8,013 views

この記事は約16分で読めます。

東京湾で夏タチウオを爆釣したい!釣り方・タックル・裏技を解説

夏タチウオ

目次

タチウオについて

タチウオの顔

タチウオ科の魚で、釣り人からは「タチ」などと略して呼ばれることもある。全長1m以上の個体もいてメスのほうが大きくなる。サイズは長さだけでなく胴部分の太さでも表現され、とくに片手の指の幅で、指5本、指4本、指3本などと表現される。指5本サイズになるとメーターを超えることがほとんどで、食べてもかなり旨い。魚体が大きくなるほど脂ものって美味とされる。

名前の由来は太刀のような見た目から。または、立ち泳ぎする特徴からとも言われる。体表が銀色に光り輝くのは、銀粉状のグアニン色素で、模造真珠の材料にも使われている。

比較的暖い海を好み、北海道以南の分布していて東京湾や大阪湾では特に人気ターゲットである。スーパーに並ぶ際は、包切りにしたものが多く、基本的に生食ではなく加熱用として販売されている。鮮度が高いときは光り輝いているが、流通過程でグアニン色素が削げ落ち、だんだんと鉛色にくすんでいく。

鮮度落ちしやすい魚でもあり、惜しげもなく生食できるのは釣り人の特権でもある。

スポンサーリンク

東京湾でタチウオが釣れるシーズンは?

タチウオが人気ターゲットになっている地域の一つが東京湾だ。

東京湾では主に初夏から盛夏(7月8月)・秋・冬シーズン(10月以降)がタチウオのシーズンとされている。

年々釣り船が出船するシーズンが早まっているため、初夏からタチウオ専門で出船するところもあるが、毎年タチウオが盛り上がってくるのは7月あたりからだ。

夏のタチウオ(夏タチ)は浅場狙いメイン

タチウオ釣り 海

真夏のタチウオは、釣り人から「夏タチ」と呼ばれる。

このシーズンは千葉側富津岬沖・第二海堡周辺の浅場にタチウオが集結し、東京湾各地の遊漁船が数十艘集結し船団を形成する。隣の釣り船まで数メートルのところで釣りをすることもしばしばで、異なる釣り船に釣り仲間を発見して顔をほころばせることもある。

このときのタナは、水深約10メートルから海面までで、活性の高いタチウオは食い上げにより海面すれすれまで上がってくる。

浅場の釣りであるため、小型両軸リールをつけたライトタックル(オモリ40号前後)で簡単にチャレンジでき、手返しがよく、活性が高ければ一人で数十尾釣れることもある。

秋から冬にむけて深場へ移動

アマダイ釣り船

水温が低下しはじめると、タチウオのタナも深場に移り始める。このときのポイントは神奈川県側の観音崎・走水沖などの深場で、水深80メートルから100メートル程度が主戦場になる。

深場での釣りがメインになる秋冬のタチウオ釣りは、小型電動リールを利用することで手返しがよくなる。オモリの号数も80号~と重くなるためライトではなくノーマルタックルが主軸になる。

スポンサーリンク

東京湾の夏タチウオタックル(ロッド・リール・ライン)

ロッド

汎用ライトゲームロッドもしくは、タチウオ専用ロッドが用いられる。

穂先が柔らかく、タチウオの噛みつくようなバイトを弾かず、胴部分に腰がありしっかりとアワセが効く7:3調子の竿が良い。

穂先はグラスソリッドで、全体のパワーバランスがミディアムハードクラスのロッドを使うと、食い込みもよく大型のタチウオでものされることがなく、釣り人のペースで手返しよくシャクリとランディングを繰り返せる。

6:4調子の場合は、胴部分が柔らかいため、フッキングがうまく決まらず途中でタチウオがバレることもある。あまりにも先調子なロッドはバイトに敏感にはなるが、針がかりしづらく、エサが食いちぎられることが多くなる。

汎用ロッドのダイワライトゲームXシマノのライトゲームBBについては、同スペックにおいては、どの種類もシマノのライトゲームBBが、カーボン利用率は高いがやや割高。好みも含めて総合的に判断したい。筆者の推奨はシマノ・ライトゲームBB or SS。

いずれにせよ手持ちで誘い続ける釣りなので、できるだけ軽量でリールと合わせたときに持ち重りしないアイテムを選びたい。

リール

バルケッタ300HGの液晶

小型両軸リールか小型電動リールを用いるが、夏タチを主軸に考えた場合、カウンター付きの小型両軸リールが最適だ。

シーズン初期や秋以降は水深80~100m程度の場合もあり、一旦仕掛けを投入すると回収がかなり大変になる。小型両軸リールの場合は、手返しを考えてハイギアのものを選ぶとよい。(指4本以上の場合も問題なく巻き上げられる)

船釣りの基本として、PEラインのマーカーの色変化で水深を把握するということがあるが、初心者ほどここはデジタルにカウンターを頼りにしたほうが手返しよく成果を出しやすい。とくに浅場の場合はカウンターのずれも生じにくいため、積極的にカウンター付きリールを利用したい。

リールは夏場メインの釣りであればPE1号が150メートルまければ問題ない。

主要メーカーの小型両軸リールといえば、シマノのバルケッタシリーズダイワのライトゲームXが知られている。

チェックしたいポイントは以下の3点。

<コスト>
ライトゲームX(ICV 150H)バルケッタBB(300HG)バルケッタ(300HG)

<重量>
ライトゲームX (ICV 150H)265g バルケッタBB(300HG)220gバルケッタ(300HG)190g

<電池交換>
ライトゲームX(ICV 150H)=メーカ修理対応 < バルケッタシリーズ=ボタン電池でセルフメンテ可能

その他巻き心地や落下スピードの速さなどは、それぞれの主張があるが、デジタルに比較できる点では、コストをのぞけば、上記の通りシマノバルケッタシリーズが優っていると思う

ショップ店員A氏の話:スプール落下スピード性能はシマノが断然早い。比べればわかる
ショップ店員B氏の話:ギアなどの駆動部分の剛性は圧倒的にシマノが良い。船宿のレンタルリールを見ればほぼ、シマノの小船や幻風シリーズが選択されている

上記は参考情報だが、今のところ軽量で電池消耗時にセルフメンテできるバルケッタがオススメだ。

ちなみにバルケッタBBとバルケッタの違いは重量とカラーリングとドラグ力のみ。重さが30g変わると何が変わるのかというのはあるかと思うが手持ちで誘い続ける場合はより疲れにくいという点はある。この軽さはカワハギロッド等さらに軽めのロッドと組み合わせると顕著に出てくる。

ライン

船釣り用のマーカーで色分けされたPEラインを用いる。

潮受けしにくい1号前後がオススメ。2号以下と指定している船宿がほとんどだ。他の釣り人とオマツリをした際に、細すぎる場合、高切れしやすいため1号でよいと思う。

とりたてて特殊なラインは不要で、主要メーカーのPEラインであればどんなものでもよいだろう。

タチウオの場合は、魚の引きや重量で高切れすることはほとんどなく、オマツリした際のPEライン同士の摩擦や、自分や他の釣り客が釣ったタチウオに噛み切られるところにある。タチウオの噛まれる際は、2号でも1号でも切れるときは切れるので、あまり重要視しなくてもよいだろう。

スポンサーリンク

東京湾のタチウオ仕掛け

東京湾では天秤×1本針で切り身が主流

タチウオのエサ釣りには、関西を中心にテンヤをつかった釣りがあるが、東京湾ではほとんどの船宿で天秤+一本針で切り身をつけることが基本だ。テンヤやルアーをつかった釣り方については事前に船長に許可を得ておく必要がある。

天秤は湾曲しているものよりストレートタイプが餌を動かしやすく、形状記憶合金を利用したアイテムはより自然に餌を動かすことができ、食い込みもよい。

1本針でハリスのガードなし、フロロ5号がオススメ

市販の仕掛けは2本針も販売されているが、オマツリする可能性がでるのと、仕掛けがらみが多くなる。またタチウオによる違和感もあるとおもわれ、基本的には1本針をオススメする。

また市販品は、夜光パイプや透明パイプでチモトをガードしているが、フロロカーボンハリス5号程度でガードなしで自作したほうが明らかに食いがよい。浅場のタチウオは仕掛けの違和感をしっかり認識しているのかもしれない。

ガードなしで実釣した場合、バイトがあるごとにハリスを確認して、些細な傷でもかならず痛んだ部分をカットして結び変えるとよい。ハリス1.5メートルで組んだ仕掛を切り詰めていって1.3メートルになるぐらいでは食いは落ちないようだ。

タチウオ針は鋭さとケンの個数・場所が重要

タチウオ専用の釣り針を使う。太軸と細軸があるが、それほど太くなくてもきちんとフッキングできていれば伸ばされることはほとんどない。

針には身餌のずれを軽減するケンがついているが、これが2個以上あり、チモト付近より針のふところ部分(湾曲箇所)に近いところにあるものが餌がずれにくいのでオススメ。

ガマカツのケン付タチウオST-Rは新開発のケンの設計で、胴部分にケンがあり餌もずれにくい

出典:http://www.gamakatsu.co.jp/client/product/showDetail?itemCode=68558

タチウオの釣り方

タチウオのエサ釣りは、エサを使ったルアー釣りと考えたほうがいい。積極的に餌を動かし誘うことでバイトを誘発できる。基本ステップは以下の通り。

  1. 船長のアナウンスをよく聞いて、指示ダナまで仕掛けをサミングしながら落下させる(夏場は水深15mから水面などがほとんど)
  2. タナに仕掛けが到着した後、5秒ほど潮になじませて天秤とハリスが絡まないようにする
  3. 竿の穂先を30~50センチほど下げながらリールを巻き、そこから水平になるまで30~50センチ程度しゃくる
  4. アタリがでるまで3を繰り返す
  5. タチウオの噛みつくようなアタリ、じゃれ合うようなアタリを感じた場合もそのまましゃくり続ける
  6. 誘い続けてタチウオの重みが穂先に乗ったところでしっかり合わせてポンピングせず等速で巻き上げる
  7. オモリが海面にでたら竿を引き寄せ、ハリスを手で持って一気に抜き上げる(チョイ置きホルダーライト等の
    竿置きがあると便利。)
  8. ワニグリップ太刀魚KOバサミなどでしっかり頭部付近をつかみ潮氷を満たしたクーラーへ入れて締める

タチウオの釣果をさらに増やすためのコツ

身エサはカットして整形し、まっすぐつける

身側に針がでるように縫い刺しする方法。その他背側に出す方法もある。

身餌であるサバやコノシロは水中で回転しないように、中心線を意識してしっかりと縫い刺しにするのが基本。餌付けが甘いと落とし込みとシャクリで餌がずれて、水中で回転してしまう。

左:配られたサバ餌 右:背側をハサミで切って整えたサバ餌

  1. 短冊の端をよく切れるハサミでカットし切りそろえる
  2. 中心線を意識して皮目側もしくは身側から針をぬいて、チモト部分にエサが出っ張らないようにで縫い刺しにする
  3. エサのチモト側がまっすぐになっていて、ケンによって身がしっかりとまっている状態を確認する
  4. 余りは長く残さず2~3cmほど残してカットする

※切れ味が悪いハサミの場合、身餌が崩れるので、シャープなハサミを用意しよう。

水深に応じたオモリとタックルを用意

まず重要なのは水深に応じたオモリとタックルを用意することだ。

今回は夏のタチウオ釣りという浅場の釣りをついて解説しているが、重すぎるオモリや固すぎる竿、柔らかすぎる竿、重いリールなどは釣果が伸びない原因となる。

また、だれがなんと言おうと自分のスタイルにあった信じられるタックルを事前にしっかりセッティングしておくことで最後まで集中して釣りをすることができる。

小型電動リールよりは小型両軸リールが有利

夏のタチウオ釣りでタナが20mより浅い場合は小型電動リールより軽量な手巻きリールに軍配が上がる。軽量であるので持ち疲れがないし、細かいシャクリが演出できて、より短いエサの移動距離でバイトを誘うことができる。

ハリスや仕掛けの工夫

市販の仕掛けはしばしばいろいろなデコレーションをされて販売されている。

これはもちろんメーカがいろいろと考えて作っているものだが、一旦、魚を釣るために本当に必要な構成要素はどんなものがあるのか考えてみてもよいかもしれない。

とくに、ビーズや夜光パイプなどの無駄な装飾は、浅場の釣りであれば不要なのかもしれない。ルアーもそうだが、どちらかといえば、視覚的に魚よりも釣り人が釣れるているだけのこともあるはず。

装飾品によって仕掛けのコストも増すし、魚の警戒心もあがることもあるおそれがある。タチウオの1本針仕掛けは構造がシンプルなので、自分が信じられる仕掛けを自作してみるとよいだろう。サルカンとハリスと信頼できるフックがあれば十分成り立つ。

<筆者の推奨仕掛け>
ケンがしっかりしている鋭いタチウオ針+フロロハリス5号~8号+スナップサルカンで、ハリスが少しでも痛めば針を交換するだけで釣りが継続できるので低コスト。

オモリは長いものでなく六角の小型がトラブルがすくない

天秤につけるオモリはいろいろな物があるが、浅場であれば夜光などでなくノーマルの六角オモリ40号前後でが良いと思う。長いオモリは、投入時やしゃくりのはずみでハリスが絡みやすいので避けたほうがよい。

極浅場の場合や潮が緩い場合はオモリを30号以下にしてもオマツリしないが、シャクリのリズムが狂う可能性がある。指定オモリを中心に状況をみて調整していくとよい。

フックが重要!

タチウオを釣るために極めて重要なポイントに餌のサバやコノシロの切り身がずれないという点がある。ケンの角度、場所を考えていくつかためしてみるとよい。

1本針で着実に釣るほうがいい

タチウオの仕掛けは枝針のある2本針と1本針がある。多くの船宿で1本針が推奨されているはず。オマツリと、タチウオが感じるだろう違和感を考えて、1本針で丁寧に海中をイメージして釣ったほうが本数を伸ばすことができる。

シャクリの幅・スピードを随時調整(釣れてる人に合わせる)

その日・その時によってタチウオが好むシャクリの幅やスピードは変わってくる。

はじめてのポイントでは50㎝程度の長めのシャクリで広く探り、アタリが出ない場合は短めのストロークや、リールの巻量でチャレンジしていくと釣果があがりやすい。

ときには、ほぼ餌を移動しないようなシャクリ(ブルブルシャクリ)にしかヒットしないこともある。

常に釣れている人(近隣の釣り船も含む)を注視しておき、そのポイントでその時に一番釣れるでろうシャクリをためそう。同じシャクリ方しかしていない人は大体釣果が伸びない。

アカクラゲや餌のズレに気づいたらすぐに交換

エサのメンテナンスには気をつかおう。バイトがあってもなくても、海面まで餌を巻き上げたら、都度エサが丸まっていないか、回転していないか、アカクラゲの触手がついていないかをチェックする。すこしでも違和感があれば新しいエサにつけ変えよう。どの船宿でもエサは船賃に込みのはずなので、惜しむことはない。

集中する場所・時間を意識する(釣れるときに手返しよく釣る)

タチウオのエサ釣りは、ジギング同様、1日中しゃくり続けるということもあり、かなり体力を消耗する。夏場の場合はこれに炎天下という条件が加わるためかなり疲労して、人によっては、一定時間経過後つかれてしまって適当にしゃくったりして集中力を失っている人もいる。

タチウオは群れで同じ海域にいるとはいえ、なかなかエサを食べないときもある。まわりの釣果に目を配りつつ、集中して釣るところに力をいれて、そうでないところは、食事や休憩などするのもよい。

シャクリ後のアタリに注意

竿をしゃくった後、ロッドを下げていき、リールでラインを巻き取っていく。このとき、竿を下げるスピードとリールの巻き取りがあっていないと糸ふけが出やすくなり、アタリがとりにくくなり、結果的に餌がのまれ、ハリス切れにつながりやすくなる。

天秤とハリスと餌の関係性を頭の中にいれ、ゆるやかにハリスがはっている状態を意識しておくとよい。

タチウオ釣りで注意したいこと

タックルは保険用に2セット持ち込むのがオススメ

タチウオの釣りでおきるのは、PEラインが高切れするのとリールのトラブル等で釣りが続行できなくなることだ。

PEラインは高切れを数度されても問題ない程度に巻いておくとともに、何らかのトラブル時にすぐに釣りが続行できるように、できればタックルを2セット用意しておくと安心ではある。

夏のタチウオでは問題ないが、秋以降の深場の釣りで2回ほど100メートル近く高切れするとバッターボックスに立てなくなってしまう。

混んでいる船内では、タックルがじゃまになるので、折りたたんで邪魔にならないところに置いておく。

釣れたタチウオの処理

素手でつかまない。針外しはプライヤーを使う

釣り上げたタチウオは、フィッシュグリップをつかんでつかむ。最近はタチウオ専用の鋏も人気で、つかむと同時に速殺することができるので、暴れて自分や他人をケガさせる可能性を低くすることができる。

またフックを素手でつかむと、ふとした拍子にタチウオのカミソリのような歯に触れてしまい指を怪我することもあるので積極的にプライヤーをつかうとよい。

夏~秋は釣ったタチウオをバケツに放置しない

夏から秋はバケツの水温もかなりあがる。血抜き等で釣ったタチウオをバケツに入れっぱなしにすると、すぐに痛んでしまう。釣れたらすぐにクーラーボックスへ。手際よくしまって、すぐに仕掛けを投入しよう。

最後に

今回ご紹介した内容を実践すれば、きっとタチウオを爆釣することができると思う。

もしできなかった場合で、回りが釣れている場合は、なぜ釣れなかったかを繰り返して、その仮説への対応策をもとに、次の釣りに挑戦していけばよいと思う。

夏のタチウオ釣りは、数も釣れるし、初心者にも向いている釣りだ。

軽めのライトタックルでさっくりと釣りあげよう。

関連記事

東京湾の堤防からタチウオを釣りたい!テンヤをつかった引き釣りを解説

2018.04.10

タチウオの習性(泳ぎ方・移動距離・バイト)を学んで釣りに活かそう!(動画)

2018.07.22
<お知らせ>
🎣ORETSURIに寄稿してみませんか?
🎣ORETSURI読者の集い『釣りトーク』をFacebookでチェック!
🎣らっしゃい!ORETSURI釣具店営業中
☀Amazonプライムで釣具のお急ぎ便無料+映画TV番組見放題+100万曲以上聴き放題-ad

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

平田 剛士

ORETSURI編集長。釣り歴30年ぐらい。いつの間にか釣りメディアをはじめていたもので人生不思議だなーと思っている今日この頃。 口癖は「釣りはいいよねー」