シマノの防寒釣りグローブ比較!「ダブル クロロプレン グローブ」と「 タイタニューム・アルファ グローブ 」の使い分け

リンクにプロモーションが含まれます
シマノのグローブ
スポンサーリンク

12月~3月ぐらいまでの厳寒期は防寒グローブなしの釣りだと手がかじかんでしまうことも多くありますね。

特に手指を頻繁につかう餌釣りでは、うまく動かせないと手返しが下がったり。

今回はシマノの釣り用防寒グローブ「ダブル クロロプレン グローブ」と「タイタニューム・アルファ グローブ 」のインプレと違いを紹介します。

ロゴ主張控えめの大人デザインで人気のこの2つなんですが、ぱっと見、違いがわかりづらいんですね。

買うときも迷う。

今回はメリット・デメリットの解説を含めて、実際どうやって使い分けるかを経験に基づいて紹介します。

▼Xでアンケートをしたところ、厳冬期でも素手で釣りをする人も20%程度いるものの、みなさんなにかしら手袋はしているようですね!

目次

ダブル クロロプレン グローブについて

保温性のあるクロロプレンを両面に使用。指先3本の第一関節部分は指ぬき仕様となっているほか、手首の曲げやすさを考慮して、手首内側には防風ストレッチ生地を採用。吊り下げに便利なループ付き。保温性と操作性、携行性を兼ね備えた冬用の汎用グローブです。手首まで覆うロング仕様で防寒性にも優れています。

出典:シマノ

 

<ORETSURI評価>

  • 温かさ★★★:保温性は抜群
  • 手指の自由度★★:細かい動きはしづらいが、指はカットされているので餌付などには十分
  • フィット感★★★:フィット感は最高
  • 手感度★:防寒性とのトレードオフで、クロロプレンゴムの厚みから手感度は下がる
  • 耐久性★:低い(縫い目のほつれ、手の平)
  • デザイン★★★:ロゴの主張が少な目で大人のデザイン
  • 価格★★:本体価格5,700円。釣り用防寒グローブではやや高め(ダイワ・シマノ以外との比較)

インプレのまとめ:「防寒性とフィット感は抜群。耐久性は低い」

「ダブル クロロプレン グローブ」はクロロプレンゴムを手のひら側と甲側に使用したフィット感が極めて強いグローブです。

アップデートを繰り返し、選ばれています。

現行品は親指、人差し指、中指の3本カットモデルで、しっかりとしたフィット感があります。

 

手の甲側には「タイタニューム・α(クロロプレンゴム+チタン合金コーティング)」が採用され、保温性抜群です。

手首側が長く、手首がすっぽり隠せるため、アウターとの隙間ができにくいのもメリット。

フィット感と保温性から、日向側の釣りでは蒸れたり、汗ばむこともあります。

 

そんな「ダブル クロロプレン グローブ」のデメリットはどこにあるのでしょうか。

実は、1番のデメリットは耐久性の低さです。

特に縫い目が弱く、手のひら側につかわれているラバー部の伸びからか、数度使用しただけで糸がほつれることがあります。

同シリーズのグローブをこれまで3度購入していますが、週1釣行で1シーズン使用すれば、ほぼ糸がほつれてしまったり。

また、手のひら側のラバー部は人工皮革地と異なり、魚のヒレ等の棘に弱い面があります。

カサゴやマゴチなどのごつごつした魚をつかんでいると穴が開きやすく、表面がすぐに削れていきます。

 

もう1つのデメリットは脱着のしにくさです。

ウェットスーツのようにゴムで手指全体を締め付ける素材特性から、グローブをつけたり外したりが大変です。

現行版では、脱着をアシストするために手首に引手がついています。

この脱着に力が必要な点も、耐久性を弱くする原因になっているのかもしれません。

というのも、グローブを着けたり外すためにある程度力を入れるのですが、その際に縫い目部が伸びて負担がかかるからです。

 

他に手感度という観点では、手の平側のクロロプレンゴム部が比較的厚めのため薄手のグローブより下がる印象です。

3本の指でブランクや道糸に直接触れておくとよいでしょう。

 

以上、「ダブル クロロプレン グローブ」についてまとめると、防寒性とフィット感は極めて高いが、耐久性は高くないグローブだと覚えておきましょう。

写真は旧型のクロロプレンEXS 3カットグローブ GL-061S

手のひら側がラバー素材のものはこのように糸がすぐほつれる(写真は旧型のクロロプレンEXS 3カバーグローブ)

タイタニューム・アルファ グローブについて

タイタニューム・アルファ採用、保温性と操作性に優れる冬用汎用グローブ
保温性のあるタイタニューム・アルファに加え、手のひらには操作性だけでなく過酷な環境での使用を想定した耐久性を獲得するために合皮素材を採用。手のひら部分の合皮革を従来品と比べ厚くすることで安心感が向上しました。手首まで覆うロング仕様で防寒性にも優れています。保温性と操作性のバランスに優れる3本指ぬき仕様です。

出典:シマノ

 

<ORETSURI評価>

  • 温かさ★★:まずまずの温かさ(晴れて風がなければ十分)
  • 手指の自由度★★★:指のカットが長めのため、指が動かしやすく糸結びや餌付がしやすい
  • フィット感★★:適度なフィット感
  • 手感度★★:人工皮革部が薄手(ダブル クロロプレン グローブのラバー素材と比較すると・尚、従来品より130%厚手)のため手感度はまずまず
  • 耐久性★★★:安定感がある耐久性(縫い目のほつれ、手の平)
  • デザイン★★★:ロゴの主張が少な目で大人のデザイン
  • 価格★★:本体価格4,900円。釣り用防寒グローブではやや高め(ダイワ・シマノ以外との比較)

インプレのまとめ:「ほどほどの防寒性と操作性。耐久性もよい」

「タイタニューム・アルファ グローブ」は手の甲部にタイタニューム・アルファを採用し、手のひら側が合皮というバランスのよい防寒手袋です。

利用ニーズやシーンに応じた4アイテムがリリースされています。

その他、タイタニューム・アルファ ロックショア グローブという、岸釣用の頑丈な(手指がカンガルー皮補強)アイテムもあります。

 

シリーズ全般として、ジャージ素材(甲側)+合皮(手のひら側)+マジックテープのため脱着が簡単。

手指の自由度はダブル クロロプレン グローブより高く、それほど寒くない日・操作性重視の釣り・手感度を高めたい釣りには向いています。

耐久性もよいので、デメリットは防寒性がダブル クロロプレン グローブに劣る程度と考えておけばよいでしょう。

ほどよいフィット感と高い操作性。防寒性はまずまず

手の平は傷みやすいので合皮が強い

「ダブル クロロプレン グローブ」と「 タイタニューム・アルファ グローブ 」の使い分け

クロロプレンEXS 3カバーグローブ

旧型クロロプレングローブの指出しタイプはラインが結びづらい

「ダブル クロロプレン グローブ」と「 タイタニューム・アルファ グローブ 」の使い分けについて解説していきます。

どちらが真冬の釣りによいのか。

これはシーンによって異なるので、わたしの使い分けを共有します。

  • 気温1桁台など寒くて手がかじかむときや雨天や強風時:ダブル クロロプレン グローブ
  • 天気もよく、凪で、そこそこ温かい時(気温二桁台):タイタニューム・アルファ グローブ
  • 手感度が重要な釣り:タイタニューム・アルファ グローブ

タイタニューム・アルファ グローブのAmazonレビューをみると、縫い目の弱さについての言及がありますが、だいたい1シーズンか2シーズンつかうと交換する必要がでてくるレベルです。

細かいほつれは自分で補強するのもよいでしょう。

    まとめ

    今回はシマノの釣り用防寒グローブ「ダブル クロロプレン グローブ」と「タイタニューム・アルファ グローブ 」の使用感や違いを紹介しました。

    ぱっと見、違いがわかりづらい2つのアイテムの使い分けが伝わったのではないでしょうか。

    他に最近はカワハギなど冬場の手感度重視の釣り向けに、手甲タイプの防寒具も登場しています。

    自分にあったアイテムをそろえておくと、より快適に釣りができますね!

    関連アイテム

    ▼手感度重視なら手甲タイプもおすすめ。グローブの上からつけられるサイズ感を選ぶのも一つ

    関連記事

    あわせて読みたい
    「チタニウムグローブ」は冬場の釣りにピッタリなので買うべし! 今回は新しく釣り用の防寒グローブとして、シマノの防寒グローブ「クロロプレンEXS 3カットグローブ GL-061S」を購入した話です。チタニウム(チタン・タイタニウム)で...
    <お知らせ>
    🌊Amazonタイムセール! 釣具も安い!
    🌅楽天スーパーDEAL-人気アウトドア商品もポイント高還元!
    🐙Yahoo!ショッピングならPayPay毎日5%還元!竿とリールが超得!
    シマノのグローブ

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    記事をシェアしよう!
    目次