この記事は約10分で読めます。

駆け引きと「ビビビッ!」の魅力。初心者向けテナガエビ釣り方マニュアル

テナガエビ

日本各地で簡単に釣れるテナガエビ。大物釣りとはことなる独特の駆け引きがたまらない初心者からマニアまで人気の釣りです。今回はこれからチャレンジする方向けにテナガエビの生態や釣り方などを詳しく解説します。

スポンサーリンク

テナガエビの生態・釣れる場所・釣れるタイミング

生息地域

多摩川大橋でテナガエビ釣り

テナガエビは河川の下流域で潮の干満の影響を受けるエリアに多い

テナガエビは厳密にいうと複数の種類にわかれます。

関東で釣れる種類は以下の通り。

  • テナガエビ(一番ポピュラーな種類)
  • ミナミテナガエビ(テナガエビより大型になる)
  • ヒラテナガエビ(爪が平ら。比較的上流域に生息。あまり数は多くない)

テナガエビは止水域にも生息していますが、降海型の個体のほうが大きくなりがちで個体数も多いといえます。初めて狙う場合は河川の汽水域から中流域までを中心に釣り歩くとよいでしょう。

5月~8月がシーズン。6月7月の梅雨時が最も釣れる

テナガエビは梅雨時に産卵をむかえるため浅場に多くの個体が接岸します。

この釣りは振り出し竿で繊細なアタリを楽しむことが多く、岸際を狙って釣れる6月7月がもっともチャレンジしやすいといえます。

テナガエビは暗いところが好き(日陰と障害物を狙おう)

テナガエビは基本的に夜行性で、夜になると住処をはなれて活発に行動します。このため浅場の夜釣りではテナガエビの見釣りも可能です。

日中の場合、晴れより曇りのほうがよく釣れ、朝まずめ夕まずめには活性が高いといえます。また、雨後の適度な濁りや潮が動いている状態で活性があがりやすいと覚えておきましょう。

雨後や潮が動いている状態は餌が流れてきやすいわけです。

スポンサーリンク

テナガエビ釣りの道具・餌

振り出し竿に市販仕掛けでOK

多摩川六郷テトラでテナガエビ釣り

ヘラ竿や渓流竿の穂先を1.5mほど抜いて使うのもオススメ

テナガエビ釣りはリール竿より振り出し竿が適しています。淡水の小物竿のなかでもタナゴ竿はとくにテナガエビ釣りにも使いやすいと覚えておきましょう。

初めての場合、仕掛けはテナガエビ釣り用の市販仕掛けが便利です。どれも穂先に結ぶだけで簡単につかえます。障害物際を狙うためハリやハリスの消耗も多い釣りなので、余分に用意しておくとよいでしょう。

<ピックアップアイテム>

餌はアカムシ・ミミズ・サシなどの活餌がベスト。冷蔵庫の余りものでもOK

釣り餌 赤虫

テナガエビ釣りの特餌「アカムシ」余ったものは水道水につけておくと冷蔵庫で1週間程度もつ

テナガエビが好むエサは動物性のものです。一般的に使われているエサは以下の通り。

  • アカムシ
  • キジ(ミミズ)
  • サシ(ウジ)
  • 魚肉ソーセージ、竹輪、カマボコ
  • 豚バラ肉、豚レバー(米粒大にカットする)

基本的にどれも米粒程度つけて釣る釣りなので、それほど多くの量はいりません。

アカムシ、キジ、サシなどがもっとも釣れますが、キジはカットして使う必要があるので手返しはそのままチョンがけできるアカムシとサシがよいでしょう。

多摩川のガス橋 釣り 赤虫

アカムシの頭部側(黒い)にチョンがけ

活餌は初心者のうちは装着がむずかしいので、針にチョンがおすすめです。慣れてきたら通し刺しにすると針がかりの確率が高まります。

活餌はテナガエビにもっとも効果的ではあるのですが、釣具店で購入する必要があり保存がそれほど効かないというデメリットもあります。

そんなときに便利なのが、カマボコや豚バラ肉等です。これらは冷凍保存もできるので思い立った時に釣りにいけとても便利です。

豚バラ肉等は、釣り場で加工すると手指が汚れて手返しが悪くなります。あらかじめ自宅で必要な量をカッター等で米粒大に刻んで小型のプラ容器などにいれて持ち運ぶのがオススメです。

ただし、プラ容器は風で飛ばされやすいため、石やオモリなどをいれ蓋をしておくとよいでしょう。

あると便利な道具

ハリ外し用のピンセットや小型のプライヤー

テナガエビは基本的に泥抜きをして食べます。針がかりしたものを指で強引にとると弱りやすく泥抜き前に死んでしまうため、針はピンセットや小型のプライヤーで抜くとよいでしょう。

ハリの返しをあらかじめつぶしておくとさらに手返しがよくなります。

<ピックアップアイテム>

網付き水汲みバケツ

釣りあげたエビを生かしておくときに折りたたみができる水汲みバケツがあると便利です。網付きの場合は、エビをいれたまま水替えもできるので便利。

<ピックアップアイテム>

エアポンプと保冷剤

エビは数多く釣るとすぐに酸欠になって死んでしまいます。また晴天や夏場なども水温がすぐにあがって死んでしまうこともしばしば。このときエアレーションと小型の保冷剤があると便利です。

<ピックアップアイテム>

ダイワの友バッグが便利

東京羽田海老取川 ハゼ釣り ダイワの友バック

足場などの条件にもよりますが、ダイワからは発売されているアユの友釣り用の「友バッグ」は水につけておけるため水替えや酸素や温度変化の心配がありません。エビの出し入れも簡単です。

<ピックアップアイテム>

長靴(ニーブーツ)

干潮時を中心に長靴があると釣り場が広がるのでニーブーツをはいていくのもオススメです。

<ピックアップアイテム>

虫よけ

テナガエビ釣りのポイントは藪も近く蚊が多く生息していることがしばしばです。虫刺され対策はきちんとしておいた方がよいでしょう。

<ピックアップアイテム>

春・夏・秋の釣りに最適!ブユやヌカカを寄せ付けない手作りハッカースプレー

2017.07.17
スポンサーリンク

テナガエビを狙うための仕掛けの構成

多摩川テナガエビ釣り仕掛け

自作の場合はタナゴ用の極小ウキがおすすめ

はじめてのテナガエビ釣りをする場合は市販仕掛けを振り出し竿に装着すれば完了です。

基本的な構成は竿側から以下の通り

  1. 道糸(ナイロン1号程度)
  2. 小型の唐辛子ウキ(タナゴ用等)+ウキゴム
  3. サルカン
  4. ハリス+エビ針

※針の返しをあらかじめつぶしておくとエビが弱りにくく、小型の個体やメスをリリースするときにも安心

なれてきたら自作も楽しいのでやってみましょう。

テナガエビの釣り方

ウキ下の調整

まず重要なのがウキ下の調整です。オススメなのは、ウキが水面下に沈む程度に調整するセッティングです。ウキが完全に浮いているとエビが餌を引っ張ったときに抵抗感がでるため、ややしずめるように、ウキの位置やオモリの重さで調整しましょう。

オモリはかみつぶし錘ではなく、板オモリをつかうと微調整が簡単で道糸自体も痛みずらいと言えます。

投入

多摩川 テナガエビ テトラ

テトラであれば外側でなく内側がベスト

どの釣りでもそうですが、仕掛けをなげたり遠くを釣りたくなるものです。一方、テナガエビは岸際のエグレ、護岸の溝、杭周り、テトラの間などに生息しています。仕掛けは足元に落とすものと考えましょう。

干潮時などで水深が浅い場合は、テナガエビの生息有無が目でわかる場合もあります。エビも産卵行動のために特定の場所に群れていることがほとんどです。闇雲に釣るのではなく、エビを目視してから釣りをはじめるのも一つの手です。

アタリと合わせ

餌を底上に這わせ、水面(もしくは水面下)のウキをみていると、ぴょこぴょことアタリが出ます。

このときダボハゼ類(チチブ・ヌマチチブ)の場合はウキが一気に引き込まれます。

多摩川チチブ釣り

チチブ。揚げると美味しい魚

一方、本命テナガエビの場合は以下のようにアタリが出ます。

  1. ウキがぴょこぴょこ動く
  2. ウキが横に移動する
  3. ウキが止まって引き込まれる

1のようにウキが最初に動くのはテナガエビが餌や針をハサミでつかんで引き込んだ状態でまだ針がかりしていないことがほとんどです。

その後、2の動作で、エサを食べながら隠れ処へ移動するのですが、このときウキが横に移動します。小型の個体は泳ぎながら移動するので横移動が比較的速いこともしばしば。

3の状態ではテナガエビは巣穴で安心して餌を食べています。

ではどのタイミングで合わせるか。

これは3のタイミングまでまって竿先で聞き上げるのがもっとも確実な方法です。一方大型の個体がテトラの隙間に完全に入ってしまうとハリスが切れてしまうこともしばしば。

障害物の状況をみながら2のタイミングでごくゆっくり竿先をあげると、テナガエビがかかっているようであれば、ビビビビというエビ独特の引きを感じられるでしょう。

どの場合でも素早く強く合わせることは不要なので、そーっと竿先をあげる程度にしておきましょう。

抜き上げ

針がかりしたテナガエビは基本的に抜き上げてしまいましょう。一方、針の返しをつぶしている場合や大型の個体がかかった場合は小型の網を使うと確実です。

ウロハゼ

ウロハゼ。マハゼとは異なり梅雨時で大型の個体が釣れる

河川の下流ではまれにウロハゼやカワアナゴ、ウナギの幼魚なども釣れるのでこのとき網があると便利です。

釣ったあとの処理

釣りあげたテナガエビはピンセットなどをつかって丁寧にハリを外してバケツにいれて活かしておきましょう。水温や酸素量などに注意するのは前述の通りです。

あらかじめ密閉容器にミネラルウォーターやカルキ抜きをした水道水を持参すると釣りあげた傍から泥抜きをはじめることができます。

さらにテナガエビを釣るためのコツ

テナガエビは子供でもチャレンジできる簡単な釣りですが、人によって釣果の差が出る釣りでもあります。もっと釣りたい場合のコツを紹介します。

よい条件のときに有名ポイントを狙おう

テナガエビといえども、活性が高いときとそうでないときがあります。下流域でまったく潮が動いていない状態で釣りをしてもアタリがまったくでないこともしばしばです。

陽が出ているときよりは朝まずめ夕まずめを狙うとよいでしょう。どうしても日中のドピーカンのときに釣るときは、テトラ帯や葦際のエグレなど日影が多くできるエリアを狙いましょう。

またそもそもテナガエビがあまり生息していないところで釣りをしても数が伸びないので、最初は各河川の有名ポイントを狙うのも基本です。

▼多摩川で有名なテナガエビ釣りポイント。もっとも釣れるのは六郷橋上流付近です。

ここなら釣れる!多摩川のテナガエビ釣りポイント6か所を紹介

2018.05.09

▼荒川で有名なテナガエビ釣りポイント

荒川のテナガエビ釣りなら岩淵水門がオススメ!(釣り方・ポイント解説)【くま日記】

2018.04.26

釣れない場合は周辺に移動

人気ポイントを釣っていてアタリが出ない場合は近隣のテトラ帯や岸壁際を釣り歩くと状況がよい場所が見つかります。

虫エサなどを少量撒き餌に使う

穴釣りをしている際など、足元にアカムシなどをつぶして撒いてみると、どこにいたのかテトラをつたって多くのテナガエビが押し寄せてくることもあります。釣り歩く以外にコマセを撒いてみるのも一つの方法です。

水位が低いときや夜間は見釣りがオススメ

初夏の河川の下流部は透明度が高いとは言えないところがほとんどです。そのため満潮時は底上を這うテナガエビを目撃することができないまま釣りをすることになります。

一方、干潮時等で水位が低い場合や夜間は徘徊するテナガエビが目撃できるので目の前に餌をおくだけで狙いうちすることができます。夜間の釣りはライトを当てすぎると逃げてしまうので、光量が低いものをつかって釣るとよいでしょう。

<テナガエビが見えている例>

▼以下の写真のなかにテナガエビがいるので探してみましょう。基本的に見えているテナガエビは魚と違ってみんな釣ることが可能です。

テナガエビ テナガエビが隠れている様子 テナガエビが隠れている様子 隠れているテナガエビ

おすすめのテナガエビ料理

素揚げ

テナガエビ料理

テナガエビ料理で一番ポピュラーかつ美味しいのが素揚げ。水気をしっかりきったテナガエビを揚げるだけです。泥抜きもしくは胃袋をぬくことで雑味がない味が楽しめます。

鬼殻焼き

テナガエビの鬼殻焼き

大型のテナガエビが釣れたら、鬼殻焼きにするとインパクト大です。香ばしく素朴なあじで、素揚げよりさっぱり食べられます。日本酒のおつまみにするとしみじみくる味。

巨大テナガエビで鬼殻焼きをつくってみた

2019.06.09

トムヤムクン

釣り料理 サイマキのトムヤムクンうどん

テナガエビの頭部(エビ味噌)の出汁を生かしたトムヤムクンもオススメ。市販のトムヤムペーストや中華出汁を使えばだれでも最高のトムヤムクンができます。好みでココナッツミルクをつかうことでコクをだすとよいでしょう。夏場はやや濃い目のスープにして、うどんやラーメンを流水で冷やしてつけ麺にすると最高です!

エビチリ

テナガエビ料理

大型のテナガエビは食べ応えがあるので、エビチリするのもオススメ。素揚げにしたあと、市販のエビチリソースでかるく炒めるだけ。

多摩川で釣ったテナガエビをエビチリにしてみた

2017.05.23

関連アイテム

▼足場が高い場所、水深がある場所、子供と一緒の釣行などライフジャケットを着用すると安心です。

▼テナガエビ釣り関連の書籍

<お知らせ>
☀【釣り具半額】楽天スーパーセール開催中!6/11・1:59まで
☀Amazonタイムセール開催中!アウトドア商品がお得

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!