330 views

この記事は約3分で読めます。

【絶品】自分で釣った真鯛料理はサイコー!|工藤麻里さんからの寄稿

真鯛を釣った工藤麻里さん

こんにちわ。工藤麻里です。

はじめてのコマセ真鯛釣りでなんとか釣り上げた待望の鯛。

絶対に美味しく調理したいけど、まだまだ魚をおろすのが下手くそです。

精進しなくては・・・!

でも骨に身が残って、豪華なあら煮になるのかな。それはそれでよいかも。。。

今回の魚料理

この日の魚介料理は以下の通りです。

  • イナダのあら煮
  • イナダのお刺身
  • 鯛のお吸い物
  • 鯛 刺身 3種盛り シンプル・昆布締め・ゴマダレ漬け
  • 鯛めし
  • カンパチのカマの塩焼き

まずは鯛の昆布締めをつくってみる

・昆布は酒で少し拭いておく。
・鯛のさくにパラパラと塩を振る(15分程度、長いと旨みがでてしまい美味しくなくなる)
・鯛から出た水気を拭いて 上下昆布で挟んでラップ。1晩寝かせる。
・今回は時間がなかったので 裏技で塩昆布を加えて寝かせました。1時間で食べごろ。

あとは切るだけ。

早く締めたい場合は 刺身サイズに切って昆布で包むと早いです。

 

鯛のゴマダレ漬けをつくってみる

・白ゴマペースト大3、白醤油2、みりん2、砂糖お好みの甘さ

これに切った真鯛の刺身を入れるだけ。15分ほど冷蔵庫で寝かせたら出来上がり。

イナダのあら煮

こちらはいつも通りの煮つけと同じ。

醤油、酒、みりん、砂糖の割合は好みですね~!

イナダのお刺身

プリっぷり!

鯛のお吸い物

・アラに塩をふっておく (洗うので多めの塩で)
・熱湯をアラにかける。
・水から煮だす。弱火でゆっくりゆっくりコトコトする
・アクは取り除く
・最後に味見をして塩か白醤油で整える。

最初にアラに塩をふるので 味は最後の最後に整えてます。

鯛の刺身3種盛

カボスと塩はあると美味しいです!!

塩と調味料は少しこだわると 美味しいものがいただけます。

写真は淡路島の藻塩です。

海藻からでた旨み成分が全体的にまろやかな口当たりでカボスと一緒に刺身につけて食べてもとがった感じがしません。

鯛めし

・2合洗米し、2合の水をいれる。
・そこから大さじ3杯水を捨てて 代わりに白醤油2、酒1を加える。
・皮付きの鯛の身をいれる。
・あとは炊くだけ
・鯛めしには、桜の塩漬けが私は好きです。

カンパチのアラの塩焼き

友人を呼んだので 保存していたカンパチも。

これはこれで美味。

それにしても、やはり鯛は美味しい!

堪能しました。

また鯛を釣りに行きたいです。

長いハリスにはこりたので、、鯛ラバかな?一つテンヤかな。

考えるだけでワクワクします。

工藤麻里
釣り初心者が釣りにハマったブログ
〜釣女どうでしょう〜
http://turimari.hatenablog.com/

スポンサーリンク

ORETSURIフィールドレポーターについて

ORETSURIではあなたの遠征、日常の釣行記事に寄稿をお待ちしています。
自分の感動を誰かに伝えたい。伝えたいことがある。
ご自身の活動をPRしたい。釣り仲間を募集しているなどなどお気軽に応募ください。

日本全国のフィールドレポータ―をチェックしてみよう!

ORETSURI フィールドレポーターの寄稿記事一覧はこちら!

フィールドレポーターへの応募はこちら!

関連記事

釣り納めの船で真鯛を釣りたい!【工藤麻里さんからの寄稿】

2017.12.14

関連アイテム

<お知らせ>
🎣あなたもORETSURIに寄稿してみませんか?
☕ORETSURI読者の集い『釣りトーク』をFacebookでチェック!
☀Amazonプライムで、無料お急ぎ便+映画・TV番組が見放題、100万曲以上が聴き放題-PR

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!

シェアでみんなに伝えよう!