2,615 views

この記事は約10分で読めます。

カワハギとマコガレイのダブル狙いのボート釣りへ・・・|三浦半島金田湾

金田湾のボート釣り

いやはや、世の中には釣りの旬というものがありますね。

季節ごとの釣り物があって、そこには『はしり』と『盛り』と『名残』というものがある。

人間色々。釣り人も色々。

せっかちな釣り師もいれば、腰に深海用の錘がついているような慎重派の釣り師もいて、いつターゲットの釣りに出かけるかは釣りをする各人の性格によりますな。

ひるがえってわたしの場合、だいたい『はしり』で釣行にいくことはない気がします。

ウェブ界隈で「○○爆釣」「○○釣れてるよー」というようなのを散々みて、居ても立っても居られないまま日々をやりすごし、段々と釣り物のピークをすぎた頃合いに、あ、明日暇だから釣り行くかな。というようなスタンスをとっています。

ということで、この日は、三浦半島が誇るボート釣りの聖地金田湾へ。聖地とかいってもわたしがよんでいるだけなんですけどね。

そうそう、ORETSURIにフィールドレポーターとして寄稿していただいている竿兄弟の弟氏との釣行です。

京急三浦海岸駅に早朝6時あたりに到着。みかん狩のシーズンである模様。

金田湾到着

最近、いや、最近じゃないのだけども、早起きすると深刻な胃もたれから始まるという釣行。

酔い止めのアネロンは飲んできたものの、電車とバスの時点で最早しこたま酔っているという状況。

三浦海岸駅に降り立った時点で胃酸過多といいますか、胃液が猛威をふるっていたものの、バスの接続上コンビニで神薬ソルマックを買うことができず。

そうこうして、始発の剣先行きのバスの乗客はわたし一人で、あまりの気持ち悪さに脳内で謎の小熊が3匹くるくる回転しながら、謎歌をうたうというよくわからない状況。

かねだかねだかねだーかねだー湾だよー♪

かねだかねだかねだーカワハギ釣りだよー♪

降車のときに、京急バスの運転手さんに「ありがとうございました」と挨拶したところスルーされたものの、いろんな人がいるよね、とバスを降りてみればこの海ですよ。

はてさて、今年も何度この海にやってきたことか。性懲りもなくまたきちゃったよー。季節も変わって日の出に到着するようになってきましたなー。

この日は平日でボートは全体で5艘ぐらいだったかな。

車で先に到着していた竿兄弟弟氏と初対面して、釣りの浜浦の女将さんに挨拶をしつつ岸払い。

▶波風強い沖へ


<お知らせ>
🎣あなたもORETSURIに寄稿してみませんか?
🌄PR - 随時更新、Amazonで使えるクーポン一覧はこちら
🌄PR - 釣具がすぐ届くAmazonプライム
🌄PR - ロッドとリールはAmazonが安い

シェアでみんなに伝えよう!

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

ORETSURI編集長。釣り歴30年ぐらい。いつの間にか釣りメディアをはじめていたもので人生不思議だなーと思っている今日この頃。口癖は、「釣りはいいよねー」