この記事は約5分で読めます。

イワタニの炉ばた焼器『炙りや』が便利すぎる!自家製干物をこんがりうまい

炙ったひものと熱燗

海釣りをしはじめて、しばらくすると干物づくりの世界にたどり着くことがありますね。

釣った魚をさばいて、干物にする。

自分で塩加減を調整した干物の旨さといったら格別ですね。

さて、そんな干物をどこでも炉端焼きのよう手軽に楽しめるツールがあります。

それが、イワタニの炉ばた焼器『炙りや』です。

スポンサーリンク

炙りや全体像

これが本体。カセットガスのボンベ1本が燃料です。

本体サイズは、

幅409×奥行214×高さ134mm/商品重量:約2.4kg

と、コンパクト。屋内だけでなく屋外で炭入らずで調理ができそうです。

使い方なのですが、利用前には、受け皿に規定量水をいれます。

肉などの脂が多い食材の場合が引火するのを防ぐ効果があります。

カチっと、スイッチをひねると、シュボっというガスが燃焼する音が聞こえて、やがて、炎の上にある金属板が赤熱してきます。

食材は、この輻射板を赤熱させて、放射される輻射熱で焼くということで、直火と異なりむらなくおいしく焼き上げることができます。

手をかざすと、あったかい。秋冬にいいですね。

スポンサーリンク

さっそく干物と野菜を炙ってみる

ここで、冷凍しておいた自作のタチウオとアジの干物を炙ります。

魚焼きグリルで焼いてもうまいはうまいのですが、こうして、目の前で炙っていくのも乙ですねー。

それほどくっつきませんが、気になる人はサラダ油をキッチンペーパーにつけて網をふいておくとよいでしょう。

熱燗を飲みながら、干物と野菜が香ばしく焼けていくの愛でる。

目の前の干物の焼き上がりを待つという贅沢。

そうこうしているうちに焼けました。

味は・・・

おー、香ばしくも、中身はジューシー。

うんうん、いいですねー。

食べながら、次の食材として、にんにくを丸ごと炙る(皮ごと炙るのは発火するため危険)

炙ったら、味噌+七味唐辛子で食べる。

ああ。うんまい。

次に、さつまいも(1㎝の厚さ)とみょうがを炙りましょう。

みょうがも味噌と七味唐辛子で。

ああ、大人の味ですね、これは。

▶なんとデザートも作れるだって!

スポンサーリンク

炙りやで、デザートも炙れるぞ!

サツマイモを両面ひっくり返しながら丹念に焼く。

バニラアイスを盛り付けてもいいな。

焼きあがったら、バターとはちみつで味つけをしてみる。

食べる。

わわわ。なにこの旨さ。

UHA味覚糖に『おさつどきっ(塩バター味)』という商品があるのですが、その味そっくりです。

しかも、厚切りなので外側はパリッとしていて中がほくほくというナイスパフォーマンス。

うーむ。この秋・冬は毎夜炙ることになりそうです。

この輻射板がいい仕事をしてくれる!

ということで、イワタニの炉ばた焼器『炙りや』オススメです。

その他の使い方

焼き網ではなく、付属の金属フレームをつかうことにより串焼きもお手軽にできます。焼き鶏あたりを炙り直しても格別かもしれませんね。

また、この商品のカスタマイズ用アイテムとして金属製のグリルプレート溶岩プレートも販売されていて、肉や野菜をさらにおいしく食べることができそうです。

まとめ

掃除が大変そうかと思うのですが、アイテム自体は、網+輻射版+下皿にわかれて、脂がひどくないものであれば簡単に洗い流せるので、かなりお手軽ですよ。

釣りや料理好きの友達にプレゼントするのにもぴったりですよ。

みなさんもお試しになってはいかがでしょうか。

<お知らせ>
☀【釣り具半額】楽天スーパーセール開催中!6/11・1:59まで
☀Amazonタイムセール開催中!アウトドア商品がお得

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

ORETSURI編集部

ORETSURI編集部です。釣りについての記事をできるだけわかりやすくお伝えしていきます。