3,204 PV

この記事は約8分で読めます。

釣った魚をSNSにアップするだけで叩かれる風潮についてどう思いますか?【平田が勝手に答える!】

イソメ 中太

人間は常に問いをもっている生き物。

釣り人も一緒です。

今日も世界では多くの問いが生まれ、答えが見つかっています。

そんな中、インターネットでは確かではない答えがいろいろと流布され、それがまことしやかに拡散されたり。

そんな、ウェブ上に転がっている『釣りのなぜ?どうして?』について、釣りメディアORETSURI編集長の平田が勝手に回答する本シリーズ。

スポンサーリンク

今回の質問

TwitterやFacebookなどのSNSやYouTubeで釣った魚(魚介類)をUPするだけで、あれこれ叩かれる風潮があるように思えます。見ず知らない人がわけのわからない角度からかなり強い言葉で叩いてくるのをみるにつけ、とてもイヤな気持ちになってしまいます。

質問者:貴殿マスターさん

スポンサーリンク

<平田の回答>

「SNSのクソコメ・クソリプはだいたいデッドボール狙い

平田剛士 ほろよい白いサワー

今回のお悩みもしっかり考えて回答します。

これも質問というわけではないので、強引に質問として解釈すると、「釣った魚をSNSにアップするだけで叩かれる風潮についてどう思いますか?」ということかなと思います。

まずSNSはFacebookのように実名のものと、匿名のTwitter、YouTube(SNSにいれます)などがありますね。

たしかに質問者の貴殿マスターさんがいっているように、昨今どのSNSでも日々クソコメやクソリプがされるような風潮があるように感じます。

このクソコメ・クソリプ界隈ですが、匿名のアカウントであれば一見なんら責任を負わないで人を呪うことができるわけです。その実、行き過ぎた違法界隈の発信は、プロバイダーに発信者情報開示請求をすれば匿名でも個人情報がオープンになるんですけどね。でも、匿名の呪怨系アカウントはそういったことまで頭が回らないので、日々ネットサーフィンをしながら、全方位に呪いの言葉を吐きかけているんです。デス、ザラキ、などなど。

例えばTwitterで、『うんこa.k.aスカトロマスター炎上プロ』みたいな何を狙っているのかよくわからない匿名の方がいるとします。一見すると、バカっぽいですが、こういったネームの方は結構いるんです。

そのアカウントの人が、ひまにかまけて誰かに文字通りクソリプをする。

このケースではほとんどの場合他人はスカトロマスターの実名とやらを知らないので、うわ、なんかウンコみたいなやつがいきなり肥溜めから登場してクソみたいなこといってんなーワロス、まー暇なんだろうなー乙wと思うわけです。

そう、クソコメとクソリプというのは暇から生じる他人への『呪い』なんです。

インターネット回線が速くなり、サルでもスマフォを持つようになってきたこの時代。

そして暇な人間の暇な時間がスマートフォンに尽く搾り取られるわけです。

むかしはTV局やいろんなメーカーなどにクレーム電話をして鬼の首を取ったように勝利宣言していたような人がいたわけです。

かつて『マネーの虎』というTV番組がありました。

「旨さと量を両方追求したラーメン屋を開きたい」「なんでんかんでんのラーメンはまずい」といっていた傲岸不遜なデブ&ハゲ系の出資希望者が、「私がフロムエーでラーメン屋に応募したら、身体が大きいので無理ですと言われて、私リクルートにクレームいれましたから(ドヤ)」みたいなことをいい、高橋がなり氏に「あなたね、そういった相手が必ず謝ってくるようなところにクレームいうのはよくないよ。成長しないよ。そういうの反省したほうがいい。」みたいにやさしく説教をしてくれる回がありました。

消費者は強く、企業にクレームを言えば、だいたい謝罪されるんです。それに味をしめて、日ごろの身の不遇、うっぷん晴らしで電凸していた残念界隈の方もいたのです。今もいるけど。

時代は経て、今、クレームは何も企業ではなくインターネットを通じて見ず知らずの個人に簡単に実行できるようになったんです。

わたしたちが、スマフォを開いてSNSをひらくと、そこには無数の個人の発信があります。

たとえば、『ソゲ問題』というのがネットにはありますね。

一応、説明しておきます。

ヒラメの幼魚を一般的にソゲといいますね。地方や個人によってこのソゲとするサイズは微妙に基準が異なります。

釣り人の中には、ヒラメを愛するあまり、ソゲと呼ばれるようなサイズを釣って持ち帰る人をネットで叩き、勢いあまって人の人格否定までしてしまう人もいるわけです。

  • 魚が好き
  • 釣りが好き
  • ヒラメを釣るのが好き
  • デカイの釣りたい
  • でも釣れない
  • 釣り人が多い
  • イラつく
  • 釣れないのは自分の腕以外に他の釣り人の所業の要素も多いはず
  • ヒラメが減らないためにはこれから大きくなるソゲは逃がしたほうがいい(はず)

というような種類の論理展開はよくわかります。

上の要素でいうと「イラつく」という点以外は、だいたいわたしもそう思います。

一方、さらに進んで誰も呼んでないSNSの土俵に入り込み、正義の味方推参なり!という具合に、くわっと正義の旗を掲げ、見ず知らずの他人へ罵詈雑言をならべて必要以上に叩いて、挙句、「釣り人の資格なし」とかよくわからんけど言い切っちゃったりするとなると、それはどうなのかなと思います。

これがお互いに信頼関係があるとか面識がある相手ならばまだいいんです。

が、匿名という安全地帯から他者を叩いていい気になっているアカウントをみると、こちらが恥ずかしくなります。

魚を釣って持ち帰る。

そして食べるというのは365日、世界中でくりひろげられている行為です。

そして、その背景には人それぞれのストーリーがあります。

  • はじめて釣ったヒラメだから、ソゲでも持ちかえって食べてみたい
  • 家にいる病床の爺さんが、ヒラメを食べたいといっている
  • いつもはソゲをリリースしているんだけど、久しぶりに釣った魚で今日は持ち帰りたいなと思った

などなど。

が、SNSを通じてインターネット越しに他人を頭ごなしに否定するときは、どうしてもこのあたりの背景や感情を想像しにくいわけです。

なので、暇なときにタイムラインに流れてきた、ソゲと思われる個体を食べている写真「平目を釣ったので食べました!やっぱり高級魚はうまかった!」などの投稿をSNSに目にすると、

「ソゲはリリースしろや!●ね!」

「ソゲはヒラメじゃねーよ!」

「は?今の季節ヒラメはまずいし。むしろソゲだしwww」

「そんなちっちゃいソゲなんて食べんなよ!バカなの?」

「お前みたいなバカがいるから資源が枯渇するんだよ!」

みたいな、ものすごくキツメの球が物陰、そして斜め上からビュンビューンと飛んできます。

でもこれって、どれもキャッチボールを望んでいる球じゃないんですよね。

この種の球は、相手から球が帰ってくる、ストライクを狙いたいというよりも、だいたいが相手に対してど真ん中デッドボールを期待しているんです

SNSでクソリプやクソコメをする人は大方以下の要素をもっています。

  • 孤独
  • 他者への想像力不足
  • 他者へのおもいやり不足
  • 見識が狭い
  • ストレスが溜まっている
  • 嫉妬心が強い
  • 構ってほしい(リアルで満たされぬ承認欲求)
  • 会社など、組織での処遇が窓際方面
  • 酔っぱらっているときにやけに気が強くなってしまう
  • 非モテ属性
  • 単純にあたまがわるい
  • 昆虫人間

こういった相手に対して、反論などのためにあなたの貴重な人生を1分でも費やすのはかなりもったいないことです。

こうしたクソコメ・クソリプ球へ、燃えろプロ野球のバースみたいにぜんぶ余裕のバント・ホームランで打ち返してもよいんです。

が、

「じゃあ、あなたはヒラメのエサになるイワシの稚魚であるシラスを食べないでくださいね。」

「むしろ熱心に釣りに行くのはヒラメのために良くないんじゃないでしょうか。」

「そのソゲが云々って、あなたの感想ですよね。それってデータがあるんですか?」

「ソゲを持ち帰っちゃいけないって定めている法律があるんですか?それあなたの基準ですよね?」

「むしろ産卵できるサイズのヒラメこそ逃がしたほうがいいのでは。」

とかいう種類の打ち返しは無駄です。

そういったやりとりであなたのお金が増えるわけでもないですし、釣果が増えるわけでもありません。

なによりあなたの幸せは増えません。

むしろ見るだけで不快になってしまうという。

対応するだけで不快が積み重なってしまうという。

反論などの対応をするだけで、『うんこa.k.aスカトロマスター炎上プロ』みたいな人は友達も少ないので構ってもらったのがうれしくて、さらにびゅんびゅんウンコを投げてくるわけです。もともと肥溜めから湧き出てきた手合いなので、ウンコの弾数は無限といっても過言ではありません。

ということで、わたしとしては、自分としてクソコメ・クソリプ球と思う球を投げてくるアカウントはSNSで神速でブロック&ミュートでよいと思うんです。

曹操も郭嘉に「兵は神速を貴びます」と進言されて、「そっか!ワイやったる!」と、袁軍を追撃して大勝利しています。

神速ブロック、やさしくミュート。

このあたりを常に意識するとよいかと思います。

あと、自分がやられたくないことは他人にはしない。これは幼稚園生ぐらいから親御さんに、「かずくん、だめだよ。人が嫌がることをやったらみんなに嫌われるよ」などのように習うかと思いますが、そういったことはSNSでも同様だと思います。

ひるがえって、自分は他人に脊髄反射的にクソリプ・クソコメするなどの恥ずかしい行為をしていないか。このあたりもよく考えてみましょう。

ただし、都道府県の漁業調整規則などで決められている魚種ごとのサイズなどはもちろん守ったほうがよいとは思いますよ。あと、食べきれないほどに魚を持ち帰ってもだれも得をしませんしね。

余談ですが、マネーの虎で最高の演技をしていた村野達郎氏もご健在で日々情報を発信していらっしゃいます。

ではでは。

平田に回答してほしいことはこちらに質問を

※質問がないとエンドレスでYahoo!知恵袋などの質問を勝手に回答していく仕様です。

スポンサーリンク

関連記事

「釣りの時にヘッドホンで聞くとオススメの曲とかあれば教えてください。」【平田が勝手に答える!】

2018.12.28

これまでの質問一覧はこちら

関連アイテム

<お知らせ>
ORETSURIに寄稿してみませんか?
ORETSURI読者の集い『釣りトーク』
らっしゃい!ORETSURI釣具店営業中
Amazonプライムで釣具のお急ぎ便無料

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!