「猿猴(えんこう)川に死す」森下雨村著を読んだ感想

リンクにプロモーションが含まれます
猿猴 川に死す
スポンサーリンク

古来より釣りはよく人生に例えられることがある。

人生は文学そのものだとすれば、釣りは文学と近しいといってもよいだろう。

日本の釣り随筆で、森下雨村の『猿猴(えんこう)川に死す』は白眉といってもいいかもしれない。

森下雨村自体を知る人は現代ではあまりいないと思う。わたしも、この本を読むまで雨村この人あり、ということを知らなかった。

森下雨村は高知県佐川町生まれで、雑誌「新青年」の創刊編集長かつ、江戸川乱歩や横溝正史らを育成した人だ。50歳をすぎて東京を離れ高知に帰った雨村は、まさに晴耕雨読のような後半生を送った。

この本のタイトルにある聞きなれないことば「猿猴(えんこう)」は、高知で言う河童をさしていて、「猿猴川に死す」は河童のように泳ぎがうまかった知人が、ふとしたことで川で死んでしまったことを書いた表題作である。

Amazonの紹介文を読むだけでも、魅かれるものがある。

内容紹介

定年釣り師垂涎、幻の名著が完全復刻で登場
釣り愛好家の間で密かに読み継がれてきた幻の釣りエッセイ、森下雨村著『猿猴 川に死す』の完全復刻版。敏腕編集長の職を捨て、52歳で故郷高知・佐川町に帰り、以降無名の一釣り師として生きた森下雨村は、地元の人々との交流を簡潔で美しい文章にまとめた。雨村の死後、この遺稿が見つかり、友人や家族の奔走もあってようやく世に出たのが本書である。巻末にかくまつとむ氏による読みごたえのある評伝50ページつき!

文章は淡々平易ながらも、全体的に牧歌的・文学的な香りを漂わせていて読みやすい。

海というよりも川釣りがメインで、ウナギ釣り、鮎釣り、蟹とりなどが活き活きと描かれている。

  • 猿猴(えんこう)川に死す
  • 大漁不満
  • 鎌井田の瀬
  • 面河行
  • とおい昔
  • 少年の日
  • 種田先生
  • 園さんと狸
  • うなぎと遊ぶ
  • 哀れな蟹
  • はぜ釣り婆さん
  • 博労の宿
  • 泰平の宿
  • 友釣りの師
  • 手箱山の仙人
  • 釣運
  • もの言わぬ人
  • 八畳の滝
  • 柳の瀬

これが全体の章立てなのだが、一つ一つのタイトルを眺めているだけでもしみじみくる。

山や川などの豊かな自然に囲まれた高知で、釣りだけでなく、漁師や市井の人との関係などを書いてある。

ラーメンでたとえるならば、街角にあるしょうゆ味の中華そばといったところか。

決して派手ではないが、味わい深い澄んだスープのような読後感がある。

わたしのなかでは一生読み続けたい本の一つに入っている。

ああ、ウナギの穴釣りをしたい。川にモクズガニの仕掛けを仕掛けたい。

※kindleが安価だが、日常の隙間で手にとる文庫の味わいも捨てがたい。

<お知らせ>
🌊Amazonタイムセール! 釣具も安い!
🌅楽天スーパーDEAL-人気アウトドア商品もポイント高還元!
🐙Yahoo!ショッピングならPayPay毎日5%還元!竿とリールが超得!
猿猴 川に死す

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事をシェアしよう!
目次