10,833 views

この記事は約7分で読めます。

最強装備で東京湾ふれーゆ裏に潜む謎の化物を釣り上げたい【はるかさんからの寄稿】

東京湾GT用仕掛け

東京湾ふれーゆ裏で遭遇した謎の魚

2017年11月26日。

その日はいつものメンツ(けいすけ氏、まつとも氏、折井パイセン)で、横浜市鶴見区末広町にある通称『ふれーゆ裏』でベイシャークことドチザメを狙っていました。

ふれーゆ裏での我々のスタイルについては過去の記事をご覧いただければと思います。

東京湾横浜のふれーゆ裏にひそむモンスター『ベイシャーク』に挑む!【はるかの大物釣り日記】

2016.12.05

【釣り方】岸から狙う!東京湾のベイシャーク(ドチザメ)フィッシング

2017.08.07

時刻は深夜1時頃のこと。

まつとも氏が、なかば冗談なかば本気で20cmオーバーのウミタナゴを餌に泳がせていたところ、突如、竿のセンサーが鳴り響き物凄い勢いでドラグが出ていったのです!

テントの中からメガネを探していたまつとも氏が出て、竿を手に握る頃には更に魚が加速して今まで聞いたこともない程クリッカーが唸っていました。

竿を手に取りドラグを締めて大きく合わせるまつとも氏!

が、魚は止まらず猛スピードでリールの糸を引き出し続ける!

まつとも氏がやむを得ず石鯛リールをほぼフルロックにするが、それでも止まる気配が無い!?

こ、こいつは何者なんだ!!!!

そしてそこから数十m走った所でまさかのフックアウト、痛恨のバラシ…

原因はデカ過ぎる餌に対しての鈎の大きさだろう(笑)
仕掛けを回収してくると、不思議なことになんとウミタナゴは無傷。。

若干ウロコが剥がれたような傷がある程度だったのです。

明らかに内湾にいるサメやエイのパワーでは無く、そもそも軟骨魚類なら餌が無傷は有り得ない。

だとしたら何だったのだろうと釣行後も皆で考えたわけです。

「外洋から迷い込んできた特大のカンパチ?ヒラマサ?スナメリ?」
「ウミタナゴの火事場の馬鹿力では?」

という声には流石に爆笑しました(笑)

そして調べた結果とある魚である可能性が高まったのです…

それは・・・

GT

何をいってるんだこやつは?と思う方も多いかもしれません。

ですが、東京湾にGTが居るという噂は、前から聞いていて、どうやら黒潮に乗って回遊してきたメッキ(GTの幼魚)が東京湾内の工場から出ている温排水にもまれながら冬を越しスクスクと育った個体が居て80cm位のがボートシーバスでよく上がっているらしいのです。

温排水の釣りは、ちょろっと寄る程度の当船で、まさかこんな奇跡が起こるとは思いもしませんでした。

GTとしては小型の80cm、7.25kgでしたが、東京湾的にはミラクルでしょう。

出典:http://fishtokyo.com/

この記事では、幅広なGTらしい80cm、7.25kgが釣れています。

なんということだ!東京湾にGTが居るだって?

よし上等だ、ぶち上げてやろうじゃねーか!!

本当にいるのかも分からない夢の魚にふれーゆ裏をホームにしている釣り馬鹿たちが盛り上がったわけです(笑)

そして12月15~17日にかけてリベンジマッチを決行することになりました。

▶初日、東京湾GT用フル装備で臨む

<お知らせ>
🎣あなたもORETSURIに寄稿してみませんか?
☕ORETSURI読者の集い『釣りトーク』をFacebookでチェック!
☀Amazonプライムで、無料お急ぎ便+映画・TV番組が見放題、100万曲以上が聴き放題-PR

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!

シェアでみんなに伝えよう!