1,297 views

この記事は約3分で読めます。

真冬に釣れた石鯛の旨さ

石鯛の肝と胃袋

秋冬に釣れる石鯛の旨さといったら、脂がのってもう最高なわけですよ。

石鯛自体は年中釣れますが、この魚は寒い時期に釣ったほうが抜群にうまい気がします。塩焼きにすると脂がジュクジュクとしてもうたまりません。

そんなわけで前回相模湾に釣りにいったわけですが、なんとか1尾という次第。

平塚LT五目で釣ったマルアジと石鯛

今回は、これらを調理していきます。

マルアジは干物に

マアジと比較してマルアジは血合いが多く、うまみという点でマアジに劣るといわれているので、釣っていてもあまり気分がのらない魚の一つなんですよね。泳がせ釣りのエサとしてはサイズ感としてもちょうどいいものの、なんともまあ。

マルアジは1尾のみ刺身にして、残りは干物にすることに。

写真がないのですが、刺身も血合いの入りがきれいな身でマアジには劣るもののうまいはうまいです。

続いて、干物。

作り方は、背開きにして塩水(海水程度+酒+みりん少々)に30分漬け込み、水で洗い流して干すだけ。

このマルアジたちは、たくさんのウオノエと同居していたようです。。。

ウオノエの寄生率って海域によってほんとことなりますね。今回は高確率に感じられましたYO!

▶そろそろ本題に入りましょう。


<お知らせ>
🎣あなたもORETSURIに寄稿してみませんか?
🌄PR - 随時更新、Amazonで使えるクーポン一覧はこちら
🌄PR - 釣具がすぐ届くAmazonプライム
🌄PR - ロッドとリールはAmazonが安い

シェアでみんなに伝えよう!

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

ORETSURI編集長。釣り歴30年ぐらい。いつの間にか釣りメディアをはじめていたもので人生不思議だなーと思っている今日この頃。口癖は、「釣りはいいよねー」