633 views

この記事は約2分で読めます。

クラカケトラギスとホシササノハベラを炙ってみた

クラカケトラギスとホシササノハベラ
はじめに:ORETSURI初心者の方は聞きなれない表現かもしれませんが、ORETSURIでは釣りにおけるターゲット外の魚、つまり外道に対して愛情をこめて「貴殿」「貴殿たち」と呼んでいます。

先日のカワハギ釣行中、よし!カワハギか!と思った瞬間、あ、ちがった貴殿だ。という具合にかかってきたクラカケトラギス氏とホシササノハベラ氏。

カワハギ釣師からすると、彼らはリリース対象であるのですが、まーカワハギがぜんぜん釣れなかったわたしからすると、貴重な食糧であるわけですよ。そんなわけで、いそいそとキープしてきましたよ。っと。

スポンサーリンク

クラカケトラギスとホシササノハベラ料理

2尾とも名前が長いんですよね。

クラカケトラギス。

ホシササノハベラ。

今回はサイズがあまり大きくなかったのですが、炙りにしてみることにしました。

いつもながらベラ氏の鱗の大きさに感嘆しつつ、丁寧に下処理して、三枚におろす。

そんでもって炙る。

薬味を添えつつポン酢で食べてみる。

・・・

こりこり。

初日ということもありけっこう歯ごたえがあるなーという印象です。

旨みは二日目のほうが当然あるのでしょう。

といいつも、両者ともに皮目に旨味がありますな。

炙りもいいけど、鍋のついでにしゃぶしゃぶにするとよさそうな気が。

トラギスは天ぷらが旨いですが、油を用意して揚げるという工程がしんどいなとおもったときはこのようにバーナーで炙ってみるとちょっとした料理になるなー。

貴殿料理は揚げるか炙ると旨い。

この法則はありそうな気がしています。

バーナーを持っていない人は、家庭用ガスに簡単に装着できるものをもっておくといろいろと料理に幅ができますよ。新富士のパワートーチ RZ-730Sがおすすめです。

スポンサーリンク

関連記事

カワハギ釣り初心者による敗北報告

2017.11.26

肝醤油をかんたんアレンジ!カワハギ料理に挑戦してみた

2017.11.26
スポンサーリンク

関連アイテム

<お知らせ>
🎣あなたもORETSURIに寄稿してみませんか?
☕ORETSURI読者の集い『釣りトーク』をFacebookでチェック!
🐟らっしゃい!ORETSURI釣具店営業中!
☀Amazonプライムで、無料お急ぎ便+映画・TV番組が見放題、100万曲以上が聴き放題-PR

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

ORETSURI編集長。釣り歴30年ぐらい。いつの間にか釣りメディアをはじめていたもので人生不思議だなーと思っている今日この頃。 口癖は「釣りはいいよねー」