この記事は約6分で読めます。

そろそろ買いたいTYPE-A・桜マークのライフジャケット。オススメは「ブルーストーム(高階救命器具)」

ライフジャケットが膨らんだ状態

釣り船や手漕ぎボート釣りではライフジャケットが必須なわけですね。

とはいってもどの遊漁船・手漕ぎボート店でもライフジャケットは常備されていて無料でレンタルすることができます。

じゃあ、無料レンタルでいいんじゃないかと思うのですが、以下の点で、自分用のライフジャケットを用意するのがオススメです。

  • かさばらない
  • 暑くない
  • ニオイが気にならない
  • 玄人っぽくみえる
  • 単純にかっこいい

一つずつ説明していきます。

スポンサーリンク

マイライフジャケットは、かさばらない

船釣り ライフジャケット

船宿等に常備されているものの多くはエアーで膨らませるタイプではなく、発泡スチロールを中味としたジャケットタイプです。

緊急時には膨らませる必要もなく安全ではあるのですが、どうしてもかさばるんですよね。キャストなどが多かったり、すると動きにくかったりします。

その点、ウエストや肩掛けタイプのエア充填型のライフジャケットは軽量ですし、釣りをしている最中にライフジャケットの存在をさほど意識しないですむわけです。

スポンサーリンク

マイライフジャケットは、暑くない

タチウオ釣り

発泡スチロールタイプのライフジャケットは夏場につけていると、かなり暑いです。

その点、エア充填型のライフジャケットであれば身体を覆う部分が少ないのと通気性もよいので涼しいわけです。

スポンサーリンク

マイライフジャケットは、ニオイが気にならない

発泡スチロールタイプの無料のレンタルライフジャケットは、いろんな人が着けます。中には体臭が強い人もいますし、夏場などの汗がしみこんでいるものもあったり。

また、海水やコマセなどの汁がしみこんで加齢臭ともども異様な臭いになっているものもあったり。

釣りをしていて自分の身体から異臭がすると集中力がそがれるわけです。

船宿やボート店でも、回収したライフジャケットを洗ったりするのですが、どうしてもニオイはしみこんでいくんですよね。

その点、マイライフジャケットであれば、臭くっても自分のニオイですし、なにより自分が納得するまで外装を洗うことができるので衛生的に使うことができます。

におわないので、釣りをしている際に集中力も継続しやすいかなと。

マイライフジャケットは、玄人っぽくみえる

これは素人・釣り初心者っぽくみられたくないなーという方向けの視点なのですが、やっぱりはじめて合う釣り人を船宿の船長は道具や身なりや所作で判断するんですよね。

釣り人同士でも少なからそういった、隣の釣り人がどの程度の熟練度が知らず知らずのうちに判断していることがあるはずです。

そんなときに、マイライフジャケットを装備してると、なんとなく手馴れているなと思われます。その他のタックルも同じなんですけどね。

マイライフジャケットは、単純にかっこいい

ライフジャケットはそもそも釣り人の命を守るものですが、身体の外側にみにつけるということもあり、ファッション性にもつながるわけです。

身なりにあまり気を使わないのもそれはそれで自由ではありますが、せっかく大手釣りメーカーやアウトドアファッションに身を固めているのであれば、ライフジャケットも色味を合わせたりして、かっこいいものを付けたほうが全体的に見栄えするなと。

船釣りはType-Aのライフジャケットが必須

船釣りの場合は、Type-Aという国土交通省の認証モデル(桜マーク付き)を身に着ける必要があります。

世界にはいろいろな安全基準がありますが、国内ではこれがルールです。

この桜マークというのは、ライフジャケットの内部に押印されているので、たとえば実際に海上保安庁が釣り船に臨検した場合も、ライフジャケットの内部をチェックしないとType-Aかどうかはわかりません。

一方、そういった次元よりも、きちんと検査されているものをつかって安全に釣りを楽しんだほうがよいなーとは思います。

Type-A(桜マーク)のライフジャケットの種類

広く市販されているType-A(桜マーク)のライフジャケットについて説明します。

Type-Aで桜マークのついていないライフジャケットをお持ちの人は、買い換えの費用がかかりますが、以前から持っているものも堤防釣りなどでつかえば無駄になりません。

<ライフジャケットの種類>

  • 肩掛けタイプとウエストタイプ(腰巻・ポシェット)
  • 手動膨張と自動膨張の違い

ライフジャケットの種類は大きくわけて上記の通り。

万が一落水した水中でより安定するのは肩掛けタイプで、よりかさばらないのがウエストタイプと覚えておきましょう。

 腰に巻くタイプは気を付けないと腰が浮かされ顔が水面に浸かる場合があります。実際1人の方を拾い上げたことがありますが、聞いたところ船座取りのため早めに船に来て、荷物を置いて車に戻ろうとしたところ、霜で滑って海中転落、自動膨張で開いたが腰だけ浮かされ顔が水面に!もがきながら手を伸ばしたところ船の舫ずなになんとか手が届きしがみついてたらしいです。着用方法ちゃんとしないと危ないかも。
肩がけの方が間違いないような気もします

こちらは、ORETSURI読者の方からのエピソードなのですが、実際に落水したときはやはり腰巻きよりは肩がけのほうが身体が安定するようです。泳ぎが苦手だったりする場合は腰巻じゃないほうがよさそうですね。

また、シーンにもよりますが、自動膨張のライフジャケットは安全度が手動膨張タイプより高いのですが、大雨などによって意図しないときに膨張してしまうときもあるので注意です。

▼こちらはORETSURIにたまに記事を寄稿していることもあるカワハギ釣りのなかけん氏の被害です。自動膨張はこういったことも。ネタ的にはいいですがね。

いずれにせよ、どれが正解というのはないので、自分の利用シーンや好みにあったものを購入しましょう。

オススメのライフジャケットは高階救命器具(ブルーストーム)

Amazonで買うとカラーによって値段が違うライフジャケット

価格と性能を重視する場合は、他メーカーにOEM提供してい高階救命器具(ブルーストーム)のライフジャケットが比較的安価なのでオススメです。

ブルーストームのライフジャケットもスペックは大手釣り具メーカーのものと全く変わらないので、あとはロゴやカラーラインナップの好みです。

ダイワ好きはダイワ。

シマノ好きはシマノ。

と、選べばよいんだと思います。

実際のところ、どれも命を守るという中心性能に大差はありません。

その他メーカーからも、OEMアイテムが販売されているので、まず自分の好きなメーカーからライフジャケットが販売されているかチェックしてみるのもよいですね。

▼高階救命器具(ブルーストーム)筆者は今のところブルーストームの赤です。赤い彗星。

▼シマノ

▼ダイワ

▶ライフジャケットをAmazonでチェックしてみる

関連記事

【保存版】乗合船利用時に守りたい34の船釣りルール・マナー・慣習

2017.09.07
<お知らせ>
☀【釣り具半額】楽天スーパーセール開催中!6/11・1:59まで
☀Amazonタイムセール開催中!アウトドア商品がお得

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

ORETSURI編集部

ORETSURI編集部です。釣りについての記事をできるだけわかりやすくお伝えしていきます。