5,385 views

この記事は約7分で読めます。

シーバス釣り初心者が湾奥某所で良型シーバスを狙う

シーバス大型を釣った

どーも平田です。釣りにいける時間ができたとき、いつも何の釣りをしようかと迷ってしまうことはありませんかね?

ハゼか、ウナギか、ナマズか、ブラックバスか、シーバスか、メバルか、堤防釣りか、ショアジギングか。季節にもよりますが、秋は釣り物が多いですね。神奈川の多摩川界隈に引っ越してから贅沢な環境なのかも。

そんなこんなで、この日は、

大潮。

フォントを大きくしてみました。それくらい海釣りをする釣り人にとって大潮はテンションが上がる日です。

もー、極度の釣りキチは会議中でも、商談中でも、大潮のことをしか考えていないはずです。

多摩川の大師橋でランカーシーバスを狙う

この日は、夕まずめから潮がサゲになるあたりにあわせ、多摩川の大師橋でランカーシーバスを狙い、ウェーディングしようと思ったのですが、なんとなくひらめき、ORETSURI 仲間のほしけんさんに聞いた某シークレットスポットへ行ってみました。ほんとは、ウェーダーが漏水するので、寒くて多摩川に入りたくなかっただけです。あれは気合いるからなー。

で、到着。

ぶっ込み釣り系のおじさん方が2人いるので、まずは釣り人のマナーとしてあいさつ&ヒアリングから。

「いやーどうもこんばんは!釣れますかー?」

「いやーまだだねー」

「やっぱりスズキですかね?」

「いんや、うなぎ。」

「おーうなぎですか。いつも釣れるんですか?」

「うーんと、きょうは釣れてないんだけど、こないだは、60センチくらいの釣れたよ。」

(となりのドワーフ系の若い方が、親指と人指し指を丸めてバナナくらいの輪っかをつくって教えてくれました)

「デカ!わたしはいつも鰻釣りは多摩川の六郷あたりなんですけどね、あそこは小さいのしか釣れないんですよね。」

「このへんのはデッカいよー。70くらいまで釣れるよ」

「え、70!食べるんですか?」

「にひひひひ、いやね、家で飼ってんの」

「へー。うなぎよく見るとかわいいですもんね。たのしそうですねー」

歯が抜けている人柄のいいおじさんとドワーフ系の方でした。

その後、ルアー釣りの方に遭遇。ここでもヒアリング。

「どうもこんばんはー!釣れますかー?」

「いやーだめですね。あ、でも50センチくらいのクロダイが釣れました!」

「えー!すごい!クロダイかー。50はデカいですね!」

「そうなんです。ここ根がかりやすいですねー。ミノーひっかけちゃいましたよ」

ふむふむ( ..)φメモメモ(浅くて根がある)

さきほどのウナギ釣りツインのおじさん方のお話によると、今日はシーバスのボイルがなくて落ち着いているとのこと、先日来たときは、ばっちゃんばっちゃんいってたよと。

たしかにボイルないなー。

<お知らせ>
🎣あなたもORETSURIに寄稿してみませんか?
☕ORETSURI読者の集い『釣りトーク』をFacebookでチェック!
🐟らっしゃい!ORETSURI釣具店営業中!
☀Amazonプライムで、無料お急ぎ便+映画・TV番組が見放題、100万曲以上が聴き放題-PR

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!

シェアでみんなに伝えよう!

 

ABOUTこの記事をかいた人

ORETSURI編集長。釣り歴30年ぐらい。いつの間にか釣りメディアをはじめていたもので人生不思議だなーと思っている今日この頃。 口癖は「釣りはいいよねー」