この記事は約4分で読めます。

タコテンヤの根がかり回避とノリ向上!SASAMEの「タコシャトル」がすごく便利

タコシャトル

東京湾をはじめとして各地でマダコ釣りが人気です。

テンヤでもエギでもはじめてやった人でも20杯近く釣れるという空前のマダコフィーバーです。船釣りでテンヤをつかったエサ釣りをする場合、船宿のテンヤを7、800円でレンタルするのが一般的ですね。

一方、渋糸と糸巻きのみレンタルしつつテンヤや集寄を自分で用意するのも釣りに個性を出すという点でオススメです。

船宿レンタルの場合、テンヤもブランコ式や固定式などばらつきがありますし、なかにはフックがあまりシャープではないものも混ざっています。

その点、自分で準備し針先もきっちり確認したものであればより気持ちよく釣果を上げられるはずです。

今回はSASAMEから販売されている「タコシャトル」の特徴について、実際につかってみた感想を紹介します。

スポンサーリンク

タコシャトルの仕様

こちらがSASAMEから販売されている「タコシャトル」。

オモリは30、40、50、60号が販売されていますが、東京湾の船釣りでは50号が基本です。浅場でもあまり軽いものは小突きによって底上から浮き上がりやすく、タコの乗りが悪くなるので注意が必要です。

岸釣りの場合は30号を選ぶとよいでしょう。

樹脂製の板にオモリはブランコ式で根にハマりにくくなっています。

タコテンヤ

ヤマシタの「タコ掛 のりのり L-50」。テンヤの長さがあるため丸餌でも十分かんなにスペースができる

その他メーカーの販売されているテンヤより、全長が短いため、大型のカニ餌をつけるとフックに干渉してしまい乗りが悪くなってしまいそうです。

カニ餌は半身のものをできるだけテンヤの前半分に縛るようにするとよいでしょう。

タコシャトルで特徴的なのがこのフック(かんな)部分です。

  • 研磨なしにフックの針先が鋭い
  • タコのフッキングを考えて角度がついている
  • フックが+ドライバで簡単に交換できるようになっている

市販のタコテンヤは針先が甘いものが多いのですが、タコシャトルの針先は複数チェックしたところ、他社製品より鋭く初期不良が少ないという印象です。

また、タコ釣りを一度やるとわかりますが、テンヤを根がかりなしに回収することができてもフックが曲がったり、針先が復元困難なレベルまでつぶれてしまうことができます。

タコシャトルであれば、針が一本ずつ交換できるため、予備針と+ドライバーを持参すれば現地で研磨する工数を裂かなくても釣り続けることができます。

▼タコシャトルの替針はブラックとシルバーがあり、それぞれ定価300円と280円。

出典:SASAME

タコテンヤ

一般的なタコテンヤは針の全交換までに時間がかかる。

続いて、テンヤの底部分に「V」字の針金が標準装備されています。この針金は適度なハリと弾力があるのですが、テンヤが横倒れし、ハリが底や根にひっかかるのを防ぎ安定させる果があります。

実際につかってみると、底上でテンヤが安定しづづけカニ餌の白い腹を見せ続けるため効果的にアピールし続けるという印象を持ちました。

カニや鶏肉などを縛るための糸はPEライン+細めの輪ゴム。

ある程度巻き付けた後に、ゴムパーツでホールドします。

これは実際につかってみたところ、タコ糸+太目の輪ゴムよりはホールド性が低いという印象です。特に輪ゴムの強度が弱いため、最後にゴムを止める際に無理が効かないため、用心のために太目の輪ゴムを連結した方がよいと思います。

こちらがタコシャトルのパッケージ裏目の解説。

▼タコシャトルの動き

こちらはタコシャトルの動きなのですが、底面にある船底型のオモリが備え付けられている針金の稼働範囲で絶妙にバランスよく動きます。また、手首を使った細かいシャクリであれば、横倒れ防止の針金が稼働するため根がかりがかなり少なくなります。

実際につかってみると、大き目の岩やテトラの隙間の奥底や、護岸の隙間に入ってしまったテンヤの回収は他のテンヤ同様難しいのですが、根が散在しているところでキャストしてずる引くやシャクるという動作では明らかに根がかりの頻度が減ります。

テンヤで釣ったマダコ

実釣でもタコの乗りは抜群でした。

スポンサーリンク

まとめ

  • タコシャトルはカスタマイズなくつかえ、実店舗であれば他社製品同等の価格
  • V字の針金部分によって姿勢が安定することにより根がかりが少なくなり、タコの乗りもよくなる
  • 針先が研磨無しに鋭い(針先がデフォルトで鈍いことが多いテンヤ系でこれはかなり有難い)
  • オモリの稼働範囲が絶妙
  • フックの角度により小型のタコもふくめて乗りやすい印象
  • 付属のPEラインとゴムはタコ糸と太目の輪ゴムに変えたほうが無難
  • 全長が短めのため、大型のエサは避け、ワタリガニ等は半身をつけるのが無難

ということで、ORETSURI的オススメアイテムです!

小型のエサをつけるのであれば、現行の船タコテンヤでは最強アイテムだと思います。

万が一のときは船宿レンタル品を借りるとして、このタコシャトルを2個ほど購入しておくとよいかもしれませんね。

※根がかりしづらいといっても、岩・テトラ・護岸の継ぎ目にハマる系の根がかりはどうしてもロストしがちですので事前にふまえておくとよいでしょう。

スポンサーリンク

関連アイテム

▼アマゾンで「タコシャトル」自体は手に入るのですが、替え針は品切れ中。

 

<お知らせ>
☀【ポイント最大44倍】楽天お買い物マラソン開催!~7/26・01:59まで
☀Amazonタイムセール開催中!釣り具やアウトドア商品がお得!

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

ORETSURI編集部

ORETSURI編集部です。釣りについての記事をできるだけわかりやすくお伝えしていきます。