この記事は約5分で読めます。

「わー、魚がタモに入んない問題」対策。「ナカジマ パワーギャフとパワーアダプターⅡ」を購入!

ナカジマパワーギャフ

今回は「フライングギャフ」に手を出したぜおい、つかってないけどドヤ!っていう話です。

Amazonで「ナカジマ パワーギャフ ジャンボ」と「パワーアダプターⅡ」を買ってみたのでレビューします。

どういったものか伝わればいいなーと。

スポンサーリンク

おまえの離島遠征でいつかおきる「釣った魚がタモに入んない問題」

メメズ浜で釣られたヒラマサ

一見筆者がにやけて釣ってるっぽく見えますが、竿をもってアシストしているだけです。。

これは岸釣り派の面々での話なんですが、夏から秋ぐらいまでは離島遠征を考える釣り人もいると思います。

船釣りはちょっと気が引けるけど、大物を釣りたい。であれば、離島でしょ、間違いないっしょ、ポークショってやつです。ポークショは水木しげるに精通してないとわかんないと思うけども。

たとえば関東エリアでいうと、岸釣りだとそんなに超大物を狙うことって、そうそうできないと思うんです。いや狙うことはできても、そもそも魚がいないんですよね。

関東のショアは年百年中、各軍の釣り師が襲来しているので、崖エリアでもないかぎりは大体巨大魚は抜かれてしまっているのです。たぶん。いやまあそうでしょ。

じゃあなにか、回遊魚はどうなんだい。ってな話になると、「おほほほ、そもそもそんなところに青物なんて回遊しておりませんよ黄門様」ってなことになる。青物が回遊してねーのに、バナナぐらいのサイズ感のルアーをビュンビュンなげてもそれは筋トレなわけです。

ここでいう超大物っていうのは、「50、60、喜んで!」っているアレじゃなくて、余裕綽々でメーターごえだったり、うん十キロの魚をいっていたりします。

「キングダム」だったら、100人将とか1000人将とかじゃなくて、将軍・大将軍クラスというか。

たとえば、

  • ヒラマサ
  • クエ
  • キハダマグロ
  • 巨大エイ(マダラエイなどのさらに巨大になるもの)
  • 巨大サメ

などなど。

このあたりが離島だと釣れるんですね。

伊豆大島岡田港で釣れたメジマグロ

伊豆大島で目前のルアーマンが釣ったマグロ。もっとでかいのも釣れている

クエあたりは、地元軍の老兵諸氏や本土から渡航している狂戦士っぽいガチクエ釣り師の方々が、毎日うん十キロ単位で餌をまいても釣れなかったりするらしいんです。

が、幸運な人もいるようで、たまたま夜釣りで釣ったマサバを鼻がけにして夜の堤防に流してラインをフリーにしておいたらサバにこのクエが食らいつき、竿ごと飲み込まれたりするようです。もしかしてそれは巨大エイやサメなんかもしれないけど。でも、クエって思いたい気持ちはよくわかる。

この超大物たちを釣り上げるためには、相当レベルの強靭が装備が必要なわけですが、最後の最後で重要なのが、足場が高い離島の岸壁からどうやってこの大物を釣り上げるのかという問題への解決策です。

タモ網も折り畳み式のものは携帯に便利ながらも、破損するかもということもあったりします。

そもそもハリスが細いんだったら、そういったモンスター陣がかかったら瞬断して試合終了。おつかれさん。なわけですが、たまたま結構強めの仕掛けで臨んでいた場合、我々はなんとか堤防まで獲物を寄せてこれるかもしれないんです。

うわおい。

おお、馬路か。

これクエやんけ。

30キロあるぜ。おい。

ふはははは。

・・・

で、荒い鼻息のあなたは、ふと気づく。

あれ、これって、岸にあげれられないんじゃないの。どないしよ。

という。

そんなときにあると便利なのが「フライングギャフ」というアイテムです。はい。

スポンサーリンク

超大物釣り対策に必要な「フライングギャフ」とは

ギャフってのは鈎状のアイテムなわけです。が、フライングがついてますね。

これはいざ魚をよせてきてギャフがけしたあとに、タモの柄あたりからギャフが離れることにより柄が破損せず、巨大な魚も安心してキープできるということなんです。

要は、固定式ではないギャフということです。

いざ柄からはなれた鈎部分にはロープをつけておき、釣り人はギャフの柄を投げ捨て、あとはロープで魚とやりとりするというもはや釣りの世界を超えた世界。

おお、俺もフライングギャフをつかうぐらいの魚を釣りたい!

スポンサーリンク

「ナカジマ パワーギャフとパワーアダプターⅡ」を買ったので披露する

ビクトリノックスと比較したらこの大きさですよ。フック船長っぽい

Amazonで「ナカジマ」という企業さんが販売しているギャフがあります。「ナカジマ パワーギャフ」っていうんですが、ジャンボサイズとレギュラーがあります。

どちらを選んだかって?

夢はでっかくジャンボを選択ですよ。これが、2,020円。

これはギャフの鈎部分なんですが、フライングギャフに仕立てるにはアダプター部分が必要です。

これが、「パワーアダプターII」

アダプター部分にはOリングがついていて、このリングとアダプターのはめ込み金属部分の摩擦ですぐには抜けないようになっています。

完全装着した状態。

※Oリングは交換用に3つ付属

鈎部分をつかんで引っ張ってみると、数キロの力で抜けます。

つまり、魚を寄せたら口あたりの固めな箇所にギャフがけしつつ、柄をひっぱると、ギャフが外れる機構なわけです。

四の五の言わずに裏面をみるとわかりやすいかと。

このパワーアダプターはバージョン2みたいなんですが、新機能で回転防止の仕組みがついている模様。

このギャフなんですが、かなり太軸で、耐荷重はかかれてないんですがだいたいの大物の重量は余裕で耐えそうな気がします。

ロープは一旦、ダイソーの7mを2個買ったんですが、本格的にやる場合は、耐荷重がしっかりわかるロープを買った方がよさそうです。

ギャフの針先はそれほど鋭利ではないので、ダイヤモンドシャープナーで研ぎました。

ロープは破損防止のためにギャフ本体にも巻いたほうがよいとのご推奨

実際に超大物が釣れる日がいつくるのかわからないんですが、これでちょっと安心して大物釣りができるかなと。

ぶっつけ本番でつかうとうまく使えなそうなので、近隣の堤防で練習しようかなと思ってます。練習大事。

肝心のタックルは石鯛竿+アブのアンバサダー10000CL+PE10号+フロロカーボンハリス40号以上で勝負しようと思ってます。

かかった獲物はとりたい。

ではでは。

平田(@tsuyoshi_hirata

関連アイテム

<お知らせ>
☀【ポイント最大44倍】楽天お買い物マラソン開催!~7/26・01:59まで
☀Amazonタイムセール開催中!釣り具やアウトドア商品がお得!

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

平田 剛士

ORETSURI編集長。釣り歴30年ぐらい。いつの間にか釣りメディアをはじめていたもので人生不思議だなーと思っている今日この頃。 口癖は「釣りはいいよねー」