「平田 剛士」の記事

おいビールもってこい!釣ったマゴチをインドネシア・マレーシア風「サテ・マゴチ」にアレンジしてみよう。

どうも平田です。 釣った魚は鮮度がいいんだから、刺身・煮付け・塩焼き・フライなどシンプルに食べればいいのに、矢鱈にこねくり回してアレンジする人が周りにいませんか? あーいるいる。 ひるがえって自分の場合はどうか。 ハイ、…

下処理手袋界の呂布!鋭い棘や歯の釣魚も安全!「エステー モデルローブ ニトリルモデル®ロング」が凄すぎる

釣った魚の下処理。 これはキャッチ&イートで自己完結型の釣り人に課せられた永遠の作業。 下処理をするときに簡単で安全な魚もいれば、手間がかかり、危険な魚もいますね。 ぬめりが矢鱈にすごい魚 ヒレの棘や歯が鋭い 特…

ミドリイガイ

【局地的朗報】釣魚の下処理を圧倒的に高速に!漁業用手袋「黒潮」で怪我・手荒れ・ニオイもクリア!

魚を釣ったらおいしく食べたい。 鮮度を長持ちさせるために早目かつ、高速に下処理するのは大切な工程なんですが、魚によっては手指の怪我が気になったりしますよね。 カサゴ・メバルなどの棘がある魚はなおのこと。ぬめりが強めの魚も…

ソウシハギ

大騒ぎしすぎ?「ソウシハギ」の危険部位は内臓。誤認しやすい魚は「カワハギ」「ウマヅラハギ」「ウスバハギ」

メディア・マスコミは毒魚や寄生虫被害について大袈裟に広めがち。猛毒魚とされる「ソウシハギ」についても一緒です。 今回は、ソウシハギの危険部位と誤認しやすい魚(カワハギ・ウマヅラハギ・ウスバハギ)と見分け方について解説しま…