いろんな魚の「いいね!」を発見して伝えたい

リンクにプロモーションが含まれます
ホシササノハベラ?
スポンサーリンク

人には「審美眼」と呼ばれる、美しいものと醜いものを見定める力がありますね。

持って生まれた感性もあるとは思うんですが、幼少期にどう育ったかも大きく影響している気がします。

親がなんでもかんでも「キモ!「触っちゃダメ!」」で済ましている家庭では、やっぱり子供も「キモ!」「触りたくない」っていうようになるんじゃないでしょうか。

これは親もその親からそういった取り扱いを引き継いでいるのでしょう。

魚介類についてのまなざしも同じです。

長細い魚、顔つきが特殊な魚、ぬるぬるがすごい魚、平べったい魚、色がカラフルで派手な魚。

なかには、一見してなぜそのような造形をしているかわからない種類もいたり。

多くの人が憧れ、もてはやす魚もいます。

よく売れている魚ですし、よく釣りの対象として狙われている魚でもあります。

見た目もいいし、味もいい魚があてはまります。

たとえば、マダイ、ヒラメ、青物、シロギス、などなど。

SNSに投稿しても、映えるし、釣り物としても楽しいし、食べても旨い。

▼同じ魚でも、「いいね」の数が異なるのがフツー

釣りをしていて、魚が釣れる。

すると、その種類によって対応を大きく変えて、「キモ!」といったり、魚を足蹴にしたりする人がいます。

食べもしないし、逃がしもしないアレです。

北の工作員キタマクラー

よく堤防の上で干からびているキタマクラ

フグの仲間とか「エサ取り」「雑魚」というカテゴリーに当てはまる魚はそうですね。

これはやっぱり、その人に「悪意」があるということだけではないんだと思います。

ではなにがあるのか。

多くの人が、息を吸って吐く、路上でタバコを吸って、なにも考えずにその辺にポイ捨てするレベルで行っているんじゃないでしょうか。

すっかり成人した人の感覚に対して、アレコレいっても仕方がないことなのかもしれません。

ただ、そばでみていてあまり気持ちがよいものではありません。

ORETSURIの情報発信は、「あしたの釣りをもっとワクワクさせる」を方針として行っています。

釣りで狙う先には魚などの魚介類がいるわけですが、よくターゲットにされている魚以外にも、世の中にはあんまり陽のあたっていない、いろんな生き物がいるわけです。

そういった魚の取り扱いに課題を感じている人もいるんだと思います。

ORETSURIでは、そうした課題をもっている人の子供や、まわりの人に、より多くの魚の魅力を知ってもらうための情報発信をしていきたいと思っています。

城ケ島 堤防釣り ウツボ 毎日歯磨き

ハリ外しは本当に気を付けたいウツボ

はたして、海のギャング扱いされがちな「ウツボ」の魅力はどこにあるのか。

あわせて読みたい
【1番詳しい】実は旨い!身近な大物「ウツボ」の釣り方・仕掛け・食べ方 ※記事後半に持続的なウツボ釣りについて(資源の管理)を追記しました。メディアをみて「面白そうだな、ウツボを釣ろう」と思っている方は一読ください(20230925) ---...

アカエイの顔

裏返すとユニークなアカエイ

堤防の重戦車「アカエイ」の歯は、なぜ洗濯板のような形状なのか。

あわせて読みたい
【保存版】堤防の重戦車!「アカエイ」の釣り方・ポイント・料理レシピ解説 岸釣り船釣りを問わず、ブッコミ釣り、泳がせ釣りなどで釣れる魚としては、忌み嫌われてしまっているアカエイ。 潮干狩り場にも現れるためメディアでも注意喚起されてい...

ホシササノハベラ?

よし、アタリ。カワハギ!?いや、俺、ホシササノハベラっていうもんです。

ちょい投げでよく釣れるベラって、よくみると模様がきれいだよな、とか。

あわせて読みたい
「ベラ」はちゃんと料理して食べてからマズイと言ってほしい!生態・釣り方・美味しい食べ方解説 堤防釣りでも船釣りでも総じて釣れたらガッカリされがちなベラ。 エサ取りをする雑魚の一員として、日本全国で毎日無数の釣り人に「ああベラかよ」と言われてリリースさ...

いろんな魚の魅力を前のめりで伝えたい。

いろんな魚に注目するところで見えてくることがあるかも。

そんな想いでこれからも情報発信していきます!

<お知らせ>
🌊Amazonタイムセール! 釣具も安い!
🌅楽天スーパーDEAL-人気アウトドア商品もポイント高還元!
🐙Yahoo!ショッピングならPayPay毎日5%還元!竿とリールが超得!
ホシササノハベラ?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事をシェアしよう!
目次