この記事は約5分で読めます。

出張ついでに寄った淡路島でカンダイ(コブダイ)を釣る!【SAMEHADA】

スポンサーリンク

SAMEHADA×ORETSURI

本記事は流行りや魚種にとらわれず未知の釣りを求める自由かつ特異な釣り人集団『SAMEHADA』と、あしたの釣りをもっとワクワクさせるメディア『ORETSURI』の連携企画です。

スポンサーリンク

出張ついでに淡路島へコブダイ釣行

11月後半のこと。

仕事の大阪出張に合わせて淡路島へ、ベラの親分であるコブダイを狙った。

はじめ新大阪駅近辺で仕事だったのだが、まさかの2日目から熱を出し寝込むという…

仕事は誤魔化し誤魔化しクリアするも、最終日まで若干の微熱と激しい咳を引きずってしまった。実は半月ほど前に咳風邪を引いてしまい、咳を少し引きずった状態だったのと出張という環境変化で再発したということだと思う。

仕事の最後にはなんとか熱は下がったが、咳を引きずったままで上司と餃子を食べる。

選んだ場所は何故かチェーンの餃子の満州。

知らなかったのかな?大阪らしいもの食わせろよ。とは思いつつも、ご馳走様でした。

ようやくここから本題に入ります。

夜はネカフェに泊まり、翌朝から予約していたレンタカーで一気に移動。

途中で約束していた『りょう君』と『いっさん君』を拾ってそのまま淡路島へレッツゴー。

彼らとはTwitter上での付き合いだけだったが、こうやって実際に会って一緒に釣りに行けるのは本当に楽しい。

今回は出張の為、竿が持って行けず竿のみりょう君より拝借。釣具屋やスーパーなどを回ってポイントに着いたのは暗くなった頃であった。

スポンサーリンク

ぶっこみ釣りで夜釣りからスタート

コブダイといえば、夜はほとんど活動せず狙えないようだ。

そのため、釣具屋で買ったソウダガツオの切り身でエイ&サメを狙うことに。

実は淡路島は沖に面してるとは言え軟骨魚がほとんど生息していないらしい。事前情報でも極稀にアカエイが上がるくらいとのこと。

ポイントは堤防。ソウダガツオの切り身を投げ込んで待つ。

餌取りの状況を確認しつつ、何度か打ち返すと可愛いサイズのアナゴがヒット。

更に打ち返すと何故かマダコがヒット。

そしてホタテウミヘビ。

いつでもどこでも、長物はいるようで頻繁にアタリがある。

更に待つ間にケーソンの継ぎ目をヘチ釣りで探ると小~中型のカサゴが連発。面白いように釣れる。

りょう君にもクロアナゴが釣れたり、いっさん君にワニゴチが釣れたり、外道はアタるものの、やはり軟骨魚は不在のよう。

風邪と出張の疲労から深夜は大事を取って私は車に戻る。

2人はまだ頑張るようで、快く見送ってくれた。

・・・

が、しばらく寝ていると電話が鳴る。

どうやら寒さが限界にきたようで車に戻るとのこと。

車のエンジンを回し、暖房をMAXで効かせて二人の戻りを待つとやがて荷物を全て片付けて戻ってきた。私の道具まで片付けさせてしまい申し訳ない。

いよいよ朝からコブダイを狙う

しばらく寝るといつの間にか日も出て朝の7時過ぎ。

2人も起きだしていよいよ本気でコブダイを狙う。

餌は釣具屋で買ったシラサエビで、堤防外側のテトラ帯と内側のヘチを狙って打つ。

しかし餌は取られるものの、本命らしきアタリはない。

昼まで粘って餌も切れたところで餌も無くなった。

一度撤収し、食事がてら作戦会議。

どこも実績ポイントだらけ、というか淡路島ではどこにでもいる魚だけに中々ポイントを絞れずにいたが、知名度の高い港に決定。冬には大型のコブダイも上がっているとのこと。

移動時間も含めると釣りできるのは約2時間。この移動ですべてが決まる。

途中釣具屋やスーパーにより、バナメイエビとなんだかよくわからない赤いシマシマのエビを購入した。

最後のチャンスをどう活かすか?

いざポイントについて偵察すると、コブダイ狙いの年配の方とサビキの人が数人。手前のポイントが空いていたのでこちらに入る。

コブダイ狙いの方は30cmほどの小型のものを釣ったらしい。

2人は内湾のブロック帯、私は外側のテトラ帯を狙った。

するとすぐに反応が。

一度大きく竿先を叩いたようなアタリ。

5秒ほど待つと一気に走った。

テトラ帯のため、潜られまいと一気に浮かせると本命コブダイ。

小さいながらもちゃんとコブがある。サイズは55cmくらい。

コブダイは巨大化するため、まだまだ小型サイズであるがひとまずの本命に安堵した。

そしてしばらくするとりょう君にも大きなアタリが。

更にほぼ同時に私にもヒット。

りょう君の方が大きそうなので私のは強引に浮かせてそのまま抜き上げた。

さて、アシストと思い見るとどうやら根に潜られてしまい涙のブレイク。

抜き上げたサイズは40cmほどの若い個体。

まだコブはない。

その後、私にもアタリはくるものの、これが食い込まない。

終了予定時間も過ぎ、暗くなるまで粘ってみる。

が、日が暮れてからは極端にアタリの数も減りタイムアップとなった。

帰り道は鯉釣り談義に花が咲き、あっという間に戻ってきた。

めちゃめちゃ美味しいたこ焼きをごちそうになり、またリベンジを誓って解散。

目標の巨大なコブを持つコブダイは釣れなかったが、この釣りは突き詰めたらかなり面白い魚だろうな。

そう思った。

<釣師>


まつともの釣師(@BigGame_BigOne
淡水大魚やベイシャークなど大物釣りをやってます。基本は餌釣りですが、シーバスや管釣りのトラウトなどにも力を入れてます。連魚釣り普及活動中。釣ってみたいという方は積極的に招待しています。ぜひお声かけください。

SAMEHADA

関連記事

静岡サーフで『外洋サメ』を釣る!【SAMEHADA】

2018.08.17

ORETSURIとの連携について

釣りのおもしろさ、それは人それぞれ。

ブログやメディアを運営しているなかで、より多くの釣り人に自分たちの物語を伝えたい。

そういったニーズがあればお気軽にお問合せください。

問い合わせはこちらからどうぞ

<お知らせ>
📖Kindleセール開催中!人気・注目の漫画や書籍が特別価格
🎣Amazonタイムセール!アウトドア商品などがお買い得

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

Team.SAMEHADA

ある者はただひたすらに大きなターゲットを求め、またある者は今まで誰も狙おうとしなかった特異なターゲットを求め。時代のスタイル、流行りや魚種に囚われずまだ見ぬ未知なる釣りを求める自由な者達の集い