53,413 views

この記事は約11分で読めます。

多摩川のガス橋でテナガエビ釣りをしてきた|テナガエビの釣り方・ポイント・食べ方講座

多摩川のガス橋 手長海老釣り

都市河川多摩川の四季。これはおもしろいんですよね。奥多摩湖から東京と神奈川をながれて、途中水道用水として大半が取水されて、中流域以降のながれはほとんどが下水の再処理水によるものだそうです。そこに、いろいろな生命がはぐくまれ、季節によってその種類が変わるんですよ。

ということで、この日は夕まずめに、テナガエビとウナギをねらってガス橋のほとりにきてみました。

ORETSURIでは、ウナギ釣りの記事をよく書いていますが、ウナギは、東京は荒川・江戸川・隅田川・多摩川、神奈川なら鶴見川・相模川でも、まーどこでも釣れます。乱獲しない程度であれば、みなさん釣りをしてみたほうがさらに都市河川が身近に愛おしく見えてくるのではないかなと思います。

いつも思うのですが、ものごとに蓋をして他人事とするよりは、実際に近くに歩み寄って体験したほうが本質が見える気がします。ドブ川も、臭いからとしてコンクリートの蓋をして地中に葬るよりは、オープンにしてヘドロをとり水質を改善したりすれば、みえてくるものがあるではないでしょうか。ちょっと言葉足らずですが、このあたりはまたおいおい話していきたいと思います。

多摩川のガス橋について

多摩川にはいくつも橋がかかっていますが、このガス橋は神奈川県川崎側の平間と東京側の下丸子あたりをつないでいます。東京側はうっそうとしているので、川崎側のほうが釣りをしやすいかと思います。

川崎側の場合、JR南武線の平間駅が最寄りです。駅から500メートルくらいで着きます。途中セブンイレブンやまいばすけっとがあるので、電車で向かう人は物資を調達しておいたほうがよいでしょう。多摩川の近くに商店はありませんのでね。トイレは、東京側にわたると交番があり、その手前に公衆トイレがあります。公衆トイレ嫌いの方は、平間側のコンビニにお世話になったほうがいいかもしれませんね。

これがガス橋なのですが、橋のわきにガス管があって東京ガスの鶴見製造所で製造されたガスを東京側に送るという目的でつくられたようですね。むかって奥側が東京なのですが、キヤノン本社があるので川崎側に住んでガス橋を歩いて渡るという方が多くみられます。

スポンサーリンク

多摩川のガス橋のほとりの様子

これがガス橋上流側。潮の干満の影響をうけます。このときは上げ潮でした。足場はあまりよくないので、子供ちゃんとくるときはそばにいて十分注意したほうがよいですよ。とはいっても、岸近くは浅いので足をとられることはなさそうですが、容易に足ぼちゃしますよ。

これがガス橋下流。このように朽ちた杭と規則的なコンクリートの基礎が続きます。

<お知らせ>
🎣あなたもORETSURIに寄稿してみませんか?
☕ORETSURI読者の集い『釣りトーク』をFacebookでチェック!
☀Amazonプライムで、無料お急ぎ便+映画・TV番組が見放題、100万曲以上が聴き放題-PR

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!

シェアでみんなに伝えよう!

 

ABOUTこの記事をかいた人

ORETSURI編集長。釣り歴30年ぐらい。いつの間にか釣りメディアをはじめていたもので人生不思議だなーと思っている今日この頃。口癖は、「釣りはいいよねー」