1,554 views

この記事は約11分で読めます。

やっつけでカワハギ釣りに挑戦した結果、見事に敗北しましたのでご報告です。

釣れたカワハギ

釣りほど多彩な楽しみ方がある趣味があるだろうか。いやない(反語)

釣り師は、なにかと大物釣りに目がいきがち

釣りをするときにどちらかというと大物釣りに興味がいきがちなのはわたしだけでしょうか。

あれこれ工夫して、大きな魚が釣れると興奮する。

鼻息があらくなって、ときに鳥肌がたって、思わず雄たけびをあげたくなる(あげてしまう)

これまでわたしは海の船釣りであれば、シロギスやカワハギ釣りはさけてきました。岸から釣れる魚は、釣り船の高いお金を払わなくてもいいんじゃないかと思っていました。

だって堤防からジェット天秤を投げたり胴付きで釣れるじゃんと。季節によってはボート釣りでも釣れるしなー。そう思ったり。

一方、カワハギ釣りについては熱狂的なファンが多数いて、大会も開かれているわけで、その魅力はどこにあるんだろうと、釣らず嫌いの一つ、船のカワハギ釣りに挑戦するために金沢八景弁天屋さんにいってきました。

弁天屋さんは平日であれば予約なし、先着順で船に乗れるので、思い立ったが吉日という気まぐれ釣り師にはとてもありがたい船宿なのです。わたしの住んでいる逗子からだと新逗子経由でドアツードアで20分で到着するというのも魅力的でして。

スポンサーリンク

金沢八景弁天屋さんが好き

船宿って、ほんとカラーがあるんですよね。

わたしのような船釣り初心者は、ほんわかしたところが好きです。

金沢八景にある弁天屋さんはまず、受付の貫禄あるおねえさん方がキュートです。

分け隔てなくいろんな人に話をふってきたりするのですが、先日は、おねえさんがこんな話をしていました。

「あたしもサ、ほんとはアマダイとか釣りにいきたいんだけどサ、船宿に嫁にくるとサ、ぜんぜんいけないんだからねー!やんなっちゃうよね。朝から晩まで忙しくてサー。だから本当に釣り好きな人はどっか金持ちと一緒になって、その人に釣りに連れていったほうがぜったいいよネ。ね?」

あはは。よくわかんねーけど。こういう会話が早朝の受付時に行われている船宿は好きです。

こういった船宿は常連の方々もだいたい優しくて、朝、

「おはようございまーす!1日、よろしくお願いしまーす」と、挨拶をしても、

ちゃんと笑顔で「よろしくおねがいしまーす」と帰ってきたり。

はじめての釣り物でよくわからないときに、いろいろ聞いてみると、いろいろ教えてくれたり。お互いにタナを教えてあったり。

船宿って、釣らせることが商売ながらも、そのまえに釣りを通して、心から楽しんでもらえるような空間をつくるのが大切な気がします。

平日が仕事の方は、やっとの週末の休みで1万前後の船代をはらって、遊ぶ。

ときに、釣果優先でソフト面を軽視していたり、施設やサイトなどのハード面を強化しつつも人間力などのソフト面がまーったく追いついていないマーケティング偏重な船宿もありますね。

人の好みはいろいろなので、何を重視するかですが、わたしは適度に釣れるという実績がありながらも、朝一で、ガラガラーっと船宿の引き戸をあけたときに、常連・一見構わずに気持ちのよい笑顔と挨拶が交わせる船宿が好きです。

この日は平日だったのですがカワハギ船はほぼ満席。その他に、アジ、アマダイ、キス船などがありましたが、季節柄カワハギが一番人気だったようです。

弁天屋さんでは、乗船後座布団と手拭きが配られます。ちょっとした心遣いですが、こういうところも好きです。

仕掛けも受付のおねえさんから買いました。

カワハギって、なんだか派手なのが好きなのかねー。あ、針はカワハギっていろいろありすぎるでしょ。だからうちはい一種類だけおいてるの。替え針かそうじゃないのだけね。錘は今は30号。」

とのこと。

ふむふむ、錘が25号しかなかったので、30号を買い増しておこう。

たしかにカワハギ仕掛けは数が多すぎるから、キリがないといえばそうですね。

ということで、こだわりがある方は事前に量販店で好みのものをかっておくとよいでしょうね。ダイワやシマノ製品のカワハギ仕掛け+オモリは扱っていないようでした。

去年の秋に買ったままのこっていたダイワの仕掛けをチョイス。釣り針は、かけていくハゲ針より、のませの丸セイゴのほうが好きなので、替え針で変更することに。

この替え針式というのがカワハギ釣りの特徴でもあり、釣りをしていると、3本針中、1本が噛み切られたり、針先が曲がったりしたときに、替え針であれば、その部分だけ好きな針に変えられるというメリットがあります。

また、針の大きさや形状などもその日の状況にあわせてみなさん、頻繁に変えているようですね。

ケミホタル50赤+ヤマシタの集奇ビーズ。

この日の水深はMAXで30メートルだったので、ケミホタルはなくてもよかったかなと。

どれほどまで効果があるかわかりませんが、この水深ではケミホタルは精神的保険である気がしています。

エサは、冷凍アサリが配られます。弁天屋さんの場合は、餌付き。

玄人は、自分でアサリの殻をむくというカワハギ釣りの世界。

身のハリや集魚力からいっても殻剥きが抜群に釣れるそうですが、朝早くからその作業をやるというぐらいカワハギ釣りはファンを魅了しているようですね。

▶次のページで釣りスタート


<お知らせ>

🎣あなたもフィールドレポーターとしてORETSURIに寄稿してみませんか?

🌄<PR>ロッドとリールはAmazonが安い

いいね!と思ったらシェアしよう!

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

ORETSURI編集長。釣り歴30年ぐらい。いつの間にか釣りメディアをはじめていたもので人生不思議だなーと思っている今日この頃。口癖は、「釣りはいいよねー」