船用の簡易竿受けはシマノに軍配!「船べり楽々竿掛け」が一番使いやすい

リンクにプロモーションが含まれます
シマノの船べり楽々竿掛け
スポンサーリンク

船釣りを本格的にはじめると「キーパー」こと「ロッドホルダー」があると便利。

より気軽につかえるのが簡易竿受けというジャンルです。

今回は、シマノの「船べり楽々竿掛け」が、ダイワ製品と比較してかなり使いやすかったので紹介します。

こちらが「船べり楽々竿掛け」

同じような製品が各社から販売されているのですが、この簡易竿受けが優れているのはY字状の受部分のセンターがちょうど竿を固定できるようにカットされているという点です。

この通り、バットが太目な竿ならばしっかり竿が固定できます。

これって、意外に大きなメリットがあり、たとえば餌マゴチであればキーパーを使わなくても簡単に置き竿ができるわけです。

船竿もバランスが重要で、キーパー固定用のアダプターを竿に装着するとトータルバランスが変わっちゃうんですよね。

その点、簡易的な竿受けであれば、竿側に固定するパーツはないので、手持ちで誘いをかけるときにより使いやすいんです。

金沢八景沖

これはマゴチ釣りの置き竿での使用ですが、この通りしっかりはめられます。

気になる人は尻手ロープをつければ、1本竿でキーパーはつかわなくてもだいじょうぶ。

LTアジ釣り

こちらはダイワの「チョイオキホルダーライト」。

その他メーカー製の簡易竿受けも、同じような形状なわけですが、竿受け部のセンターに溝がないので竿が固定できません。

ぐらつくので、置き竿にするにはリスクが高いんです。

ナイフ等であらかじめ削っておけばよいのだと思うのですが、どちらが優れているかというと、この場合はシマノだなーと思いました。

やっぱり竿を置くだけでなくて、固定できるってのはかなり大きいんですよね。

置き竿にできれば、その間に食事などもできるし。

Amazonのレビューも以下の通り。

安定感があるし真ん中の溝があるのと無いのでは大違い!

他社にも簡易の竿掛けはありますが、固定できるのはこれだけです。
船べり固定の物以外ではないと思います。

竿を固定できるので投入後に他の事も出来るので重宝しています。

以上、船用の簡易竿受けは、シマノの「船べり楽々竿掛け」が一番便利でオススメという話でした。

テンヤスミイカ竿の固定にも最適です。

Amazonの価格では、ダイワ「チョイオキホルダーライト」より60円程度高いんですが、その差は大きいなーと思います。

関連アイテム

<お知らせ>
🌊Amazonタイムセール! 釣具も安い!
🌅楽天スーパーDEAL-人気アウトドア商品もポイント高還元!
🐙Yahoo!ショッピングならPayPay毎日5%還元!竿とリールが超得!
シマノの船べり楽々竿掛け

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事をシェアしよう!
目次