りをしていた御年80歳ぐらいの男性に話しかけてみたところ、朝からやって50尾ぐらいとなかなか釣れるようになっている模様。

8月ぐらいはあんまり釣れなかったものの、この河川は10月後半から11月中ぐらいがよいようですね。

ということで、冷蔵庫にイソメがあまっていたもので、夕方16時~17時ちょっとすぎぐらいまでハゼ釣りをしてみました。

田越川でハゼが釣れるところ

そのまえに田越川でハゼが釣れるところについて解説しておきます。

海から数えて2本目の富士見橋あたりが釣果は堅いのですが、それより上流でもハゼは釣れます。

というのも、この川は高低差が少なく堰がないためハゼがかなり上流まで遡上するのです。

JR逗子駅から歩いて田越川まで5分ぐらいなのですが、電車釣行派の方は、京急新逗子駅からだと徒歩1分ぐらいでポイントまで到着できるのでそちら経由のほうがよいかもしれません。

新逗子駅の裏手あたりもポイントです。

この川は満潮時も水深1mぐらいしかないのと、ゴロタ石が多いので、満潮前後ぐらいに釣りはじめたほうが根がかりなどのトラブルも少いかなと思います。

※釣り餌は、近隣に愛古堂さんがあります。営業時間がイレギュラーなので注意。

スポンサーリンク

ということでハゼ釣りスタート

まずは、新逗子駅南口付近の仲町橋付近から川を下りながら釣ってみましょう。

街路樹の桜もすっかり葉が落ちて秋ですねー。

ここは、徳富蘇峰・猪一郎顕彰碑のあたり。まえウナギ釣りをしている人がいたなー。

ここは川が湾曲して奥側が深場、手前が砂地の浅場です。

ここにはベンチがあるので、休憩などもできますよ。

地域のおじいさん・おばさん・犬などが毎日休憩するところで散歩をする人も多いので、釣りをするときは周りに気を付けてゴミなどは絶対に持ち帰るようにしましょう。

ぱっと見、見える魚は、ノーマル鯉、ノーマル鯉、錦鯉、ボラ、白くなったボラ、クロダイ、クサフグ。。。

マハゼって意外と川底に一体化して見えにくいものなんですよね。

さーて、かなり軽めの胴付きにしてイソメをつけて狙ってみると・・・

あ、アタったぞ。

ぴくぴく。

・・・

あ、貴殿でしたか(コトヒキくん)

コトヒキ。サイズが40㎝ぐらいあるのが狙って釣れれば人気の魚になりそうなターゲット。エラ蓋に棘があるので注意。

この魚、どうやら大きいものは30㎝を超えるようなのですが、今まで5cmぐらいのしか見たことがないという謎の魚です。ということで、リリース。

時間帯はこれから、満潮を経てサゲにむかう付近。

どうもこのあたりは、ハゼの反応がなさそうのなので上流へ。

▶はたして、上流でハゼは釣れるのか?

<お知らせ>
🎣あなたもORETSURIに寄稿してみませんか?
☕ORETSURI読者の集い『釣りトーク』をFacebookでチェック!
☀Amazonプライムで、無料お急ぎ便+映画・TV番組が見放題、100万曲以上が聴き放題-PR

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!

シェアでみんなに伝えよう!

 

ABOUTこの記事をかいた人

ORETSURI編集長。釣り歴30年ぐらい。いつの間にか釣りメディアをはじめていたもので人生不思議だなーと思っている今日この頃。口癖は、「釣りはいいよねー」