1,440 views

この記事は約14分で読めます。

カワハギ釣り初心者がカワハギ専用竿を買うまでの思考の流れがこちらです

角で釣れたカワハギ
この記事では、カワハギ竿をめぐるシマノとダイワを取り巻く様々な狂気を書いています。筆者は釣りは物狂いの趣味だとおもっているので、狂気自体を楽しく感じています。道具選びについては、あれこれ要素をしらべて吟味したあとは個人の好みだと思います。

みなさんは、小田原在住、大の釣り好きで知られる夢枕獏氏の著作『大江戸釣客伝』を読んだことがあるでしょうか。

徳川綱吉による天下の悪法『生類憐みの令』が次第に病的に細分化していくなかで、主人公である津軽采女(つがるうねめ)や同時代に躍動した江戸っ子たちの釣り道楽と狂気を史実に基づき描いた快作です。

津軽采女については、Wikipediaから少し引用しておきます。

享保8年(1723年)、日本最古の釣り指南書とされる『何羨録』を執筆した[3]。この当時、武士の間では釣りが愛好されており、政兕も嗜んでいた。徳川綱吉により生類憐れみの令が施行されると、「釣魚は武士の修練のうち」とされ黙認されていたが、その後の数度の法改正により釣りは規制対象となり、違反者の処罰や釣り道具の販売も禁止された。このような釣りを取り巻く環境は、綱吉が死去し、宝永6年(1709年)に新井白石によって生類憐れみの令が廃止により解禁されるまで続いた。 本書の冒頭には「釣りは江戸の娯楽」「釣り船に乗れば社会的名誉は重要ではない」との趣旨の一文が添えられている。

作中、登場人物たちはすこしでも釣果を上げよう、釣りを楽しもうと和竿やら釣り鈎の形状やらにこだわるシーンがなんどか登場します。

朝湖は、あらためて竿を握り、軽く振ってみせた。

「野布袋と言やあ、昔っから重いもんと相場が決まっているが、こいつあみごとに軽い。うまく枯らしてある。しばらく、水ん中にあったってえのに、水をいくらも吸ってねえってことだ」

 

「誰が一番釣るか、その勝負をしているということか —」

「左様でござりますが、少し違うところもござります」

「というと?」

「釣技もさることながら、今度、くらべているのは、鉤でござります」

出典:大江戸釣客伝

万国共通に趣味としての釣りが存在しているなかで、日本人の独創性というのを感じることがあります。

ターゲットごとの竿や釣り鉤の種類など、日本より発展している国はないでしょう。

現代の釣りがもっとも発展したのは江戸時代という太平の世が続き、役目もなく暇な武士がたくさんいたからかもしれません。

時代は経て現代の釣り師にも狂気は引き継がれ

先日カワハギ釣りに惨敗した話をしました。

これが、もう悔しくて悔しくてですね。竿頭の方が30数枚で、スソの自分は2枚(2バラシ)。下手かよと。

敗因は何も考えずに思い立って次の日に釣りにいったことで、まー完全に準備不足でした。

<敗軍の将が語る、船カワハギ釣りのノウハウまとめ>

LT五目竿などの転用は不可。9:1等の先調子のカワハギ専用竿を用意しよう。ない場合はレンタルロッドを借りたほうがよい。カワハギ初心者の場合、釣り針はハゲ針より吸い込み系の針がよい。

記事内で解説した通りに、いろいろ敗因がありながらもまずは竿の時点で負けていたかなと。

ということで、連日、カワハギ竿についてネットサーフィンをしたり釣具店で手に取って研究しておりました。

こんな風にTwitterで聞いてみたり。Twitter民のみなさんはこういうアンケートもすぐに答えてくれてやさしい。ありがとう。

▶カワハギ釣り戦争におけるダイワとシマノ


<お知らせ>

🎣あなたもフィールドレポーターとしてORETSURIに寄稿してみませんか?

🌄<PR>ロッドとリールはAmazonが安い

いいね!と思ったらシェアしよう!

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

ORETSURI編集長。釣り歴30年ぐらい。いつの間にか釣りメディアをはじめていたもので人生不思議だなーと思っている今日この頃。口癖は、「釣りはいいよねー」