489 PV

この記事は約4分で読めます。

真夏の毒魚釣行記@城ケ島岸壁|くま日記

どうも、さいたまのくまです

今更ながら8月に城ケ島岸壁に釣りにいった話です。

スポンサーリンク

真夏の城ケ島岸壁へ

夏バテでなかなか釣りにいこうと思いながらも、クーラーキンキンの部屋に引きこもってました。

でも、久しぶりにフカセ釣りしたいなと。

私の地元埼玉から電車とバスで2時間ちょい、神奈川県城ヶ島岸壁にやってきました。

ここに来るのは実に1年ぶりです。

昔ここで、夏はフカセ釣り、冬は投げ釣りをやってました。

この日は平日にも関わらず結構人がはいってます。といっても、城ケ島岸壁って三崎港側と同じぐらい混むんですよね。トイレ、自販機、釣具屋は近くにあり便利だからなのかもしれません。

早速釣っていきます。

まず投げ釣りの置き竿です。シーバスロッドに青いイソメをつけてをぶっこんでおきます。

次にメインのフカセ釣りです。

コマセはヒロキューのグレテン。付け餌は生イキくんMです。

竿はシマノの5.4m2号磯竿、針はアジ針5号でいきます。

コマセを撒いてみると、早速チビウミタナゴやシマダイベイビーが岸際からうじゃうじゃと湧いてきます。

これでは生イキくんが即死なので遠目になげてオモリ負荷を1号にしてやっていきます。

コマセをうって仕掛けをいれて待っていると、ウキがすーーーっと沈んでいきました!

すかさずアワセ!

スポンッ空振りです。

2投目でもアタリが!

スポンっまた空振り。

3投目は沈んでから何テンポかおいてアワセ!

スポンッ空振り三振です。

何が食ってるのか気になりますので。とりあえず正体が知りたいです。

次こそ!即合わせ!

お、掛りました!

一気に走ってギンギンドラグが出ていきますこれは大物!!

期待が高まる中……

!!!

この茶色い体!!

でました、城ヶ島の刺客アイゴ氏です。

三浦半島の南側全域ですがアイゴが多いんですよねー。

毒ヒレをピンと張って上がってきました。

針を外す時にうっかり刺されたらとてつもなく痛いです。魚を足で抑えて慎重に外してリリースです。

アイゴは腹わたをきれいにとりだして血抜きをすれば美味しいのですが、そうしないととても臭いです(わかりやすく言うと小便の匂いがします)

ここの海は、こんな感じで至るところに貴殿たちが待ち構えてている状態。

スポンサーリンク

毒魚しかいないのか?

コマセをバカ撒きして本命たちを寄せる作戦で行こうとおもいます。

さあこれで青物やグレが寄ってきて落とせば釣れるだろうはははは!!

…が、

撒けば撒くほど茶色いやつらが次から次へと現れるではありませんか!!

これはフカセ釣りは駄目そうです…

すこしの期待を胸に投げ竿を上げてみることに

……

なにかいるような重さこれはピンギスかメゴチか!

にしては軽い

……

!!!

丸い物体、丸い物体、赤いちっちゃいの

あーーこれはこれはクサフグにハオコゼですねー。毒魚が勢揃いです

これには空いた口が塞がりません。

無心で針を外してリリースです。

ハオコゼもヒレに毒があるので注意です。以前に背びれ以外は大丈夫だろうと油断して掴んだら腹ビレに刺されて痛い思いをしたことがあります。ちなみにアイゴもハオコゼも、刺されたら50℃近くのお湯につければ痛みが和らぎますよ。

とりあえず切り替えてもう一投してゆーーーーっくり巻いていきます。

しかしアタリもなく…

駄目か…と引き上げたら…

!!!!!!

ハオコゼ3兄弟です。

もうなんとも言えません。さっさとリリースです

こうなったら持ち帰りは諦めて、全力で楽しみに行く方針に変更です。

さあアイゴを釣るぞということで、針をスレ針に変えてサイトフカセです。

コマセを撒いて針に掛ければドラグを鳴らして真下に突っ込む……

楽しいです。スレ針なので釣れてハリスを振れば勝手に落ちるので安心です。

この作業を繰り返し、20匹くらい釣って飽きてきました。

待てと待てども美味しい魚は現れることなく暑さもピークに達した14時撤収です。

以上……

…諦めの悪い釣り人はこれでは終わらない

途中の三崎港の北条湾で何かお土産の魚を釣ってやろうということで、川の流れ込みで必殺ボラ掛け!!をしてやろうとちょっとやってみるも…ボラはおらず肩を落として完全に納竿です。

三浦半島リベンジをいつか行おうと思います。それでは皆様ごきげんよう〜

スポンサーリンク

■アングラー

さいたまのくま
YouTubeでも埼玉・東京・神奈川の動画をUPしてます!
 さいたまフィッシングch

関連記事

【毒魚】あなたもいつか出会うハズ!海釣りで注意したい18種類の魚介類を解説!

2016.11.21

ORETSURIフィールドレポーターについて

日本全国のフィールドレポータ―をチェックしてみよう!

ORETSURI フィールドレポーターの寄稿記事一覧はこちら!

フィールドレポーターへの応募はこちら!

<お知らせ>
ORETSURIに寄稿してみませんか?
ORETSURI読者の集い『釣りトーク』
らっしゃい!ORETSURI釣具店営業中
Amazonプライムで釣具のお急ぎ便無料

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!