この記事は約8分で読めます。

都市河川の身近な大物!「マルタ」ことマルタウグイの生態と釣り方を解説

マルタとカウントダウンラパラ

釣り人には「マルタ」との愛称でも呼ばれるマルタウグイは、コイ目コイ科ウグイ亜科に分類されている魚でウグイの一種です。ウグイの仲間では特に大型に育ち、最大で50cm1キロ以上に成長し、引き味も抜群のため釣りのターゲットとしても人気がでてきています。本記事ではマルタウグイの生態と釣り方を紹介します。

スポンサーリンク

マルタウグイの生態

マルタウグイのボイル

都市河川中流域でのマルタウグイのライズ

内湾で甲殻類・ゴカイ類・その他の動物性のエサを食べて成魚になったマルタウグイは、3月~4月にかけて河川を遡上し、中流域の瀬エリアで産卵をします。

河川によっては自然環境のほかに漁協職員等が産卵床を整備していることもあり、毎年決まったエリアで産卵行動が見られます。

3月中旬から4月上旬が遡上のピークで、降雨による河川の増水によって堰などを上っていきます。群れの入り具合によっては流域がマルタウグイだらけになり、そこら中でマルタの魚影やライズをみることができます。

産卵直前のマルタウグイは、瀬(川が浅くなっている場所)の下流にあるトロ場(やや深く流れがゆるやか)に定位し、産卵に備えています。

河川の中流域でマルタウグイを釣る場合はこの瀬で産卵行動に移っている個体群もしくはトロ場に定位している個体を狙って釣るのが一般的です。

シーズン初期ほど、下流で釣れやすく、汽水域等でバチ抜け(ゴカイ類の産卵行動)パターンにあるシーバスをシンキングペンシル等で狙っているとマルタウグイがかかることもしばしばです。

スポンサーリンク

マルタウグイとウグイの見分け方

マルタウグイの遡上と同時期に降海していたウグイも産卵のために遡上します。

釣りをしていると、判別がつきにくいので見分け方を覚えておきしょう。

マルタウグイ

マルタとカウントダウンラパラ

こちらはマルタウグイのオス。

婚姻色のオレンジ色の上側(背側)は黒い帯状の色合いです。オスは体が細長く、肛門部分から白い精液を出すので判別できます。

マルタウグイのメスの個体は腹部に卵をもっているため、腹部分がはっているのが特徴です。

ウグイ

ウグイ

こちらはウグイのメス。

マルタウグイと比較すると、全体的にサイズが小型(30cm前後が多い)で黒い帯状の模様を挟むようにオレンジ色の帯があります。

河川によっては漁業権がウグイのみに発生しているところもありますが、マルタウグイとウグイの釣りわけは不可能なので、遊漁権を購入して釣りを楽しむようにするとよいでしょう。

スポンサーリンク

都市河川に生息してるマルタウグイは独特の臭みがある

東京羽田海老取川 左上から、セイゴ、ウグイ?、ウロハゼ6匹、マハゼ7匹

ウグイ(左列上から2番目)もマルタウグイも小型のうちは揚げるなどして問題なく食べられるが・・・

もともとマルタウグイは食用にされていたものですが、都市河川で釣れる個体はほぼすべてが都市河川独特のニオイをもっているため食用には適しません。

個体のサイズと筋肉量の多さから淡白源としては理想的ではあるのですが、成魚になるまでに湾内のヘドロ地帯や工場温排水の流れ込みなどに好んで群れているため、筋肉内部まで臭気が染みついています。

牛乳でニオイを覆ったり、揚げたり、すりつぶして加工するなどの料理法が知られていますが、手間も多く、基本的にはキャッチ&リリースで、その引きの強さのみを楽しむ人がほとんどです。

食性は動物性の雑食のため、寄生虫などの存在も想定されるため刺身などの生食は自粛したほうがよいでしょう。

3月~4月中は各地でマルタウグイが釣りやすいタイミング

桜がキレイ

都市河川中流域の桜。マルタウグイは3月中旬から4月初旬がもっとも好機。

マルタウグイを狙って釣るために適したシーズンは3月~4月中です。東北地方など、やや気温・水温が低いエリアはやや後ろ倒しの傾向にあります。

3月に入り、雨がつづき川が増水するわけですが、桜が咲くシーズンに河川の中流域にいけば簡単に釣ることができるでしょう。

マルタウグイの釣り方

マルタウグイが釣れるポイントを探す

多摩川の爆釣テナガエビ釣りポイント

マルタウグイを効率的に釣る方法ですが、基本的にその河川で釣れる場所は決まっているので「多摩川 マルタ」・「多摩川 マルタウグイ」というようにネットで検索するとポイントがでてきます。

またシーズン中、群れが移動するため、釣り場であった釣り人とのコミュニケーションを密にするとボウズも少なくなるはずです。

たとえば、マルタウグイが大量に遡上する多摩川では、シーズン初期の3月上旬は河口域から汽水域。3月中旬から4月中が中流域でよく釣れます。

マルタウグイの釣り方

多摩川のトロ場を狙う

トロ場には産卵前のマルタウグイが定位している。エリアによってはナマズもよく釣れるポイント

河川の瀬を狙うかトロ場を狙うかで変わってきますが、ルアー釣りでもエサ釣りでもフライでも基本的には上流側にキャストして川底の上をルアーや餌がゆっくり移動する状況を演出しましょう。

下流にキャストしても釣れますが、スレがかかりが多くなるのでオススメできません。

  • ルアー:フローティングミノーよりはシンキングミノーやスプーンが効果的
  • エサ釣り:餌がしっかり沈む程度の錘をつけた動物性のエサ(鮭やマグロの切り身などオレンジ色・赤色の食品に反応がいい)
  • フライ:赤・オレンジ系のエッグ系フライであれば入れ食い

どの魚でもそうですが、魚がいない場所にキャストしても釣れません。マルタウグイを狙う場合も、水面に反応があるか、瀬で産卵行動をとっているかなどをチェックしてから釣りをしましょう。

マルタウグイを釣るためのタックル(ルアー)

多摩川マルタ釣りタックル

テレスコピックタイプ等のバス釣りのパックロッドは移動に便利!

マルタウグイは大型で重量も最大で2キロ前後にまで成長するのと、河川の本流では流れの強さも加わりかなりの引き味です。

<ロッド>

トラブルなく対応するにはミディアムライトクラスのシーバスロッドが最適ですが、釣りなれている場合、ひきあじを楽しみたい場合はライトクラスのバスロッドなどをチョイスするとよいでしょう。

※ウルトラライトでも対応できるが、ファイト時間が長引くので人が少ないときに限る。

<リール>

ベイトタックルはスピニングタックルがよく使われています。高価なものは不要ですが、最低限ドラグがスムーズに動く大手メーカー品の5,000円前後以上のものを利用するとよいでしょう。

<ライン>

海平5号

海平2号は安くてオススメ。

ラインはナイロン2号あると底石にすれたり、不意のナマズや鯉のバイトもなんとか釣り上げることができるはずです。

<ルアー>

多摩川マルタ狙いのルアー

オレンジ・アカキン系のルアーがよく釣れる。ほかに白系もよい。

飛距離と流れに負けず底上を引ける重量として5g程度の赤金・オレンジ系のスプーンが最適です。

リリース主体の釣りのためルアーのフックはバーブレスにしておくとよいでしょう。オーナーのエリアモンスターなど、トラウト管理釣り場用の大型狙いのフックが最適です。

マルタウグイの釣りで釣れるゲスト

マルタウグイが産卵するシーズンは河川の水もすこしぬるみ、その他の淡水魚も積極的に活動します。また、マルタウグイやウグイが産卵した卵をもとめて寄ってくる魚もつれます。

鯉はヒットすると苦戦しがちなターゲット

神奈川某河川 釣り 鯉

鯉は雑食で、マルタウグイの卵も食べると言われています。

主に瀬より下流のトロ場でルアーをゆっくり引いていると釣れやすい魚です。

ニゴイはマルタウグイとほぼ同等の引き

ニゴイ

ニゴイもコイ同様、マルタウグイの卵を狙っていると思われますが、流線形で流れに強いと思われ、瀬の中にキャストしたルアーにもかなりの勢いで飛びついてきます。サイズも50cmを超える個体も多く、マルタ同様楽しめるでしょう。

こいつ口が尖ってやがるぞ!都市河川の好ターゲット『ニゴイ』の生態・釣り方・ポイント

2018.08.03

都市河川のナマズは瀬でも釣れる

多摩川ナマズ 頭がでかい

夜行性の魚であるナマズですが、曇りの日や河川に濁りがある日は昼間でもルアーに飛びついてきます。この魚もトロ場で釣りやすいのですが、流されにくい魚体をしているため意外に瀬についていて、果敢にルアーにバイトしてきます。

アゴが極めて堅いため、返しがついているトリプルフックだとリリースまでに時間がかかるため注意しましょう。バーブレスの場合もプライヤーがあると安全にリリースできるはずです。

【保存版】これから都市河川でナマズ釣りをはじめたい人へ

2017.04.25

マルタウグイの釣りで配慮したいこと

マルタウグイのファイト

都市河川で釣る場合、マルタウグイは食味は決してよいものではありません。

そのためほとんどの人がリリース主体で釣るわけですが、魚も産卵のために遡上するわけですので、リリースしたあとに産卵行動を全うできるように取り扱うことに配慮したいものです。

マルタウグイ関連記事

▼東京・神奈川であれば多摩川がもっとも有名なマルタウグイの釣り場です。実施に毎年マルタウグイが釣れるポイントについても解説しています。

【保存版】3月・4月の多摩川は「マルタ」ことマルタウグイ釣りがおもしろい(ポイント・釣り方・タックル解説)

2017.02.24

マルタウグイ釣りで用意したいタックル

ロッド

▼マルタウグイ専用タックルはないのでライトクラスのバスロッドなどが転用できます

リール

▼3000番台のスピニングリールが最適

ライン

▼ナイロン6~8lb.が最適。6ポンドの場合、本流に入られての引きや鯉やナマズがヒットするとラインブレイクの可能性も。

ルアー

▼どんなルアーでも構わないが、意識するのは①沈む②赤・橙・金などの派手なカラー③マルタウグイの口に入りやすい3~5cm程度のものを選ぶとよい

その他アイテム

▼リリース主体の釣りのため強度の高いバーブレスフック、リリーサー、ラバーネットなどがあるとよい。釣り場でもじたばたしているよりはスマートでかっこよく見える。

<お知らせ>
📖Kindleセール開催中!人気・注目の漫画や書籍が特別価格
☀Amazonタイムセール・アウトドア商品などがお得

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

ORETSURI編集部

ORETSURI編集部です。釣りについての記事をできるだけわかりやすくお伝えしていきます。