この記事は約2分で読めます。

平成30年の食中毒発生最多は「アニサキス」厚生労働省情報

アニサキス イラスト(いらすとやさん)

2019年3月13日に、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会(食品衛生分科会食中毒部会)で平成30年の食中毒発等についてのデータが発表されました。

平成30年度の食中毒報告件数の最多は「アニサキス(アニサキス症)」。

出典:厚生労働省

同年度の全食中毒報告件数は1,330件で、主なカテゴリは以下の通り。

  • 細菌(ボツリヌス菌・カンピロバクター等)
  • ウィルス(ノロウィルス等)
  • 寄生虫(アニサキス)
  • 化学物質
  • 自然毒(植物性・毒物性)

このうち、アニサキスが原因の食中毒の報告は468件で全体の35.2%。アニサキスは人同士で広く感染していくものではないので、患者数では感染力の強いノロウイルスやカンピロバクターを大きく下回っています。

▼平成25年(2013年)~平成29年(2017年)までの発生月別のアニサキスによる食中毒事件数と患者数

アニサキスは事件数は平成29年、平成30年と増加

▼平成25年(2013年)~平成29年(2017年)までの発生月別のクドアによる食中毒事件数と患者数

ヒラメなどが原因となるクドアの事件数は平成29年にやや減少し、平成30年は横ばい。

出典:厚生労働省

ヒラメに寄生する謎の寄生虫クドアについて

2016.12.25

※アニサキス症が増えてきているように感じられる理由として、2013年(平成25年)食中毒事件票にアニサキスやクドアなど寄生虫が追加記載され、個別に統計されるようになってきたことも下地としてあります。

スポンサーリンク

アニサキス症への対策

アニサキスについては胃アニサキス症・腸アニサキス症ともに様々な対応策が叫ばれています。

釣り人にとって、極めて身近な食中毒ですので、信頼できる科学的知見が整理されている食品安全委員会の「ファクトシート(アニサキス)」を一読しておきましょう。

スポンサーリンク

関連記事

【閲覧注意】海で釣った魚を料理していて遭遇した寄生虫8種を紹介!

2018.08.14
スポンサーリンク

関連アイテム

<お知らせ>
📖Kindleセール開催中!人気漫画や書籍が特別価格
☀Amazonタイムセール・アウトドア商品などがお得
🎣ORETSURIへの寄稿はこちらから

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!