春一番が吹いた翌日の相模湾LTアマダイは釣れるのか?

リンクにプロモーションが含まれます
相模湾のアマダイ34センチ
スポンサーリンク

どうも平田です。相模湾のアマダイという釣りものを村越正海さんの著書職業釣り師の悠々釣記 (エイ文庫)で知って以来、なんだかんだで相模湾でアマダイを釣ったことがなかったんですよね。東京湾でアマダイを初チャレンジしたものの。

ちなみに、村越さんの著書のなかで同氏はスピニングタックルに一般的なLTアマダイより細い仕掛けでチャレンジしています。PE0.6号だったかな。

そんなこんなで2017年の春一番があった2月17日の翌日、平塚の庄治郎丸さんにお世話になってきました。

釣りの前は楽しすぎる顔

庄治郎丸さんから平塚新港へ向かう途中です。もうワクワクでわらいがとまりません。

目次

ポイントへ

どうやら、今回のポイントは二宮沖あたりのようですね。水深100メートル付近のようです。朝日がきれい。

相模湾と朝日

小田原、そして箱根の向こうに富士山が白くそびえています。いつみてもいいなー。

相模湾からみる富士山

コムコムが、オキアミの尾を切っているようです。移動中にオキアミの尾を切るのはLTアマダイ釣りの基本です。

オキアミの尾を切る作業

ということで、わたしもひたすらオキアミを選別して、触覚と黒目と頭部がくずれていないしっかりしたものを選んで尾を切っておきます。空き時間にオキアミの尾を切る作業

これとても大事です。同じオキアミといえど、くずれたものはアマダイに見切られるような気がしますし、そうした気持ちではアタリを待つしゃくりも雑になったり。

釣り開始

隣りの方に挨拶をしていると、「100メートル、どうぞ」というような船長のアナウンスがあり、一気に落とします。着底までかなり時間がかかりますね。スプールをサミングしつつPEライン2号ができるかぎり潮に流されないようにします。

竿先に集中

が。もう、ぜんぜんアタリがない。ほーんとアタリがない。そんな中コムコムが小型のアマダイをゲット。隣りの常連さんっぽい女性がいい型のアマダイをあげてます。実にうらやましい。

小室、子供アマダイゲット

そんな中、わたしも小型を重ねながら、ようやくまともなサイズが。34センチでした。このぐらいでもLTだとかなり引くんですよね。相模湾のアマダイ34センチ

途中経過

2分に1回しぶいなーと口にする本釣行。いろいろ誘いをやってみてもまーアタリそのものがほとんどありません。そんな中釣れたのがこちらの方々。マトウダイもはじめて釣りました。オキトラギスが釣れたあと、それでも吸い込んだのでしょうかね。

途中経過、アマダイしぶい

マトウダイは、結構北斗の拳系のパンクな見た目ですよね。刃の鎧をきているので取り扱いには注意です。

庄治郎丸さんの相模湾LT五目でマトウダイ

ムシガレイ。ちょっと棚がしたすぎたかな。

庄治郎丸さんの相模湾LT五目でムシガレイ

船長から、「船の近くにイルカいるよ」とのアナウンスがあり、見ると、ドルフィンキックのイルカの群れが。小田原方面にバシャバシャ消えていきました。

相模湾とイルカ

コムコムに大物が!?

そうこうしていると、コムコムが来た。これはでかいと伝えてきます。竿がかなりしなっており、50オーバーあるんであはないかと。

小室に強いあたり

が、痛恨のラインブレイク。ハリス3号でもきれるときは切れますね。

ラストスパート

そうこうしているうちに沖上がりの14時がせまってきました。すこしでも釣る時間を確保しようと、こんな風にロッドをかたむけたり。高校生のときからつかっているスコーピオン1500もクラッチのあたりの不具合でときおりハンドルが逆回転するものの頑張っています。

手巻きのため落とし込みのスピードをあげる

が、

釣れず。

おとなしく沖上がりです。この通り全員寝てます。

沖あがり。平塚新港へ

平塚新港は安定の混み具合のようですね。何が釣れるのかな。平塚新港、混んでますね。

釣果

アマダイは34cmを筆頭に6匹。種類不明のアナゴ2匹。イサキの子供1匹。オキトラギス4匹。アヤメカサゴ2匹。カナガシラ1匹という状況です。

相模湾、LTアマダイの釣果

帰りに送迎してくれた庄治郎丸の社長にヒアリングしてみたところ、どうやら風が強いと、海底がかき回され、アマダイはさらに穴の中に引きこもってしまうようですね。もうすぐ釣りものとしてのアマダイの季節が終わるものの、もし狙う場合はそれほど海が荒れていないタイミングのほうがよいかもしれませんね。LT五目はこれからのほうが調子がよいようですよ。あとは、我々より釣果を伸ばしていた方々は、水中ライトを利用していた気がします。

それとみなさん当然電動リールですのようですが、わたしは水深100メートルクラスまではひとまず手巻きで勝負したいと思います。

関連記事

あわせて読みたい
【1番詳しい】アマダイの釣り方、コツ・仕掛け・タックル解説!(東京湾・相模湾) 今回はライトタックルでも十分狙える超高級魚「アマダイ」の釣りを紹介します。 関東では主に相模湾や東京湾の水深100m前後で狙うことができます。 【アマダイとは】 標...
<お知らせ>
🌊Amazonタイムセール! 釣具も安い!
🌅楽天スーパーDEAL-人気アウトドア商品もポイント高還元!
🐙Yahoo!ショッピングならPayPay毎日5%還元!竿とリールが超得!
相模湾のアマダイ34センチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事をシェアしよう!
目次