27,600 views

この記事は約8分で読めます。

三浦半島小網代湾でボートカワハギ釣りをしたら謎の大物が!?

小網代湾 カワハギ

どーも平田です。牛乳プリンと茶碗蒸しが好きです。

10月23日(日)金田湾の手漕ぎボートでカワハギを釣ろうということで、大西さん&大西さんの息子と原さんと四人でむかうことになりました。

あ、ボート予約すんの忘れた。からの小網代湾

当日の朝五時半過ぎ。ほーん。風もないし、良いんじゃないですか。

釣りの天気予報

観音崎アジ釣行で買ったシマノのライトゲームBB H190ですが、ロッドケース等がないので、タックルむき出しで移動してみました。釣りキチ丸出しです。

タックルむき出し電車移動

このわたし、武蔵小杉に到着した時点でボートの予約するの忘れていたことを思いつきました。釣りの浜浦さんに電話してみると、おそらく紳士な二代目が電話に出て、「ボートはあるにはあるんですがー、きょうは風が強くて営業を見合わせることにしたんです。申し訳ないですね。また今度」とのこと。

がーん。二代目了解です。いつもありがとうございます。それにしてもなんということでしょう。どうやら内陸側では風がほとんどないものの海側では9メートル前後の風が吹いていたようです。

とりあえず恒例の横須賀PAに集合ということになりました。横浜横須賀道路の横須賀PAからだどこにでもいきやすいわけで、三浦半島を攻める釣り人がよくMTGを開催するPAだといいます。

これが三浦半島南部の地形です。

三浦半島の地形

この日風は北東の風で、まず、右下青丸の金田湾がNG。ここで大西さんから2馬力船だとすこし安定するから念のため観音崎のなかねボート電話してみようということに。

観音崎は赤丸。が、これもNG。

ならば北東の風なので大西さんの得意なポイントがあるという小田和湾の佐島(黒丸)にしようと、某舟屋に電話したところ、「ボートはやってません」と、ガチャギリ。おそらく何件も朝っぱらから電話がかかってくるのかと思うのですが、お互いのために情報を掲載している関連ウェブサイトのメンテナンスくらいやってくれよと。

で、水色丸小網代湾のボート屋(油壷釣船組合)さんに電話したところ、7時半過ぎに電話がつながり、ボートは出るが湾内のみ、予約やってないので到着順ですとの話。

よし、とりあえず釣りはできそう。釣りができればなんとか、なる。俺たちの人生もなんとか、なる。

<お知らせ>
🎣あなたもORETSURIに寄稿してみませんか?
☕ORETSURI読者の集い『釣りトーク』をFacebookでチェック!
☀Amazonプライムで、無料お急ぎ便+映画・TV番組が見放題、100万曲以上が聴き放題-PR

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!

シェアでみんなに伝えよう!

 

ABOUTこの記事をかいた人

ORETSURI編集長。釣り歴30年ぐらい。いつの間にか釣りメディアをはじめていたもので人生不思議だなーと思っている今日この頃。口癖は、「釣りはいいよねー」