1,310 views

この記事は約7分で読めます。

テトロドトキシンと唾液腺毒を回避して日清カゴボラヌードルを食べてみた

カゴボラ

貝類は夜行性である。

日中はテトラや磯のスキマに引きこもっていた陰キャな彼らも日が暮れてしばらくたつと、やる気がでてくるのだろうか、予想外のスピードで暗くて湿った磯を這いまわる。

ヒザラガイ、マツバガイ、よくわからない貝。

それをみつけて顔を近づけると、潮のにおいがむっと立ちのぼる。

イソガニが這いまわる磯から水深30㎝程度の澄んだ冬の浅瀬でダイダラボッチのように覗き込んでみる。

すると大型のイシガニがモクズガニと鉢合わせ、にわかに一騎打ちがはじまったようで、イシガニ氏は三国志でいえば馬超あたりだろうか、武力98程度で赤紫色の両手の爪を逆ハの字に怒らせている。

それに対して、モクズガニ氏は楽進あたりであろうか。武力は80程度であり、コーエー三国志の一騎打ちであればこの武力差は一撃で死亡、もしくは数合で負傷といったところだ。

が、一応、楽進氏も一軍を率いる将であり一人の漢でもあるので、「馬超恐るるに足らず!」とかなんとかいって、モクズがついたボンボンのような両の爪を頭上に掲げて一応のこと領土権を主張して対抗しおうとする。

オッズは、楽進氏の勝利で250倍

全磯闘技場が沸いているが、

どうも相手が馬超では分が悪すぎる。

お、両者が闘いはじめたぞ・・・

カキンカキンカキン!

・・・

「くっ。今日のところはこれまでだ。また会おう」

とか、モクズガニ氏は、「実際腹が痛かったから」とかなんとか同僚に言い訳がたつかのようにしつつ逃げ腐る。

それに対して、馬超ことイシガニ大使は岩場の間にて圧倒的な存在感で、

「ふはははは。錦馬超とは私のことだ!どいつもこいつも骨のないやつばかりだな!」

とかいっているところを、先ほどのダイダラボッチの眼鏡が、キラリ、と光り、

ぬわり。

と、音がしたかと思うと、右手にもったたも網を一閃し、

瞬時に馬超ことイシガニ氏を背後から捕獲。

返す網で、岩影に潜んで一息いれている楽進ことモクズガニを捕獲。

いわゆる漁夫の利というやつである。

俺氏凄い。

・・・

さて、なんの話だったか。

あ、今回はカゴボラの話だった。

▶カゴボラという巻貝について


<お知らせ>

🎣あなたもフィールドレポーターとしてORETSURIに寄稿してみませんか?

🌄<PR>ロッドとリールはAmazonが安い

いいね!と思ったらシェアしよう!

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

ORETSURI編集長。釣り歴30年ぐらい。いつの間にか釣りメディアをはじめていたもので人生不思議だなーと思っている今日この頃。口癖は、「釣りはいいよねー」