19,114 views

この記事は約6分で読めます。

釣り初心者が茨城県大竹海岸でヒラメ釣りデビュー【魚苦手アングラーがゆく】

大竹海岸で釣り

ORETSURIをご覧のみなさん、初めまして!

埼玉在住の森田と申します。この度、縁あってORETSURIに寄稿させていただくことになりました。

釣歴5ヶ月の超絶初心者ですが、皆さんにお話出来るような釣行が出来たら寄稿していこうと思いますので、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

自己紹介

森田さん

軽く自己紹介をします。30歳のサラリーマンです。タイトルに【魚苦手アングラーがゆく】というちょっとヒンシュクをかいそうな釣り人ならぬ文言が入ってますが、何を隠そう魚が苦手です(笑)

といっても、触るのも無理!

というレベルでは無く、魚の生臭さが苦手なのと、食わず嫌いなのかもしれないですが、食べられる魚の種類が少ないのです。。。

お寿司を食べにいっても食べるのは、そうですねー、マグロ・サーモン・あとエンガワとか…。無難系ですね。

そんな私も30歳になり、最近コテコテのお肉にも手が伸びず、何となく魚が食べたいなーっと気持が傾き始め、そのタイミングでYouTubeで釣り動画をみたり、個人の釣行BLOGをみたり、このORETSURIをみたり。

それらを見てると大体終盤辺りになるとみなさん揃って似た台詞をいうんですよ。

YouTuber:『ヤバ!うまかー!』

個人BLOG:『うまい!!ビールが進みますね!』

ORETSURI編集長:『なんとクセのない○○ですこと。実に美味。おほほほほほ。』

こうもみなさんが口を揃えて魚を美味いというなら、自分も釣って食べてみようかな?という気持になった訳です。

私の釣行なのですが、1つルールを設けています。

それは、《ターゲットとして狙っている魚は魚屋等で買って食べない》

釣りをはじめた理由が「自分で釣った魚を食べて苦手克服」なので、まぁズルはしないと言うことですね!

さて、自己紹介が長くなりました。

今回は、私が最近はまっている砂浜からのヒラメ釣りデビュー戦のお話をしたいと思います。

いわゆるサーフのルアーフィッシングです!

スポンサーリンク

えー、初陣は茨城県鉾田市の大竹海岸

ときはさかのぼること、2017年10月最後の日曜日の深夜1時。

浜辺で釣りする際に必要な装備を整え、茨城県鉾田市の大竹海岸に向かいます。

いつだって海無し県民の朝は早いのです…辛い。でも、たのしみ。

この日は大竹海岸近くの駐車場に2時半頃到着するも、自分が最後の1台で、思った以上に釣り人がいました。

ちょw早すぎだろ!と、思うのですが、やっぱりみんなできるかぎりいいポイントで投げたいですもんね。気持ちは一緒なわけです。

堤防釣りだと深夜でもちょこちょこ釣りをしている人がいるので、人の気配があったりするのですが、明かりが無い浜辺だと朝日がでる手前まで基本車内待機のようで、なんとも無音な空間です。

こういう時間って釣り独特の間な気がします。

そして、車内でヒラメ釣り動画をみながら士気を高めて日の出を待つわけです。。

スポンサーリンク

時刻は進んでAM5時前

太陽が昇りはじめて景色の輪郭がぼーんやり確認出来る様になった頃。

ゾロゾローと車内から釣り人各位が出てきてそれぞれ出撃準備に入ります。

私も何食わぬ顔で手馴れた風(笑)を装いながら準備します。

ええ。ほんとはポイントの状況やら釣れるのかどうかが気になりドキドキです。

Newウェーダー/Newフローティングベスト/Newロッド。うむ、紛れも無き初心者(笑)

▶いざ!サーフという名の戦場へ

いざ!サーフという名の戦場へ

準備を済ませ、いざ!浜辺へ!

って、・・・人多っ!!

何処にそんないたんだい?というぐらい、右も左も波打ち際に並ぶ釣り人。約10m無いぐらいの間隔で見渡す限り人が並んで釣り竿を振ってます。

同じ釣りなのに堤防の釣りとは一味違う景色に面食らいながら、急いで空いてる隙間に入り自分も釣竿を振・・・ろうと思ったら、うわ、左隣のお兄さんの竿がめちゃめちゃしなってるしなってる!

おおお。つ、釣れたのか!?ヒラメか!?

釣竿を上げながら徐々に後退しつつリールを巻き、見てた俺とお兄さんの目が合って一言。

『一投目ですよ~!(笑』

このお兄さん上機嫌である。いいですねー。幸先がいい。いるんだなー。

そのままお兄さんが釣り上げ魚は、なんと75cmの座布団サイズのヒラメ!

デカすぎだろ!うらやましい。

今まで堤防からのキス釣りをやってた立場からすると、衝撃のサイズ感です!

近くで見せてもらっての感想…

エラが…大きすぎて…グロい…(笑)

ほら、魚が苦手な人間の感想ですからね…?(笑)

その後、お兄さんはフィッシュグリップでヒラメを掴んで一言残しながら駐車場に消えていきました。

『一投目ですよ~!(笑』

お、おう…二度目やな。。

気をとり直して自分も海に向かってキャスティング!

そしたら釣れた…! 右隣の人がね!

遠めに見ても50cmはありそうなヒラメだぞ!

うわー、その奥の方でも釣り竿を天に掲げながら後退してる人がいる!

オレンジ色の朝日と天に伸びる竿・・・

釣れてない自分から見たらまるで勝利のポーズの様にも見えます!うーん、目に沁みる。うらやましい。

自分も釣りたい。釣りたいぞ。

一方、自分の竿にはリリースサイズの舌平目やコチやカニ等がそこそこ釣れるが、お持ち帰りできるサイズは来ず。

だ、だめなのか。

私のヒラメは何処に…?

10時を過ぎたころにはあんなにいた釣り人も半分以下に。

こ、これはもしや、居残り組みというヤツでは…?

などとちょっと悲しいことを考えつつ、釣り竿を振り続けるも、時間が過ぎるにつれてアタリも減り、周りを見渡せば・・・たまーに遠くで竿を立てて後退している人がいる。

お、勝利のポーズしてる人が…いや何か時間的に補習テストで問題解き終わって手を上げて教室から退出していく人のようにも見える。

自分の心境も『おいマジかよ、あいつ終わった(釣れた)のかよ…』などと、若干心がスレ始めているという事態(笑)

いや、僕は居残り補習とかしたことありませんからね…?

その後、結局釣れずサーフのヒラメ釣りデビュー戦は黒星スタートになりました。

果たしてこの先ヒラメを持ち帰れる日が来るのか・・・

自分で釣ったヒラメは美味しいのか・・・

今後に期待です。

森田
Twitter:https://twitter.com/sakuraba_sea(Twitterで日頃の釣りについてなどtweetしてます)

<釣り場>
茨城県大竹海岸

<当日のタックル>
ロッド:シマノ ネッサBB  S1002mh
リール:シマノ サハラ 4000XG
ライン:PE1.5号
リーダー:フロロ6号
ルアー:シマノ スピンビーム

ORETSURIフィールドレポーターについて

ORETSURIではあなたの釣行記事に寄稿をお待ちしています。

  • 自分が見て感じたことを誰かに伝えたい
  • 書くことで自分の釣りを整理したい
  • ご自身の活動をPRしたい
  • 釣り仲間を募集している

などなどお気軽に応募ください。

日本全国のフィールドレポータ―をチェックしてみよう!
ORETSURI フィールドレポーターの寄稿記事一覧はこちら!
フィールドレポーターへの応募はこちら!

関連記事

釣り初心者がサーフのヒラメを釣りたくて用意した3アイテムと釣行して気づいたこと【魚苦手アングラーがゆく】

2018.01.16

国府津でショアジギングをしてみたら良型ヒラメが釣れた【釣り初心者早川日記】

2017.05.03
<お知らせ>
🎣あなたもORETSURIに寄稿してみませんか?
☕ORETSURI読者の集い『釣りトーク』をFacebookでチェック!
🐟らっしゃい!ORETSURI釣具店営業中!
☀Amazonプライムで、無料お急ぎ便+映画・TV番組が見放題、100万曲以上が聴き放題-PR

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!