この記事は約4分で読めます。

圧倒的な集魚力!イワイソメ(マムシ、イワムシ、アカムシ)を使ってみよう!

イワイソメ
スポンサーリンク

イワイソメとは

イワシイソメは別名、マムシ、イワムシ、アカムシとも呼ばれる虫エサです。

イワイソメの動きはあまり活発ではなく、アオイソメやジャリメには劣りますが、釣り針に刺すと褐色の体液を出し土のような独特のニオイがあります。このニオイがアオイソメやジャリメなどより集魚力が高いという点で釣り人に人気です。

身は柔らかいものの、表皮部分にゴムのような一定の硬さがあり、カレイ狙いでの投げ釣りでも餌が飛び散ることも少ないと言えます。

餌屋での購入(価格)

アオイソメを手に入れるためには、釣り餌屋で購入するのが一般的です。大手の釣具店や活餌をメインで扱う釣具釣り餌店では手に入りやすいと言えます。

価格はアオイソメより割高で、約2倍の価格で販売されていることが一般的。

たとえば、アオイソメが60gで400~500円で販売されている場合、イワイソメは30gで400~500円では販売されています。

<虫エサの価格順>
(安い)アオイソメ < ジャリメ < イワイソメ(高い)

イワイソメを採取する場合は漁業権に注意

イワイソメは養殖個体の他、国内で自然環境に生息しているものが手掘りで採取されて販売されています。

自然環境では海岸の砂礫地帯や岩場(岩と堆積物の間に生息)に棲息していますが、採取可能な場所には共同漁業権が設定されていることもあり、無断で採取することは禁じられています。

採取する際は、都道府県別の共同漁業権を確認してから行いましょう。

スポンサーリンク

イワイソメを購入するときの注意点

量・鮮度(活きのよさ)

どの虫エサでも同じですが、活きの良さによって魚の食いが変わります。

プラスチックのパッケージにバーミキュライトや砂とともにあらかじめ取り分けられているものは、取り分けてから数日経過している場合もあります。

イワイソメを購入する際は、なるべくパック詰めされる前のものを選ぶとよいでしょう。

スポンサーリンク

イワイソメの使い方

イワイソメは一本そのままよりもアオイソメとの合わせ技が一般的

カレイ狙いのイワイソメ×アオイソメ

イワイソメは単体で針につけて使用することも集魚効果が高いと言えますが、価格面や動きの少なさを補うためアオイソメと合わせて使われることが多いと言えます。

カレイやアイナメやカサゴなどを狙う際に、イワイソメを針のチモトまでこきあげ、アオイソメを房掛けにすることで、イワイソメの強力な臭いで魚を寄せ、アオイソメの動きで食わせを誘発できると言われています。

塩漬けにして予備餌にすると便利

イワイソメも鮮度がよいに越したことはないのですが、ニオイだけでちぎって使用する場合は、塩漬けにしておくと冷蔵庫で長期保存ができ便利です。

<イワイソメの塩漬けの作り方>

  1. 持ち帰ったイワイソメに大量の塩をかけてまぶす
  2. 冷蔵庫のなかで数日放置。染み出てきた水分をすべて捨てる
  3. さらに塩をまぶして出来上がり。
  4. ジップロックスクリューロックにいれて冷蔵保管すると漏れなくて便利

ふはははは。いいだろう、本当の赤イソメというやつをみせてやる!

2018.04.23

イワイソメの弱点とは?

イワイソメは強力な臭いによって、アオイソメに反応がでなかった魚のアタリを誘発できます。

一方、イワイソメには一つの弱点があります。

それは、本命以外のゲストも遠くから寄せてしまうという点です。

特に投げ釣りの場合、ショウサイフグ・アカメフグ・クサフグなどを寄せてしまいがちです。

イワイソメが好物なのか、砂礫地帯でマコガレイを狙うとほぼ必ず釣れるアカメフグ。アカメフグのカットウ釣りはもしかしてイワイソメも有効かも。

フグによるハリスカットが頻発する場合はビニールパイプを装着するのがオススメ

イワイソメとアオイソメをあわせて使う場合で、イワイソメを針のちもとにこき上げると、結果的に針ごとフグに飲まれ、アタリがでないで切断されてしまっていることもしばしばです。

色付きのラインはライン自体がフグに噛まれる印象

投げ釣りは待ちの釣りですが、アタリがなくても15分に1回など餌を打ち返さないと、写真のようにそもそものエサがなくなっている場合もあるので注意です。

イワイソメをつかっていて、明らかにフグなどのゲストが寄りがちな場合は、一旦使用を控えるのも一つの手です。

イワイソメで釣れる魚

基本的にアオイソメで釣れる魚と同様ですが、過去の実績からアイナメ、カサゴ、マコガレイには特に有効という印象です。投げ釣りでは産卵期に浅場によるマダイにも効果的な餌です。

イワイソメは弱点もありながらも集魚力の高い万能エサ

イワイソメはやや割り高という事情がありながらも、圧倒的な集魚力を持っている釣り餌です。

フグ類の襲撃などが頻発することもありますが、ここ一番で奮発して使用してみるのも一つの手ですね。

釣り餌についての関連記事

▼イワイソメ同様、虫エサとして一般的なアオイソメとジャリメについて解説しています。

堤防釣りの万能餌『アオイソメ』を徹底解説!(つけ方・保管方法・実際に釣れた魚)

2018.11.06

シロギスの数釣りにはジャリメ(イシゴカイ)がオススメ!簡単な保存方法や採取方法を解説

2018.05.09

イワイソメ関連商品

▼イワイソメは通販でも購入可能。近くの釣り具屋で手に入らない場合はチェックしてみよう。

▼虫エサ全般は石粉が便利

<お知らせ>
📖Kindleセール開催中!人気・注目の漫画や書籍が特別価格
☀Amazonタイムセール・アウトドア商品などがお得

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!