この記事は約5分で読めます。

サゴシ狙いの弾丸釣行@鳥取県米子【こーさんからの寄稿】

ORETSURIをご覧のみなさんこんにちは。こーさんです!

今回は山陰の鳥取県米子市にサゴシを狙いで弾丸釣行へ行ってきました!

スポンサーリンク

サゴシはサワラの若魚

サワラは成長に応じて呼名が変わる出世魚です。

大きさはサワラが全長1mを超え体重4.5kg程度、釣り人は70cm以下をサゴシとよび、それよりも大きいものをサワラと呼びます。

「鰆」と漢字でかき、旬は春とされます。今回はまさに旬のサワラを釣りにいってきました。

スポンサーリンク

米子のサゴシは超絶人気

学校終わりに広島を出発。

情報を集めるために釣具のポイント米子店へ。

着いてそうそう店内のルアーコーナーの広さに驚きました。日ごろ見ることの少ないルアーからストックでほしい物まであり、テンションが上がりまるで子供のようにはしゃぎ、気が付けば5桁の買い物をしていました(。_。)

魔界と言われる所以が分かりました(笑)

米子店のブログを見ているのですが、よく釣果を残しているサカティーさんに話を聞くと「今朝も90overが揚がってますよ!」とのことでした。

それは早くいかなくてはと夕まずめ狙いで足を運んでみることに。

行った先は米子市でも有名な港らしく駐車場には沢山の車。

嫌な予感がしつつも堤防を覗いてみるとざっとみて100人ぐらいが横一列に並んでいます。

まずは海の状況を調べるためにタックルを持って参戦。隣の人と2mほどの距離しかなくキャストする方向も前方しかないので所謂釣り堀状態だったなと。

35gのチョアムーチョを投げてみました。着底までに約6秒程。

地形はフラットな砂地で安心してボトムをとることができそうです。はじめての場所で気を抜いてボトムをとったら速攻で根がかってルアーをロストするなどは、こういった現地調査によって少なくすることができます。

動かし方はゆっくりワンピッチでしゃくりあげ、フォールメインであたりをとる!

と、

フッ と軽くなるあたりが!!

フッキングをかますと、首をぶんぶん振りラインを歯で切ろうとしているようです。

が、周りにはたくさんアングラーがいるため、PE2号のセッティングでドラグもマックスに絞めているため、安心してごりまきしました。

上がってきたのは綺麗なサゴシ。やっぱりサゴシはカッコイイですね!!!!

しかし、その後は日没でアタリなく終了しました。

スポンサーリンク

炭火焼サゴシがおいしい!!

釣りのあとって異様にお腹がすきますよね。

近くの大型スーパーでお米とお肉、野菜を購入していざBBQ!
ここはBBQができる公園なのですが、コンロ、炭を準備して網の上へサゴシをドーンと乗せて炙る!!

岩塩をかけて待つことしばらくして、炭火焼サゴシの完成!!


これがまた脂がのって、身はホロホロでめちゃくちゃ旨いんです!!

あっという間に完食。

それにしてもまだ春先ということで、火があるうちは暖かいのですが、終わると寒いんですよね。このあとキャンプは出来ませんでした。

朝まずめ、サゴシの活性はどうかな?

漫画喫茶で一夜を明かし、人が多いだろうなーと、まだ真っ暗な朝4時に同じ港へ。

到着そうそう駐車場は満車。

明らかに昨日の夕まずめよりも人が多いのです。もう楽しみから一転、また気を使いながらの釣りになるためセッティングしながら気が落ちます。。

なんと、入れそうな場所もなくテトラ際の本当に人がいない場所でスタート。

流れもなく半ば諦めかけていましたが、日が昇るとベイトの姿がちらほらとでてきたのです。

・・・

キャストを続け巻いていると、

ドスン!

と、ロッドごとひったくられそうなあたりが!!!
めちゃくちゃ引くしなんじゃこりゃーとファイトして、姿を現したのは、

もう少しで鰆に進化しそうなサゴシが釣れました。

もうめちゃくちゃ楽しい。ありがたく命を頂きました。

ラインクロス老害襲来!

サゴシを美味しく食べるためにしっかり絞めたのち、追加で狙おうとしてキャスト。

すると、近くの桟橋からなぜか真横にキャストする人が。

どうみても、私のラインに被せてくるんです。

はじめはハイピッチで巻いているので絡まることはなかったのですが、日が高くなり魚のレンジが下がりローピッチの釣りにシフトすると、まぁ絡まりますよね。

しかも、性懲りもなく再びクロスキャストして被せてくるのです。うーん。桟橋正面でよく魚が揚っているのになぜこっちに投げるのか謎です。自分の釣りだけでなく、ほかの人の釣りについてもきちんと考えてほしいですね。本当に殺意がわきましたよ。もう。ぷんぷんです。

釣り場のラインクロスに気をつけたい(原因・対策)

2018.10.27

サゴシは圧倒的美味!!

釣ったサゴシは持ち帰り料理してみました。

片身はサゴシの刺身。もう片身はサゴシの竜田揚げあんかけです。

これが、実にうまい!

揚げたサゴシはふわふわの身なんですが筋肉繊維はしっかりとしていて、あんかけの旨みもあって、ご飯がバクバク進みます!!これは人気になるはずだなーと思いました。

ごりまきファイトが功をそうしたのかサゴシの身焼けもなかったです。

サゴシは引きも強いですし、食べてもサイコーなので、みなさんも旬の釣りに行かれてはいかがですか?

では!!

こーさん(@koji80161230

ORETSURIフィールドレポーターについて

ORETSURIではあなたの寄稿をお待ちしています。

日本全国のフィールドレポータ―をチェックしてみよう!

ORETSURI フィールドレポーターの寄稿記事一覧はこちら!

フィールドレポーターへの応募はこちら!

関連記事

新月大潮の河口でランカーシーバスをゲット!!!!@中国地方【こーさんからの寄稿】

2018.11.20

関連アイテム

<お知らせ>
📖Kindleセール開催中!人気・注目の漫画や書籍が特別価格
☀Amazonタイムセール・アウトドア商品などがお得

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

ORETSURI編集部

ORETSURI編集部です。釣りについての記事をできるだけわかりやすくお伝えしていきます。