1,133 views

この記事は約6分で読めます。

【至高】焼きハゼ干しのダシで蕎麦をつくってみた

焼きハゼ干し

どうやら地域にもよりますが、晩秋・初冬のハゼを焼き干しにしてダシを雑煮にするという食文化があるようです。

あるようです。といってるぐらいですので、今回の料理をためしてみるまでわたしはまだ味わったことがなかったわけです。

この焼きハゼのダシ、想像しただけでも旨そうだ。

どんな料理にしてやろうか。

あ、そうだ、干し椎茸が駅前のお茶屋さんで安かったからあれと甘辛いツユにして蕎麦にしてみよう。と、はやくも妄想が膨らんできました。

11月もすぎればハゼもサイズが大きくなり、15~20センチほどに成長しています。

今回はそんなマハゼの焼き干しを作り、蕎麦をつくってみましょう。

釣れたマハゼ

逗子の住宅街を流れる田越川で釣ったハゼ。天ぷらにしても食べごたえがあるサイズ。フリースの袖に毛玉ができております。はい。

ハゼの焼き干しを作る

まず、ハゼを用意しましょう。

今回は12尾。逗子の住宅街を流れる田越川で釣ったものです。

住宅街ときくと、すこし引いてしまうひとがいるかもしれませんが、水質はいいのです。隣駅までいけばホタルもいるぐらいですからね。

マハゼは下処理が手間ではありますが、だし目的であればもう少しまとまった釣果があったほうがよいかと思います。

もし、この記事をみて、蕎麦をすすりてーと思った方は、30尾から50尾釣っておくとよいと思います。

焼いてからカラッカラに干したハゼは保存もきくので、下ごしらえの作業は一回にまとめて中長期的に保存食として活用していくとと、あれこれ使えておもしろそうですね。

まずハゼの鱗とエラと内臓を落とし、血合いをきれいに流したあとに日本酒につけておきます。

ガスコンロの魚グリルで弱火で炙る。

強火で油断していると、あっという間に焦げるので注意です。

だんだんこんがりしてくる。適宜裏面も炙っておきましょう。

そんでもって、こちらが炙りおわったもの。

これだけで、七味マヨネーズでも旨いと思います。居酒屋で出てくるコマイみたいだな。

このように、下処理の仕方によっては頭部と胴体が分裂していますので、丁寧に扱いましょう。

これを外の空っ風で2日ほど乾燥。

うむ、からからですな。

その後、冷蔵庫で冷やしながらさらに数日乾燥させておきます。

焼きハゼ干し

すっかりからっからになったようですな。

おほほほん、助さん格さん、もういいでしょう(さぞ旨みも凝縮されていることでしょう)

▶次のページで出汁とり工程をチェック


<お知らせ>

🎣あなたもフィールドレポーターとしてORETSURIに寄稿してみませんか?

🌄<PR>ロッドとリールはAmazonが安い

いいね!と思ったらシェアしよう!

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

ORETSURI編集長。釣り歴30年ぐらい。いつの間にか釣りメディアをはじめていたもので人生不思議だなーと思っている今日この頃。口癖は、「釣りはいいよねー」