2,691 views

この記事は約17分で読めます。

『アミ五目』という名の釣りにいってきたので詳しく解説する@金沢八景一之瀬丸

船釣りに『アミ五目』というものがあって、その名称はそれほど多くの船宿が使っているものではなさそうです。

ウェブでは、金沢八景の一之瀬丸のほかに一部の船宿のプランがでてきますが、多くの船宿では同じような釣りを『ライト五目』『LT五目』『ウイリー五目』と呼んでいます。

五目釣りというと初心者にも優しそうに見えますが、ウェブ上にあまり釣り方を解説したものが見当たらないので今回解説します。

本文のながれはまず『アミ五目』について解説しつつ、それから実際の釣行編に移ります。

これから『アミ五目』にチャレンジする釣り人のお役に立てば幸いです。

スポンサーリンク

アミ五目とは?

五目釣りというだけあっていろいろ釣れる

釣ったアジやサバ

アミ五目ことアミコマセをつかった五目釣り(またの名をライト五目・LT五目)では、その名の通り様々な魚が釣れます。

基本はアジやサバをメインに、黒鯛・真鯛・イナダ・イシダイ・カサゴなどを狙うことができます。

アジ船は、95%アジを釣る釣りですが、アミ五目の場合はいろんな魚が釣れるポイントを回るため、同じ釣り物だと飽きてしまう人にもオススメです。

アミ五目のタックル

船宿レンタル品のビシ40号+アミコマセ+オキアミ(つけエサ)

今回お世話になった一之瀬丸のレンタルタックルは以下の通りです。

  • アジ釣りレンタルロッド+シマノ小船PE3号程度
  • プラスチックビシ(レンタル品は手榴弾型40号)
  • ヤマリアのLT天秤
  • イサキ等用のハリス2号3mチヌ針3本仕掛け
  • 撒き餌はアミコマセ
  • 付けエサはオキアミ解凍品もしくはイカタン(アジ用のアカタンではなくイサキ船等で使う白いイカタン)

持参する場合は、ライトゲームタックルにPE1号~2号、LT天秤+サニービシ40号or60号がぴったりです。

スポンサーリンク

アミ五目とLTアジの違いとは

前述の通り基本的にアジ釣りのタックルと同じですが、アジだけでなく大サバ・イナダ・真鯛・イシダイあたりも狙っていくということもあり、やや仕掛け部分は変わってきます。

これからはじめる人はすべてレンタルからチャレンジすればよいと思うのですが、マイタックルを持参する人はLTアジ用の40号~60号のビシがちゃんとしゃくれるものであれば問題ないです。

米元丸のビシ

金沢八景米元丸のコマセカゴ(ビシ)

東京湾のLTアジ用のコマセ籠(鉄仮面系のあれ)は船宿によっても目の幅がことなりますが、イワシミンチに適した網の目なので、アミコマセをいれると着底前にコマセがほとんど出ていってしまいます。これはほんと注意。

たまに、このアジビシでアミ五目にチャレンジしている人をみるのですが、かなり不利なのでやめたほうがいいです。船長がチェックしてくれると「コマセ籠変えてください」といわれるはず。

スポンサーリンク

アミ五目の刺し餌は2種類

一之瀬丸で配られる刺し餌は2種類。

  • 冷凍オキアミ
  • イカタン(白)

一つ目は解凍オキアミです。

冷凍オキアミブロック

ビニール袋に海水が入ると崩れる。輪ゴムを持参して結んでおくとよい

こちらは乗船時にはブロック状で凍っているので、バケツに海水をためて解凍しておきましょう。

オキアミがはいったビニール袋に海水が入ってしまうとぐちゃぐちゃにヘタってしまうので注意です。

ほかに、これは解凍オキアミの宿命ですが針持ちなどは不凍品のオキアミに劣ります。

警戒心の強い真鯛やイシダイあたりをメインに狙いたいという場合は、事前に釣り具屋で不凍品(500円程度)を買っておくとよいかもしれません。

エビシャキ!をつかったあとのオキアミ

こちら不凍品のオキアミにマルキューの『エビシャキ!』を漬け込んだもの。

艶感がでてしっかりします。

他に、はちみつ+ナンプラーに漬け込むなどの小技もあります。

漬け込み方は、オキアミを解凍してナンプラーに30分ぐらい漬け込んで、はちみつに漬け込むというだけなんですが、まー凝り性の方にはよいかもしれません。

アマダイ釣りでもたまにやる方法です。

次に食紅で染めていないイカタン。

アジ釣りでは食紅で染められた紅ショウガ系のアカタンが利用されますが、こちらは白が用いられる模様。

ポイントによってはイサキなども狙うことができ、その食いが良いのかは不明です。

こちらはアジ釣り同様チョンがけ。

基本一つの針に1つチョンがけしますが、2つでも3つつけてもあまり釣果は変わりません。

潮受けしやすくなるのでオマツリの原因にもなりますが、空いていて気分転換したいときには2つつけてもよいと思います。

視認性は良くなるので、微妙な差はあるのかもしれません。

アミ五目における仕掛けとエサの使い分けはぜひ覚えておきたい

金沢八景釣り 五目船

オキアミを船べりにおくと乾燥するのでやめましょうの図

慣れていない人は迷うと思うのが、アミ五目の仕掛けと餌の選択です。

一之瀬丸のアミ五目では、アジが釣れる場所(いわゆるお土産というやつです)、アジやカサゴが釣れる浅場、イナダやオオサバ、大アジが回遊しているところ、真鯛やイシダイなどが出るポイントなどをその日の海況をもとに順繰りにめぐります。

このとき魚ごとに仕掛けや餌の使い分けをしたほうがよいので覚えておきましょう。タナ以外は船上ではあまり「ここは○○が狙える」等アナウンスはされないので、わからないことは中乗りの方や船長に直接聞くとよいと思います。

<アジを釣りたい場合の仕掛けと餌>

ORETSURI TABICAの船釣り マアジが釣れた

アミ五目での船宿で推奨される仕掛けはハリス2号or3号、3mイサキ五目仕掛け3本チヌ針なのですが、アジであれば通常のLTビシアジ仕掛けハリス2m2号2本針あたりを選んでおくのが無難です。

五目系の釣りは初心者の人も多く、週末の場合は極端に釣り座が近いこともあります。このとき2mの仕掛けを使うとおまつりを避けながら釣ることもできます。

それでもオマツリする場合は、ハリスを1.5mに短くするのもよいと思います。

アジであれば、エサはオキアミとイカタンどちらでも釣れるのですが、手返しを考えると解凍オキアミはとれやすいので、イカタン1択です。

基本、八景・福浦岸壁沖・本牧付近等の浅場でアジを狙っているときはイカタンで手返しよくお土産をゲットしておきましょう。

このとき、3本針のハリスが3号などだとまつったり、アジに仕掛けを見切られたりして数が伸びません。

これほんと。

<イナダ・真鯛・イシダイを釣りたい場合の仕掛けと餌>

アジのポイントからやや沖目のポイント等に移動して、「ここはおっきいのがでるよ。ハリス切れ注意してね」というようなアナウンスがあった場合は、真鯛とか石鯛とかその手の大物が釣れるんだなと受け止めておくとよいと思います。

この場合、前述の2mの仕掛けよりは3本針3mの仕掛けのほうがよいです。

ハリスは2号でもよいのですが、ドラグ設定や喰われ方や巻き上げ方によっては瞬断されるので、ハリスを3号にしておくとよいかなと思います。

3本針をつかっていて、イナダやサバ・大アジあたりを確保したら、3本針のうち一番先の針以外を1本もしくは2本カットしてシンプルな仕掛けにして真鯛やイシダイ狙いにするとよいです。

真鯛の場合餌や仕掛けがシンプルなほうが警戒心を持たれないというのが定説です。

人が少ない場合や釣り座がミヨシやトモ側で潮流が弱いとき等、条件によっては、このときにハリス4~6mぐらいのイナダ・真鯛仕掛けにするのもよいかもしれません。

エサは、イカタンではなくオキアミを丁寧につけましょう。

アマダイ釣りでのオキアミセット

しっかりしたオキアミにまっすぐ刺す

ちなみに解凍したオキアミから黒目が2個あり、身が崩れていないのを移動中に選別しておくとよいです。

もしくは前述の不凍オキアミをここぞと投入しましょう。

ウィリー仕掛けって釣れるの?

ウイリー五目仕掛け

ライト五目系の釣りでは、ウィリー仕掛け(色付きの繊維が針についたものを呼びます)が広く用いられます。

一方、一之瀬丸のアミ五目船では空針にオキアミをつけるのがスタンダードで、あまり使われないようです。

が、このウィリー仕掛けでもアジやサバなどが釣れます。

空針仕掛けと合わせて使ってみてもよいでしょう。

ウィリーの利点は3本針(うち1本空針)の場合、餌を一つだけつければよいという点です。

手返しよく釣ることができますし、初心者の場合、エサ付けで手間取ってしまうこともあるわけですが、その工数を削減することができます。

アミ五目の釣り方

基本的な動作

  1. コマセカゴを着底させる
  2. 1mもしくは30cmずつリールを巻く
  3. 巻き上げた地点で竿を静止させ竿をしゃくって、さらに1mもしくは30cmリールを巻く
  4. 巻き上げた地点で竿を静止してアタリを数秒(5秒から30秒。厳冬期は長く)待つ
  5. 以降2~4の繰り返し。基本はハリスの長さ分巻き上げて待つ

空針3本仕掛けの場合、基本的にアジ釣りと同じです。

<投入>

まずコマセカゴにはアミコマセを7分目程度つめます。

2mのアジ仕掛け等であれば、針から海面に流して次にビシを投入します。

4m~の真鯛・イナダ仕掛けなどはハリスが絡みやすいので、まずビシを投入して、ハリスが絡まないように手で誘導しながら順次投入していきます。

<着底>

基本的にコマセカゴを着底させてタナをハリスの長さ分とるのがアミ五目の釣りです。

コマセカゴが着底すると、PEラインの出が止まるor遅くなるので、余分な糸を巻き取り底立ち状態で5秒ほどストップさせます。

潮の速さによってはこの判断がつきにくくなるので着底がわからなかった場合は、再度5~10mほど巻き上げてコマセカゴを落とすという動作を繰り返すとよいでしょう。

<巻き上げとシャクリ>

次に、仕掛けの長さ分(2~6m程度)巻き上げて釣るわけです。

具体的には、1mもしくは30cmずつリールを巻き上げて、巻き上げたところで釣り竿を静止させて、竿を短くしゃくります。

あまり長い範囲しゃくるよりは、竿を水平に静止させた地点から30cmほど短くしゃくるほうが効果的にな気がします。

ポイントによってはカサゴなどもいるため、そういった根魚も狙いたい場合は底から狙いはじめてもよいですが、アジやサバを釣る場合、底からコマセを巻きながらしゃくりあげると底付近に魚が散ります。この場合、まず1mや30cmずつ巻き上げてからしゃくりはじめるとよいでしょう。

アタリが出ない場合、コマセは一気に振り出すよりは30cm刻みにふりだし様子をみるのもアジ釣りと似ています。

<タイトに探るだけでなくやや幅広く探るのも効果的>

ハリスが3mの仕掛けの場合、オススメは、最初は4mぐらいまであげて、そこから竿先を水平から海面付近までゆっくり1mほど落とすことによってより広い幅を探る釣り方です。

<ウィリー仕掛けの場合は動かし続ける>

ウィリー仕掛けを使う場合は、魚に見切られないように基本的に動かしている必要があるため、シャクリの間は最長5秒ぐらいにしておくとよいです。

<厳冬期は待ち時間をやや伸ばす>

1月2月の厳冬期は魚の動きが鈍くなるので、きびきび動かしすぎず、ゆったりしゃくって待ち時間を延ばすことを意識するとよいでしょう。

タナまでシャクリあげていってもアタリがでない場合、2往復ほどしたら、全体を巻き上げ、コマセを入れ直しましょう。

待てば釣れる釣りでもないので、魚の反応がないときは以下のことを意図して行う必要があります。

  • コマセをこまめに入れ替える
  • 付けエサがオキアミの場合、毎投付け替える
  • 仕掛けのヨレなどがある場合は付け替える
  • 魚のいるタナを広く探る。例「底からハリス分」=ハリス3mの場合、コマセカゴの位置を5m~2m程度まで探る

<アタリの出方>

アミ五目でのアタリの出方も基本的にアジ釣りと変わりません。が、真鯛やイシダイ、イナダ、大アジ(40前後のマアジ)などもいる海域で釣るため、ドラグ調整はしっかりしておきましょう。

アタリは、穂先や手元で感じたものに対して強く合わせるのではなくそのまま食い込んだのを確認して巻き上げて合わせます。

<ランディング方法>

基本的にサバ以外は等速で巻いて、コマセカゴが海面に見えた時点で巻くのをやめます。

次に、竿をたてて、コマセ籠をアミコマセ用の洗面器に置いた後に、ロッドを船べりに対して垂直に置きます。

次にハリスをはったままできるだけハリスの下側を持ち、一気に船内に抜き上げます。

  • サバの場合や横走してオマツリの原因になるので、一気に巻き上げるようにしましょう。
  • 船べりでハリスをたるませるとアジなどはすぐに落ちてしまいます。

<▼詳しい釣り方は以下の記事で>

【初心者にオススメ】東京湾のLTアジ釣りにチャレンジしてみよう!(タックル・釣り方・コツ・船宿紹介)

2018.01.18

東京湾・相模湾のライトタックル五目(ウィリー)にチャレンジしてみよう!タックル・釣り方を詳しく解説

2018.01.17

アミ五目釣行編

まずはアジ・サバ

この日はまず本牧沖付近へ。

複数の釣り船がこの本牧沖の岸壁エリアに集っていました。

ここで釣れるのはアジ。

タナは、底2~3mで、底から1mごとにビシをしゃくり、3mまで来た時点で竿を水平から徐々に誘い下げる動作にアタリが集中。

この日は6人の方に釣りのレクチャーをしていたのですが、全員まずはアジが釣れました。

その後、ややタナが上ずると、

このサイズのサバはフライがベスト。

サバフィーバー。

30cm程度の中サバが回遊していて、これが複数人でオマツリし、てんやわんやで。

反対舷も初心者の方が多かったようで、最盛期は5人ぐらい同時にオマツリしていたような。

岸壁際はカサゴが混じる

次第に埠頭の奥へ。

これが遠くからみたときにキリンにみえるクレーンですね。

このような岸壁。

このエリアも小型のアジが釣れているものの、カサゴがちらほら釣れていたので、わたしもここから釣りスタート。

イワシが釣れたので、針がけし直して、底からビシをすぐにあげて、そこすれすれに漂わせると・・・

・・・

・・・

・・・

ちょっと微妙なあたりながらも何かがのった引きが。

アジとは違う引き。

カサゴです。

たまたま包丁があったので、揺れに気をつけながら、先ほど釣れていた中サバをフィレにして切り身に。

すると、カサゴが入れ食い。

浅場なので浮袋も膨らみにくく、このぐらいまでのサイズはリリースすることに

釣れる。

どんどん釣れる。

こういった岸壁際の根が入っているところをやるようであれば、サバの短冊を冷凍しておいて忍ばしておいてもよいですね。一瞬仕掛けを胴付きに変えたりして。

・・・

ここで場所移動。

真鯛か石鯛の大物を釣りたい・・・が、

ここから魚群が発見できないのかポイントが定まらないようで、40分ほど移動・移動・移動。

最後の野島沖堤防付近の海域で、ハリス2号のウィリー仕掛けを底から1mきざみに6mまでしゃくってきたところで重い引きが。

・・・

グン。グーン。

あ、これ真鯛だな。

と、相手はよくわからないのですが、とりあえずアジサバではなさそうで、下にずんずん引いていきます。

よしよしドラグ調整、

と、思ったら、7巻きぐらいして、ラインブレイク。

思わず中乗りのおじさんと顔を見合わせお互い苦い顔をしてしまったわけです。

ハリス2号だと飲まれたら一発だなー、ドラグを緩めにしておけばとれたのだろうか、などと自問自答しながらと思いながら、仕掛けをウィリー仕掛けの3号ハリスにして次のポイントへ。

最後のポイントでもアタリはあまりでないながらも、底から4mくらいまで速いピッチでしゃくってきたところ、

ズン!

という引き。

あ、

これ、

真鯛かも。

と、思いきや、引きがそれほどという。

とはいえ、「これ真鯛です。たぶん」

と、周囲にアピールしておき、真鯛だったら30cmぐらいかもなーと思って、それでも重さを感じながら船長にタモお願いします視線をおくって、タモ入れしてもらうと・・・

・・・

・・・

あ。なんかオオサバっぽいシルエットだなとおもったら、

デカアジでした。

38cm。

このぐらいだとアジも1尾でかなり引きますね。

このポイントではこのぐらいのアジが他に数本。

午後船だったので16時過ぎでタイムアップ。

はじめて釣りをした年中さんの子供ちゃんも魚を触って楽しそうな釣行でした。

アミ五目釣行のまとめ

この釣りは数度やっていますが、ポイントごとの仕掛け変更や釣り方変更など、しっているかしらないかで釣果の差がかなり出そうな感覚はありました。

アジ釣りの場合は、よっぽど悪い日ではなければ指示ダナをまもれば20尾前後はだれでも釣れると思うのですが、アミ五目の場合は、タナが上ずっている場合などをちゃんと踏まえて釣らないと、差が出るなと。

今回、操舵室の斜め後ろの釣り座でしたが、魚探がやや見えるので、あ、このポイントは水深25mで起伏があって、やや魚群がうわずってるなーなどとわかってよかったです。

コマセをつかった釣りの場合は潮下が有利であるわけですが、初心者は船長にいろいろ聞いたりできる胴の間(船の真ん中)あたりがオススメです。

<お世話になった船宿>

一之瀬丸

予約制で週末は混みあうことも多いです。当日朝に空席があれば乗船も可能ですが、なるべく早く予約していくことをオススメします。

関連アイテム

マイタックルの目安にしてください。

※船宿推奨は3本針の空針ですが、浅場は2本針のアジ仕掛けも持参しておくとよいです。カウンター付きリールを紹介していますが、底をとってから2m~数メートルがタナなので、PEラインをみれば大体のタナはとれるのでカウンター無しの両軸リールでも問題ありません。天秤はノーマルのLT天秤でもよいのですが、形状記憶合金系のアイテムが割高ながらも食い込みなどはよいです。

関連記事

▼ウィリー五目(LT)についての解説記事はこちら

東京湾・相模湾のライトタックル五目(ウィリー)にチャレンジしてみよう!タックル・釣り方を詳しく解説

2018.01.17

▼過去のアミ五目釣行記事

鼻息荒く金沢八景からアミ五目船で釣りにでた|一之瀬丸

2017.09.28
<お知らせ>
🎣ORETSURIに寄稿してみませんか?
🎣ORETSURI読者の集い『釣りトーク』をFacebookでチェック!
🎣らっしゃい!ORETSURI釣具店営業中
☀Amazonプライムで釣具のお急ぎ便無料+映画TV番組見放題+100万曲以上聴き放題-ad

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

平田 剛士

ORETSURI編集長。釣り歴30年ぐらい。いつの間にか釣りメディアをはじめていたもので人生不思議だなーと思っている今日この頃。 口癖は「釣りはいいよねー」