4,644 views

この記事は約11分で読めます。

釣り場で遭遇す害虫と対策まとめ

ヒトスジシマカ

先日、堤防に夜釣りにいったところ、ヌカカと思われる虫に露出しているサンダル履きの足元を10箇所ほど刺されて、一夜明けて起きたらすさまじいかゆみが発動した次第です。

もう、なんというかファック&ジェノサイドなのですが、これを機に本記事では、釣り場に出現する害虫と被害の内容と対策をピックアップし、釣り人のみなさんができるかぎり被害にあわないようお役に立てればと思います。

読んで参考になったらシェアいただけると他の人にも役立つかもしれません。

痒い虫

主に吸血や毒毛によって皮膚が炎症し腫れさせる種類です。主に昆虫の食餌機能と防御機能によって痒さは起こっています。

蚊の仲間

蚊には主に昼行性のものと夜行性のものにわかれます。

ヒトスジシマカ

出典:国立感染症研究所

自宅の庭をはじめ、雑木林、野池などを昼間藪漕ぎしているとやられるのは、大体ヒトスジシマカです。この蚊にはテリトリーがありそれほど持ち場である藪から移動しません。

そのため、藪に近寄らなければ刺されることはあまりありません。と、思いきや庭がある家は大体生息しているので注意です。

わたしの蚊による被害原体験はこのヒトスジシマカです。

幼少のころ、東京の野方に住んでいるときに庭にこやつがたくさんいまして、今は亡き祖父正臣の指示により、雨水がたまりそうなところを排除し、目の前の速攻には灯油を流し込みジェノサイドに勤しみました。

このヒトスジシマカの被害が日本でもっとも多そうな気がします。

対策:長袖長ズボン等で皮膚を隠す・藪に近寄らない(野池で釣りをする人には無理かも)・ボウフラが繁殖しないようにする・防虫剤・かゆみ止め

イエカ(アカイエカ・チカイエカ・コガタアカイエカ等)

出典:国立感染症研究所

夜間にかなり長距離で工作員のように移動して急襲してくる厄介な蚊がイエカ類です。

この蚊は近くに藪がなくても人間の呼気や体温等に反応してよってくるところが厄介です。たとえば、漁港の堤防上など、まわりになにもないからといって夜釣りをしているいつのまにやら比較的大きめの赤褐色の蚊がやってきたり。

個人的な体験をお話します。

以前、埼玉の荒川の近くにある指扇というところに住んでいるときのこと、深夜、蚊がいないことを確認して、部屋を締めきって冷房ワッショイしているのになぜか、夜な夜なアカイエカが密室の部屋に登場して身体を刺されるということがありました。

発狂しそうになりながら部屋の隅から隅まで調べてみると、部屋に設置された24時間換気装置(2階に設置)のフィルターのずれた部分をすりぬけ、アカイエカの斥候隊が入ってきたことがわかりました。

というのも、換気装置を分解してエアフィルターをみたら、侵入できないで死んでいったアカイエカ兵のミイラが100匹ほどいて・・・

思い出しても悪夢です。。。

痒かったなー。その後はエアフィルターを固定してテープでシーリングしてことなきを得ました。

まわりに藪もなかったので、この蚊はかなり長距離移動して攻めてくるようです。

みなさんも新築で隙間もないのに蚊がやけに現れるときは、24時間換気を疑いましょう。

対策:長袖長ズボン等で皮膚を隠す・オープンエリアでも油断しない・エアフィルターをチェックする・防虫剤・かゆみ止め

<お知らせ>
🎣あなたもORETSURIに寄稿してみませんか?
☕ORETSURI読者の集い『釣りトーク』をFacebookでチェック!
📶LINEデータ消費ゼロで月額500円~LINEモバイル-PR
☀Amazonプライムで、無料お急ぎ便+映画・TV番組が見放題、100万曲以上が聴き放題-PR

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!

シェアでみんなに伝えよう!

 

ABOUTこの記事をかいた人

ORETSURI編集長。釣り歴30年ぐらい。いつの間にか釣りメディアをはじめていたもので人生不思議だなーと思っている今日この頃。口癖は、「釣りはいいよねー」