この記事は約3分で読めます。

ライト五目用にサニーライトFL 40号を購入。メンテ・使い分けなどを解説

関東の釣り船のコマセカゴでよく使われているアイテムといえば、サニービシ・カゴですね。

わたしの場合、東京湾と相模湾でウィリー五目をやることが多いので、これまでサニーちびライト40号を2個購入したことがあります。(1個PE高切れでロスト。。。)

サニーちびライトの良さはいろいろあるんですが、スリムな設計によりシャクリ時の抵抗が少ないという点だなと感じています。

スポンサーリンク

サニーライトFL 40号とサニーちびライトの違い

サニーちびライト40号(スリム)

一方、このスリムさは1日ウィリー仕掛けをしゃくっても疲れないというメリットもあるんですが、ややアミエビの容量が少ないというデメリットもあります。

これはトレードオフの関係なので仕方ないのですが、もうすこしアミエビを撒きたい(しゃくり続けたい)という場合は、サニーライトFL 40号のほうがよいんだろうなと思い、購入してみました。

サニーライトFL 40号

見た目はサニーちびライト40号の容器が横に広がったようなイメージです。

左が、サニーライトFL 40号。右がサニーちびライト40号。

機構としては同じで、容器下部のスペースを調整できます。

だいたいウィリー五目の場合は、こちらは全閉にする人が多いと思います。

しゃくったときに上部の口から海水が入って容器横の穴からアミエビがこぼれるという仕様ですね。

上部の口も調整可能ですが、こちらは半分から3分の1位置開けるのが一般的かなと。

仕様的にあとは一緒かと思ったのですが、よく見たら、容器の横にあけられているアミエビがこぼれる穴の数が、サニーちびライトは6。サニーライトFL 40号は2つでした。

なにか理由があるのでしょう。こんどサニーの方に聞いてみようと思います。

スポンサーリンク

サニーカゴ・ビシの塩詰まりは定期的にとったほうがよい

サニーカゴ・ビシの回転部分が塩噛みしたらぬるま湯につける

サニーカゴ・ビシは便利なので、よくつかうわけなのですが、普段のメンテは持ち帰ってお湯のシャワーをかけて乾かすということをやっています。

が、先日、回転部分が動かなくなったんですね。これは駆動部で日常的に落とせなかった海水がいつのまにやら塩噛みしてしまっているわけです。無理に腕力で回そうとするとプラ容器がこわれそうだったのでお湯につけてみたら、あっさり解決しました。よかった。

ということでこれからのライト五目系の釣りは、サニーライトFL 40号とサニーちびライト40号をつかいわけて釣果につなげていければと思っています。

スポンサーリンク

関連アイテム

▼手漕ぎボートのようにオマツリの懸念がなく、水深~20mぐらいの浅場であればサニーちびライト30号が便利。シャクリ抵抗がかなり少ないので、「しゃくっているぞ」という感覚が欲しい人は40号のほうがよいかもですね。

▼オモリがついていないサニーカゴは六角オモリで錘調整が柔軟なのも便利です。汎用性が高いので船宿でのレンタルはだいたいこれかなと。あまり多くのアイテム購入を控えたい人にオススメです。

▼相模湾や東京湾のライト五目系(ウィリー五目)の釣りではサニーちびライト40号かサニーライトFL 40号が最適です。

▼マダイ狙い等でオキアミをコマセとして使うエリアの場合は、オキアミ対応のアイテムを選びましょう

 

 

<お知らせ>
📖Kindleセール開催中!人気・注目の漫画や書籍が特別価格
☀Amazonタイムセール・アウトドア商品などがお得

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

平田 剛士

ORETSURI編集長。釣り歴30年ぐらい。いつの間にか釣りメディアをはじめていたもので人生不思議だなーと思っている今日この頃。 口癖は「釣りはいいよねー」