この記事は約2分で読めます。

アジの干物を醤油麹につけこむのはアリなのか!?

アジをよく釣ります。

アジ

奥側の小あじは干物がベストかなと朝食だと2枚

これは釣りはじめての方向けにアジ釣りのレクチャーをよくしているからなんですが、釣れたアジを持ち帰って干物にすることもしばしば。

以前、アジの干物からの展開方法として、干物パスタを紹介したことがあります。

マルアジの干物と柚子胡椒で和洋折衷パスタをつくってみた(料理レシピ)

2018.02.06

これ。

今回は干物をさらに醤油麹につけこんで旨みをさらに倍増する技を紹介します。

と、いっても、作り方は簡単です。

まずアジを干物にする。(黄アジの干物の作り方

バットにならべて醤油麹をまぶして一晩おいて焼くだけ。

焼き網などがかなり汚れて焦げると後片付けが面倒くさいので、アルミホイルを積極的に活用してみましょう。

味は、

あれだ。

くさやをの臭みをぬいて、その旨みに甘さを足したような味わい。

西京漬けと、まー近しいですね。

アジの干物は、大量につくって食べても比較的飽きにくい食材ですが、さらに変化をつけたいときにはよいでしょう。

ある程度たべて身をほぐして、茶漬けにしても最高です。

これはいいなー。

ぜひみなさんにもやってほしい。

ではでは。

スポンサーリンク

関連記事

マルアジの干物と柚子胡椒で和洋折衷パスタをつくってみた(料理レシピ)

2018.02.06
スポンサーリンク

関連アイテム

<お知らせ>
📖Kindleセール開催中!人気・注目の漫画や書籍が特別価格
🎣Amazonタイムセール!アウトドア商品などがお買い得

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

平田 剛士

ORETSURI編集長。釣り歴30年ぐらい。いつの間にか釣りメディアをはじめていたもので人生不思議だなーと思っている今日この頃。 口癖は「釣りはいいよねー」