この記事は約5分で読めます。

漫画「銛ガール」作者・岩国ひろひとが語る!魅惑の水中世界~クロダイ編~

銛ガール

ORETSURIをご覧の皆様こんにちは。漫画家の岩国ひろひとと申します。

このたびは拙著『銛ガール』第1巻の発売を記念して、コラムを書かせていただくことになりました。

そこで『銛ガール』の題材である「魚突き」という趣味を紹介したいと思います。
釣りとは一味違った、魚との勝負の世界をぜひ知っていただければ幸いです。

スポンサーリンク

魚突きとは?

「魚突き」と聞いて、おそらく真っ先にイメージされるのは、テレビで某芸人が「獲ったどー!」と、やっているアレだと思います。

海の中に直接潜り、ゴムによって手銛を飛ばして魚に突き刺す……。やることはとてもシンプルですが、なかなかどうして、一筋縄ではいかないものです。

そもそも海は人間の世界ではありません。どんどん体温が奪われ、潮には流されますし、何より水中では息ができません。海に牙を剥かれたら、人間はすぐに死んでしまいます。

そんな海の猛威を、装備と知識と自制心で回避しつつ、海の住人である魚たちを仕留めたときは、えもいわれぬ高揚感を味わうことができます。

それはもう、一度味わってしまうと忘れられないほどの…。

スポンサーリンク

魚突きの特徴。釣りとの違い

釣りとの最も大きな違いは、海中を直接見ることができる点でしょう。

海中の地形を見れば、魚が潜んでいそうかどうかが判別できます。

魚の通り道「魚道」を見つけたならば、どれほどポテンシャルのあるポイントであるかも、おおよそ予測できます。ですから、たまに釣りをしているときは「ここはどんな地形なんだろう?潜って見てみたていな」などと思ってしまいます。

魚がいそうにない「砂漠地形」は釣りだと判断しにくい

また、見えるからこそ海の透明度はとても重要です。

同じポイントでも、天候の影響で透明度は大きく変わります。台風が過ぎたあとなんかは、1週間は濁りが晴れません。

視界が悪いと突果(釣果ではありません!)は落ちそうに感じられますが……、意外とそうでもありません。というのも、濁っているときは”魚の視界も悪くなるから”なんです。

魚も人間も、お互い気づいていないものだから「鉢合わせ」なんてこともあります。海の中と言えど、魚も人間と同じものを見ていて、驚いたり慌てたりするんだな、と親近感を抱いていてしまいます。

「銛ガール 第5突き:バディ」より、夏子とチヌが「あっ」と鉢合わせする場面

また当然ながら、装備は釣りとは全く違います。先述のとおり、海の中は危険がいっぱいです。そんな中で長時間活動するのですから、相応の装備が必要です。

 

「銛ガール 第3突き:クロダイ」より装備の説明シーン

基本的にはスキューバダイビングに近い装備ですが、空気のタンクを背負うことはありません。ですから、息が続くかどうかは、突き師にとって重要な要素です。

スポンサーリンク

釣り人が知らない、水中でのクロダイの様子とは

突きと釣りの大まかな違いはご理解いただけたかと思います。

それでは魚とのやり取りについてはどうでしょう。

ひとつ釣り人にとっても人気の高い魚である「クロダイ(チヌ)」を例にとって、水中での様子を紹介します。

一般的にクロダイは臆病だといわれていますが、水中ではどのようにふるまっているのでしょうか。

実際に水中でやり取りしてみると、クロダイはまさしく臆病な魚です。

クロダイのビビりっぷり、逃げっぷりときたら、水中でやり取りしてみるとウンザリさせられるほどです。

魚突きにおける難しさは、石鯛以上ではないでしょうか。(石鯛は逆に呑気なところがあります)

そのくせ食い意地がはっているのか好奇心は旺盛で、何かあると寄ってきます。海中の石をひっくり返て砂埃を立てていると、いつの間にか背後をウロウロしているときもありました。

「銛ガール 第5突き:バディ」より、クロダイが砂煙の中をキョロキョロしている場面

黒鯛を突く際は、射程距離が長く、スピードの速い銛でない限り、泳いでいる個体に命中させることは難しいです(少なくとも筆者は)。

むしろいったん岩に隠れさせて、もう一度顔を出すところを待ち伏せして獲ることが多いです。

どの魚ものんびりと泳いでいるときは、背びれを畳み、胸ビレや腹ビレを優雅にゆらめかせています。しかし突いた瞬間、口を「アッ!」と開け、背ビレも全開させます。

クロダイの背びれの棘には注意!

黒鯛もその例にもれず、あの立派な背ビレを立たせてくるので、捕獲するときは注意しないと色々なところに刺さって痛いです。

突いた魚を食べるときの感覚

突いた魚を食べるときは、また特別な気持ちになります。

なにしろ水中で生活している姿を見て、性格を把握して動きを読み、死ぬところまで観察しているのですから、もう他人とは思えません。

黒鯛の身をかみしめると、「あのスピードを生み出す筋肉がこれか……。さすがに締まっているな」と感慨にふけり、特別な味に感じられます。

それは「食べ物」であると同時に「相手」だからです。

「銛ガール 第5突き:バディ」の食事シーン

魚突きならではの魅力を伝えたい

魚突きは釣りに比べると、効率の悪い魚の獲り方かもしれません。

それでも、魚一匹一匹に対する思い入れ、自然に対する畏敬の念が特別強くなるのは、魚突きならではの魅力だと思います。

こんな魚突きの魅力を描いた拙著『銛ガール』第1巻を、ぜひご覧ください。

寄稿者

岩国ひろひと(@fPma6rdSo0Gz1Jx

関連アイテム

<お知らせ>
☀【釣り具半額】楽天スーパーセール開催中!6/11・1:59まで
☀Amazonタイムセール開催中!アウトドア商品がお得

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!