2,902 views

この記事は約8分で読めます。

カワハギ釣り初心者がお金をかけずこだわってみた結果がこちらです|東京湾竹岡沖

竹岡沖でカワハギ釣り

2017年の釣り納めは平塚からのLT五目で終わらせる。

と、みせかけて余裕で12月30日金沢八景へいってみました。

最近よくいっている弁天屋さんへ。

受付のおばちゃんがあかるくてたのしい船宿です。

弁天屋から見た夜明け

弁天屋さんからはアマダイ、タチウオ、カワハギ、アジ船などが出ているようですが、どれも繁盛しているようですね。

だんだんと明けてきます。

今回の釣行は結果を追いもとめるばかり、釣っている最中の写真はほとんどとれていません。あせっておりました。。。

そのため、カワハギ釣り初心者なりにできるだけ工夫によって釣行費用をおさえるこつでもご紹介します。

釣り座

釣り座についてはみなさんこだわりがあるかと思いますが、この日は満席でスペースが広く取れずシンプルに(というかアイテムがないだけです)

カワハギ釣りの釣り座

針がとばないようにマグネット板を用意している人もいますが便利そうですね。ダイワ製の船べり装着型の餌箱もよさそうです。

スポンサーリンク

カワハギ釣りのしかけ

カワハギ釣りの釣り座

今回の仕掛けは、よく使われているヤマシタの3本枝す(3号)に集魚テープ+ダイワ 快適船シンカー S K 30号

針は、ダイワのスピード6.5号とガマカツの針をつかってみます。

オモリの上部にスナップで手作り寄せ寄せぼうきをつけ、最下部にダブルスナップでブラックバス用のチャートリュースカラーのバイブレーションを接続しています。

カワハギ用のバイブレーションはダイワさんから出ています(快適カワハギ バイブ集寄 )が、 大体700円ぐらいなので、一つの考え方として、タックルベリー等でアメリカンブランドのチャートリュース系のはではでバイブレーションを200円ぐらいで買うと安上がりかなと。

わたしはブラックバス釣りをたまにやるので、そのときに根がかりから回収したときについてきたバイブレーションをきれいにして使っていたり。

100均の竿置きが便利

そして、お買い得アイテムがこちら。

竿受け

カワハギ釣りの場合、仕掛けをチェックしたり、ヒットしたカワハギから釣り針を外す際に船べりに竿を置くことがあると思います。

その時に安定させるグッズとして市販品がメーカーから販売されているのですが、大体600円~1000円ぐらいするんですよね。

こちらは100均で買った布団バサミドアストッパーなのですが、ピンクくまちゃんと名付けています。

竿受け

このとおりにっこりくまちゃん

このくまちゃん、半分におりたたみ、船べりの穴に差し込むと竿をおけるように変形します。

素材自体は各メーカーから出ているものと変わらず強度も高いですし、洗えば汚れもとれます。しかもすぐれものなのが、釣り鈎をさしておけるという点です。これが便利。

カワハギ釣りの胴付き仕掛けって、釣り鈎がかなり鋭いので、船べりなどにおもりを置いておくと何かの拍子に転がり、釣り鈎が指に刺さり痛い目にあったり、グローブなどに刺さって手返しが悪くなるのです。

その点、このピンクくまちゃんに釣り鈎をさしておけば、餌付けも手返しよく安全に行えます。しかも100円で買えるという。すごいなピンクくまちゃん。

実はこのピンクくまちゃんはもう1匹いたのですが、葉山で手漕ぎボート釣りをしているときに落水して帰らぬ人になってしまいました。

アサリのぬるをとって締めて旨味を補う

アサリのぬめりは手返しにかなり影響するのでぬるをとっておきましょう。

あとは締めたりアミノ酸で旨みを補うなどは好みですね。

カワハギ釣りのアサリを締める

マルキューやダイワからぬるとりやアサリを締めて旨味を補う製品が出ているので買うのもよいでしょう。

カワハギ釣りのアサリのぬるをとる

まず、みりんと塩をアサリにもみ込む。

すると、ぬめりが浮いてきます。

カワハギ釣りのアサリのぬるをとる

これを海水でゆすいで、その後、味の素をまぶす。カツオの風味が香るほんだしあたりもよいかもしれませんね。

弁天屋さんの場合、こうしたざる状+器の容器なのでよいですが、船宿によって異なるので小型のざるとボールを用意しておくとよいかもしれません。

▶ようやく出船で候

<お知らせ>
🎣あなたもORETSURIに寄稿してみませんか?
☕ORETSURI読者の集い『釣りトーク』をFacebookでチェック!
☀Amazonプライムで、無料お急ぎ便+映画・TV番組が見放題、100万曲以上が聴き放題-PR

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!

シェアでみんなに伝えよう!

 

ABOUTこの記事をかいた人

ORETSURI編集長。釣り歴30年ぐらい。いつの間にか釣りメディアをはじめていたもので人生不思議だなーと思っている今日この頃。口癖は、「釣りはいいよねー」