この記事は約5分で読めます。

青物の超一級ポイントでシーバスロッドで小さいメタルジグを投げる人がいます【平田が勝手に答える!】

オキアミ 船丸

人間は常に問いをもっている生き物。

釣り人も一緒です。

今日も世界では多くの問いが生まれ、答えが見つかっています。

そんな中、インターネットでは確かではない答えがいろいろと流布され、それがまことしやかに拡散されたり。

そんな、ウェブ上に転がっている『釣りのなぜ?どうして?』について、釣りメディアORETSURI編集長の平田が勝手に回答する本シリーズ。

スポンサーリンク

今回の質問

青物の超一級ポイントでみんな青物ロッドなのにシーバスロッドで小さいメタルジグ を投げる人がいます。テトラだし、余程自信が無ければ取れないとわかっているはずなのに…
釣りの仕掛けは自由とは承知しています。いつも走られて切られるんだよな〜と自慢されると青物タックルでやってる僕らはイラッとしちゃいます…心が広ければいいんですが…
そういう方って何がしたいんですか?

質問者:釣りきちさん

スポンサーリンク

<平田の回答>

「誰かが一喝してやらんとあかん

平田剛士 ほろよい白いサワー

今回のお悩みも、しっかり考えて回答します。

この問題をわたしは『ふまえてない奴問題』と呼んでいます。

なんだそれは。

いいでしょう。説明しましょう。

つまり、遊びとはいえ、難しいこと、真剣にやらんといけない場面で、『ふまえず』へらへらしながら、やっぱりだめだったーを繰り返す人が世界にはゴマンといるわけです。

こうした人をわかりやすくヘラヘラ太郎と呼びます。

会社組織を見回すとだいたいフロアーに一名はこういった太郎が登場します。

たとえば太郎が営業マンだとします。

このヘラヘラは絶対にとらなくてはいけない商談があるときに、毎度その準備をてきとうにして、商談に臨むわけです。

ぬるぬるっと。それ、ぬるぬるっと。

やべー準備なにもしてないけど、まー何とかなるだろー。ぬるぬるっと。それー。

っと。

で、当日商談になるとやはり準備ができていないので、商談相手のかんたんな質問にも答えられない。

そんでもって、すぐに「あはは、持ち帰ってから回答します」と笑いながら回答を持ち帰りにしたり、挙句わからないことに対して適当な回答をして一気に信用を失い、失注。しばしば出禁扱いとなります。

そしてオフィスに戻ってから、あなたに、

「いやー、○○部長って手ごわいよなー。受注できなくて残念だよーw」

みたいにいうわけです。

で、あなたは、

は?こいつ馬路で〇ねや

と、おもうわけです。

その気持ちよくわかりますよ。

ものすごくわかる。

どれぐらいわかるかというと、うまい棒は、めんたい味とチーズ味がやっぱりうまい、サラダ味もうまい。むしろ全部うまいからうまい棒なんだな、というぐらいよくわかります。

さて、

オフィスから離れて釣り場に戻ってみましょう。

青物の超一級ポイントでみんな青物ロッドなのにシーバスロッドで小さいメタルジグ を投げる人がいます。テトラだし、余程自信が無ければ取れないとわかっているはずなのに…

これはいろんな要素があるんですが、青物ロッドをもってないという背景がありながらも、買うのがもったいないからなんとかシーバスロッドでカバーしたい、でもなんとかなったらいいな。という希望的観測からくる甘えなのだと思います。

やっぱり、ちゃんと青物が狙える場所であれば、それなりのタックルや装備でないと太刀打ちできないというのは小学2年生の全国の山下君や井上君でもよくわかる理屈です。

が、そういった理屈が通用しないのがヘラヘラ太郎です。

困ったもんだ。ぷんぷん。

釣りの仕掛けは自由とは承知しています。いつも走られて切られるんだよな〜と自慢されると青物タックルでやってる僕らはイラッとしちゃいます…心が広ければいいんですが…

仕掛けは自由ながらも、やっぱり釣りというのは生き物相手なので、すぐに切られたりしてしまう無駄釣りみたいなものは避けるのがスマートなのだと思います。

釣りってのは、やっぱり遊びながらも、命のやりとりをしているということを忘れてはいけないのではないでしょうか。

が、ヘラヘラ太郎にはそういった小難しいことはわかりません。

なにしろ、ぬるぬるっと。それ、ぬるぬるっと。なので。

とりあえず、魚がかかって釣れたかもみたいな場面をこれまで人生で繰り返してきたわけです。

受験もそう。

就職もそう。

男女交際もそう。

あらゆる場面で、言い訳をして準備をあまりせず、やりきらず、結果を出せない。

そのくせ、逃げ台詞みたいに。

「こうすればできたんだ。あーデカかった」

みたいなことを笑いながら言う。

そういう方って何がしたいんですか?

これはですね、何がしたいというのはないんだと思います。

ヘラヘラ太郎は成果をちゃんと出すために勝負をちゃんとするのが怖いんです。

ちゃんとやってボロ負けすると恥ずかしいと思っていて、毎回ちゃんとやらないで負けて、都度いろいろ言い訳をして精神的な勝利をおさめる。

まーそういったところです。

そういった人のそばにいくと、やっぱり自然と負け癖が移りますので、知人友人であれば神速で縁を切ることをオススメします。神速ブロック。やさしく、スルー。これが鉄則です。

また、釣り場で、見知らぬそういった人から、

「あーバレちゃったー(てへぺろ)」

みたいに話しかけられたら、真顔のあなたが心の中で唱える呪文はこれです。

一生言い訳して土になれ

ヘラヘラ太郎も、まわりにこうした一喝をしてくれる愛ある人がいればよかったのですがね。

やっぱり大人になってからは取り返しがつきません。

ではでは。

平田に回答してほしいことはこちらに質問を

※質問がないとエンドレスでYahoo!知恵袋などの質問を勝手に回答していく仕様です。

スポンサーリンク

関連記事

釣った魚をSNSにアップするだけで叩かれる風潮についてどう思いますか?【平田が勝手に答える!】

2019.01.04

これまでの質問一覧はこちら

関連アイテム

<お知らせ>
📖Kindleセール開催中!人気・注目の漫画や書籍が特別価格
☀Amazonタイムセール・アウトドア商品などがお得

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!