【はじめてのティップラン】準備不足だったけどアオリイカにハマった話@松輪間口港・鈴清丸

リンクにプロモーションが含まれます
アオリイカ
スポンサーリンク

皆さんこんにちは、大井です。

そういえばティップランって前からやってみたくて竿だけ買ったなぁと思い出し、数が釣れる秋であるということもあり、行ってみることにしました。

目次

はじめてのティップランに挑戦。準備が全く足りなかった件

間口港

今回、やってきたのは神奈川県にある松輪・間口港の鈴清丸(すずきよまる)さん。

とてもやさしく紳士的な船長さんがいらっしゃる船宿さんです。

今回の私のタックルは以下の通り。

 

  • ロッド:セフィアBB
  • リール:セフィアCi4
  • ライン:PE0.8号
  • リーダー:フロロ1.5号←後の問題1
  • エギ:多数←後の問題2

 

ティップランに詳しい方が見ると、この時点で問題が既にありますね。

まず一つ目がリーダーの太さです。

これはもう完全に判断ミスでした。

かつて一瞬だけルアー釣りをかじっていたのですが、その際に使用したのが1.5号くらいのリーダーだったのですね。

しかしよくよく考えると、アオリが釣れるようなポイントはゴロタだったり海藻だったりがわんさかなところです。

そんなところで1.5号はちょいと細すぎ。

使用するなら2~2.5号が必要だなと。

また、これは感覚なのですが、船ハリスより専用ハリスが質感が良いかなと思いました。

後日専用ハリスを買ったのですが、コマセ釣りなどで使用している船ハリスよりシャッキリしている印象でした。

鈴清丸の船長も「ティップランはエギの姿勢が大事だよ」と教えてくださったので、こういったのは大切なのかなと思いました。

二つ目はエギ。

これはもう完全に失敗でした。

比較的潮が速い沖合で行うティップランではオカッパリで使っているような軽いエギだと底が取れず、全く釣りになりません。

……で、私が持っていったエギはどうだったのか。

実際、計15本くらいなのですが、ティップランで使えるものはわずか5本。。。

詰んだ。

しかし世の中は便利で、エギの頭に後付けできるオモリが販売されているんですね。

そこはリサーチ済みでした。

やはりポイントなだけにロストも多く、よしじゃあ追加オモリ付けてやるか~~~と思ったら

オカッパリ用エギには対応しないタイプでした。

完っっっっっっっっ全に困った。

やりたいとはいったものの完全な準備不足。

ヴェヴェヴェヴェヴェッヴェェェェェェ。

 

船長や周りの方に助けていただきながらなんとかやっていきました。

本当に感謝…。

次回は完璧に万全にしよう、そう心に誓いました。

ティップランはアタリが命。しかし、わからん

アオリを釣るぞ、釣るぞ

ティップランは完全に「即合わせの釣り」だという事前情報を見ていたので、違和感という違和感をすべて合わせる戦法で行こうと思いました。

これは完全な初心者であるからというのと、動画を沢山見て予習した結果、こりゃ初心者にはアタリかどうかわからんという結論に至ったためです。

で、いざやってみるともうダメ。

違和感しかない。

海藻に触れれば違和感。

岩に触れれば違和感。

底を擦っていれば違和感。

んんんんんんんわからん!!!!!!!!!!

しかも前情報のアタリパターンだと、引き込んだりするほかに、食いあげるようなアタリだったり。

居食いするようなアタリなどもあり、もうわけわからん状態。

もう半分「しゃくりゾンビ」になりながら合わせまくっていると、後ろから見ていた船長が「ん、今のはアタリだねぇ。いるよイカ」と。

なんだって……!?

背中が食われているということは・・・

実際エギを確認してみると布が破れていて、もしかしたら「イカが触っているのでは」という期待もありました。

イカは近い。

近いんだッッッ!!!!

訪れるアオリイカのアタリ

割と船中アオリイカが釣れ盛っている中、私だけ全く釣れない状況。

こりゃだいぶ焦ってきました。

もうマジで釣れない。ホントきつい。

寒い。眠い。腕疲れた。

もうきらい、イカきらい、いかいかいかいあいあいあいあ………

 

と、ヌメッとしたアタリ。

!?

秘儀「赤子も黙る鬼アワセっっっっっ!!!!!!!!」

 

じゅいいいいいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃん!!!!!!!!!!!

 

めっちゃドラグの音!!!!!!!

いい!!!!!

すごくいい!!!!!!!!

ようこそアオリイカ

うおっ!!!!!!

うおおおおおおおおおおおあああああ!!!

ティップラン、完全に”理解(わか)”っちゃいました。

 

ようやく得た一杯。超絶嬉しい。

これには船長もにっこり。

ようやく得られたティップランのアタリ、完全にあきらめていた中での一杯は非常に気持ちよかったです。

この調子でもう一杯と思ったものの、時間切れで終了でした。

はじめてのティップランで得たノウハウ

今回初めてティップランをやったのですが、もう第一に言えるのは完全な準備不足でした。

もっと道具やタックルを見直す必要があります。

釣り方に関してはネットで確認するより自ら体験したり、経験者から聞くのがイイかなと思います。

私が今回得た&教えてもらった基本釣り方の勘所は5つです。

  1. シャクリよりもステイを大事に。(エギを流すときの姿勢が大事)
  2. 竿先に全集中
  3. アタリとそれ以外を見極める経験値
  4. 棚を探る
  5. 一回アタリがあったらしつこく追ってくる

まだまだ見いだせることはたくさんだとは思いますが、初参戦にはこれが限界。

何より道具は完璧に揃えたほうがいいですね。

 

  • リーダーは2~2.5号
  • エギ用スナップ(小さくて軽いもの)
  • 後付けオモリ(探せばオカッパリのエギが使えるようになる後付けオモリもありました)

 

これらは必須かなと。

ちなみに重さは50グラムくらいでやりました。

潮の速さによって重さを変えられるように様々な種類があったほうが良いですね。

次回はもっといろんなアプローチができるように沢山揃えていきたいと思います。

 

それではまた。

大井@KT_Fishing1018

お世話になった船宿

松輪・鈴清丸

関連アイテム

ORETSURIフィールドレポーターについて

<お知らせ>
🌊Amazonタイムセール! 釣具も安い!
🌅楽天スーパーDEAL-人気アウトドア商品もポイント高還元!
🐙Yahoo!ショッピングならPayPay毎日5%還元!竿とリールが超得!
アオリイカ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事をシェアしよう!
目次