7,479 PV

この記事は約6分で読めます。

メタルマルの使い方と釣れる魚を解説!28gはネット通販購入がオススメかも

メタルマル28g

ショアジギングや、ボートでのカマスなど五目狙いをする人にとってメタルマルはもう必携アイテムかなと思っています。

メタルマル28g

こちらメタルマル28g。

一見エギような形でありつつも、樹脂製ではなく金属製。リアフックがダブルフックなのとコロラドブレード付きなのが特徴です。

メタルマルは、ソルトルアーを多くリリースしているブリーデンの超人気ルアーで、キャッチコピーは「魚種限定解除」なんですよね。

「魚種限定解除」というだけあって、もうなんでも釣れます。これ、ほんと。

使い方によってメタルジグのように表層から底まで狙えつつ、コロラドブレードのフラッシングが日中でも魚を引き寄せます。

ショアやボートからルアー釣りをするときに、1投目何を投げるか。

わたしの場合は、だいたいメタルマルです。

ソルトアングラー諸氏のなかにも同じ選択肢をとる方が多いんじゃないでしょうか。

今回はメタルマルについて解説していきます。

スポンサーリンク

ぶっとぶ飛距離とアピール力!

サーフでも堤防でもボートでもよいのですが、最初はパイロットルアーとして、広く海の状況確認したいですよね。

メタルマルは金属製ボディということもあり、メタルジグと同等に飛距離が出ます。

さらにブレードがついているので、広く魚にPRでき、ファーストバイトを誘いやすいと思います。

スポンサーリンク

表層からボトムまで!

メタルマルは、メタルジグ+エギ+スピンテールという構成ということもあり、表層からボトムまで幅広く誘いやすいルアーです。

なれない釣り場の場合、はじめに着底までのカウントをとり、そのカウント内で、広く探っていくとよいでしょう。

たとえば、キャストして一定の速度で数えたとき10秒で着底するようであれば、5秒で中層、2秒で表層付近というように釣っていきます。

スポンサーリンク

メタルマルの釣り方

ただ巻

ルアーフィッシングをすると、なんでもすぐにアクションをつけたがってしまいますが、意外とただ巻も釣れます。

激しいアクションほど、魚のスレが速くなるので、まずはただ巻でスピードの強弱をつけてみるとよいでしょう。

メタルマルであれば、ただ巻でもテールが対象魚にアピールします。

短めのジャークを繰り返す

夏から秋など、明らかにフィッシュイーターが接岸して海面がざわついているようなときは、ワンキャスト、ワンバイトも狙うことができます。この場合、短めのピッチでジャークしてみるとよいです。サバやワカシあたりはこれでリアクションバイトしてきます。

フォールで狙う

エギ同様、フォールで魚を食わせる釣り方もあります。中層付近を泳ぐ回遊魚だけでなく、ボトム付近のメバル・カサゴ・ハタなどの根魚にはフォールで喰わせるとよいでしょう。フォール主体の場合は、軽めのものをつかうとよいですね。

メタルマルで釣れる魚

サバを釣った

魚種限定解除ということで、青物から根魚まで様々なものが釣れます。

フィッシュイーター以外でも釣れますよ。

ショウサイフグを釣った

個人的に釣ったことがあるのは、イナダやサバなどの青物や根魚、あとショウサイフグ(スレがかりですが。。。)なども釣れたことがあります。

メタルマルの種類

カラーは15種 。重さは、13g、19g、28gがあります。

アジングやメバリングでやや沖目に遠投して狙う場合は13g。ライトショアジギングとしてロングキャストしたい場合は28gを選べばよいと思います。

何を狙うかや、水深、天候などによって重量やカラーは変わってきますね。

個人的には、ライトショアジギングが多いので28gと19g(ややフォールスピードを落としたい場合)を愛用しています。

リアル店舗では、比較的28gは品薄な気がします。というか、量販店でも売っていないのですが、Amazonなどのネット販売であれば、さほど売価の変動なく購入することができますのでよかったらチェックしてみるとよいでしょう。

替えフック&ブレードについて

メタルマルの特徴はリアフックのダブルフックとコロラドブレードなのですが、これがダブルフックだからこそフッキングもよいなと感じています。

使いづづけると、フックの針先が甘くなったり、ブレードのメッキが曇りはじめるので、専用の替えフック&ブレードを買うとよいでしょう。ちなみにブレードのカラーはシルバーとゴールドがあります。

シングルフックチューンについて

根魚を狙う場合、当然ボトム狙いになるわけですが、根がかりによるロストの可能性も増えてきます。こうした場所を狙う場合は、あらかじめシングルフックチューンをしておくと、根がかりの可能性を低減することができます。アイ部分がタテとヨコがあります。

メタルマルにはエギングやライトショアジギタックルが向いている

森戸海岸 ショアジギング

メタルマルをキャストするときは、エギングロッドやシーバスロッド・ライトショアジギングロッドがよいと思います。

アジングやメバリングロッドの場合は、13gのメタルマルを選択しつつ、その重量に耐え得るロッドとラインを用意しましょう。無理をするとロッドの破損や高切れによるルアーロストで悲しい思いをしてしまいます。

キャストの仕方もルアーの重さの反動を利用するのではなく、できるだけロッドに負荷をかけない投げ方を工夫するとトラブルもすくないでしょう。

人気のメタルマルはネットだと買えるかも

メタルマルは大人気で品薄状態が続いています。大手ショップでも28gはほとんど売られているのを見たことがありません。もし販売されていても、ほしいカラーが売り切れていたり。

今後生産体制も変わるのかもしれませんが、お近くのショップで見当たらない場合、現状はAmazonなどのネット経由で購入するとよいでしょう。

<お知らせ>
ORETSURIに寄稿してみませんか?
ORETSURI読者の集い『釣りトーク』
らっしゃい!ORETSURI釣具店営業中
Amazonプライムで釣具のお急ぎ便無料

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!