3,984 views

この記事は約6分で読めます。

これこそ至高!焼きハゼ干しのダシで蕎麦をつくってみた

焼きハゼ干し

どうやら地域にもよりますが、晩秋・初冬のハゼを焼き干しにしてダシを雑煮にするという食文化があるようです。

あるようです。といってるぐらいですので、今回の料理をためしてみるまでわたしはまだ味わったことがなかったわけです。

この焼きハゼのダシ、想像しただけでも旨そうだ。

どんな料理にしてやろうか。

あ、そうだ、干し椎茸が駅前のお茶屋さんで安かったからあれと甘辛いツユにして蕎麦にしてみよう。と、はやくも妄想が膨らんできました。

11月もすぎればハゼもサイズが大きくなり、15~20センチほどに成長しています。

今回はそんなマハゼの焼き干しを作り、蕎麦をつくってみましょう。

釣れたマハゼ

逗子の住宅街を流れる田越川で釣ったハゼ。天ぷらにしても食べごたえがあるサイズ。フリースの袖に毛玉ができております。はい。

スポンサーリンク

ハゼの焼き干しを作る

まず、ハゼを用意しましょう。

今回は12尾。逗子の住宅街を流れる田越川で釣ったものです。

住宅街ときくと、すこし引いてしまうひとがいるかもしれませんが、水質はいいのです。隣駅までいけばホタルもいるぐらいですからね。

マハゼは下処理が手間ではありますが、だし目的であればもう少しまとまった釣果があったほうがよいかと思います。

もし、この記事をみて、蕎麦をすすりてーと思った方は、30尾から50尾釣っておくとよいと思います。

焼いてからカラッカラに干したハゼは保存もきくので、下ごしらえの作業は一回にまとめて中長期的に保存食として活用していくとと、あれこれ使えておもしろそうですね。

まずハゼの鱗とエラと内臓を落とし、血合いをきれいに流したあとに日本酒につけておきます。

ガスコンロの魚グリルで弱火で炙る。

強火で油断していると、あっという間に焦げるので注意です。

だんだんこんがりしてくる。適宜裏面も炙っておきましょう。

そんでもって、こちらが炙りおわったもの。

これだけで、七味マヨネーズでも旨いと思います。居酒屋で出てくるコマイみたいだな。

このように、下処理の仕方によっては頭部と胴体が分裂していますので、丁寧に扱いましょう。

これを外の空っ風で2日ほど乾燥。

うむ、からからですな。

その後、冷蔵庫で冷やしながらさらに数日乾燥させておきます。

焼きハゼ干し

すっかりからっからになったようですな。

おほほほん、助さん格さん、もういいでしょう(さぞ旨みも凝縮されていることでしょう)

スポンサーリンク

ハゼの焼き干し+干し椎茸+日高産真昆布でダシをとる

と、ここで干し椎茸の登場です。

干し椎茸

仙台風の雑煮では干し椎茸からダシはとらないのですが、今回は、独自に蕎麦つゆにあいそうだなと思い、用意してみました。そうそう、干し椎茸って意外と高いんですよね。これで850円ぐらいで売られているのが450円ぐらいでした。

焼きハゼ出汁をとる

日高産昆布と焼きハゼ干と干し椎茸という出汁トリオ。

鰹節とかふざけんなよ。という声が聞こえてきそうだったので自重しております。

焼きハゼ出汁をとる

これにぬるま湯をそそぎ、一晩寝かせておきましょう。

夏場はたぶん腐るので秋冬だけの技ですね。

そして、次の朝・・・

・・・

・・・

・・・

焼きハゼ出汁をとる

ほほう。水が、いい塩梅にダシ色になっておるわい。

この状態から沸騰させ、沸騰するかな?もうしそうかな?というタイミングで昆布をとっておき、沸騰したらトロ火でぐつぐついわないようにして、10分ほどさらに加熱し以下の調味料で蕎麦つゆに仕立てましょう。

  • 砂糖(ばさ)
  • しょうゆ(どぼどぼどぼ)
  • 本みりん(どぼ)
  • 日本酒(どぼどぼ)

いつもながら分量は適当です。自分の好きなように味を付けましょう。それがあなたの味です。

結果的に甘辛いな、となっていればよいと思います。

蕎麦が入ることを想定して関東風であれば多少味付けがこいやんけ、というぐらいが良いかもしれません。

焼きハゼ干のそばつゆ

味をつけたら、しばらく火にかけて日本酒とみりんのアルコールを飛ばす。

スポンサーリンク

焼きハゼ椎茸そばを仕上げる

蕎麦は、セブンイレブンで買っておきました。180円ぐらいだったかなと。

最近、セブンイレブンのプライベートブランド戦略はかなり進んでいますよね。だいたいのものがコンビニで揃うという便利さ。まさにコンビニですな。

蕎麦を茹でる

たっぷりの湯を沸かしてゆでましょう。

蕎麦を水ですすぐ

ゆであがったら、ザルにうつして流しておきましょう。

温蕎麦の場合も一回ぬめりを洗い流してから熱湯にくぐらせたほうが舌ざわりがよいのです。

盛り付けは、頭の分離してないハゼと椎茸に長ネギ、そして柚子の皮をたたいたものに七味。

柚子は皮をきってから表面を包丁でたたいてやると香りがさらにたちますよ。

焼きハゼ干蕎麦

まずツユから。

おおお。ぬおおおお。

なんと味わい深いツユなんだ。

カツオとは異なる繊細な白身魚の旨みと幾分川魚にありがちな風味(くさいわけではないんです)

これに干し椎茸の香味パンチが合わさり、全体の縁の下の力持ちとして昆布が機能している。

と、わけのわからないことをいってみましたが。

まー。奥深い味です。

この季節柚子の皮もいいですね。

勢いあまってどんぶり2杯食べてしまいましたよ。げふん。

▶まだだ、まだ終わらんよ。

おまけ。ハゼの甘露煮をつくる

出汁がらとなった昆布と椎茸とハゼはもったいないので、雪平鍋に移し調味料で味付けをしましょう。

  • 砂糖(ばさばさ)
  • しょうゆ(どぼどぼどぼ)
  • 本みりん(どぼ)
  • 日本酒(どぼどぼ)

※水あめがあると照りが出てさらにいいです。

焼きハゼ干の甘露煮

頭が分離してしまったものも、みな平等に甘露煮に。

焼きハゼ干の甘露煮

落とし蓋としてキッチンペーパーをかぶせて、ことことことと30分くらい炊いたことでしょうかね。

焼きハゼ干の甘露煮

この通り仕上がりました。

うなぎのタレみたいな香ばしい匂いがします。

頭からかじってみると、骨もやわらかで丸ごと食べられますぞ。

ああ滋味深い。にしん蕎麦のように、温蕎麦に甘露煮にしたハゼを飾ってもいいかもしれませんね。

おまけその②。ハゼつけ蕎麦

翌日。あれだ、蕎麦ゆで過ぎたな。と、思いつつ、そうだ、このハゼだしにウェイパースープをブレンドしたらつけ麺のスープによさそうだ。

<ブレンドした材料>

  • ウェイパーor創味シャンタン(うちの近くのスーパーでは売っていない)
  • ネギ油(具入りのものがおすすめ)
  • 黒コショウ
  • 七味

どーーん。中華麺の代わりに日本そば。

ずるずる。

うわ。うわわ。

超絶うまいぞ、なんだこれは。

例えるなら鴨南蛮のような奥深いコク。

うーむ、もうあれですよ。日清さんはどん兵衛焼きハゼ蕎麦を出すべきだなこれ。

あっさりなれども、芯のあるハゼ出汁に動物スープが加勢することで、破壊的な同盟軍になるというかなんというか、

えーっと、まー、すごいコクということです。

まさに蕎麦業界のイノベーションですなこれは。

ぜひ味わってほしい。

今度は、ダブルスープで淡麗ハゼラーメンでも作ってみようと。

<お知らせ>
🎣ORETSURIに寄稿してみませんか?
🎣ORETSURI読者の集い『釣りトーク』をFacebookでチェック!
🎣らっしゃい!ORETSURI釣具店営業中
☀Amazonプライムで釣具のお急ぎ便無料+映画TV番組見放題+100万曲以上聴き放題-ad

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

平田 剛士

ORETSURI編集長。釣り歴30年ぐらい。いつの間にか釣りメディアをはじめていたもので人生不思議だなーと思っている今日この頃。 口癖は「釣りはいいよねー」