安いスッテってどうなの?スッテとバランスについて解説!

リンクにプロモーションが含まれます
スッテのバランス
スポンサーリンク

どうも平田です。

先日ECサイト経由で安価なスッテを大量に買ったことがありました。

今回はイカ用スッテのバランスについてお話します。

目次

商品画像では問題なさそうだが

このスッテは1個200円ぐらいで購入できるもので、ヨーヅリのウルトラスッテやヤマシタの水平ドロッパーなどと比べると3分の1以下のお値段です。

人柱的な目的もあったのですが、スミイカイベントでつかってもらう道具として試しに購入してみました。

 

さて、実際に手元に届いた商品をみて、すこし気になった点がありました。

それは、フロント側アイの接着部です。

接着剤でアイを固定しているわけですが、この動きがぎこちないものがあったのですね。

そして気になったので、全部水につけてみました。

それがこちら。

※ヨーヅリとヤマシタのスッテが混じってます。

 

・・・

・・・

・・・

どうでしょう。

 

一個怪しいのが混じってますね。

右下の青紫系のスッテが謎に頭が浮いてます。

あれ、これはなんだろう。

 

もしかして接着剤の充填具合なのかな。

気になって重さを計測してみました。

 

あたまが浮いてしまうものは7g。

その他は7g。

 

ほーん、そういうことね。

どうやら浮いてしまっているのは、バランス用のオモリを充填入れ忘れたもののようです。

続いて、スッテを水中で逆さにしてみました。

さてどうなるか。

 

あ、戻らない。

もしくは戻るんだけど変な傾きがある。

 

次に、ヨーヅリのウルトラスッテやヤマシタの水平ドロッパー系のスッテを逆さにしてみる。

すると・・・

あ、ふつーにいいバランスですね、(ヨーヅリとヤマシタは)。

 

この安価なスッテとは大違いでした。

200円で安価なバランスが良くないスッテを買うか、3倍強のコストを投資してバランスのよいスッテを買うか。

これは人によると思うんですが、わたしの場合は後者です。

 

コウイカやモンゴウイカをダウンショットやテンヤスッテで狙う場合、やっぱりイカはしっかり沈下姿勢や底上での様子を目視して抱いていると思います。

やる気のある場合は、なんでも抱くとは思うんですがね。

また潮が速いときや激しくスッテを動かすときなどは、あっちこっちにいってしまいそうです。

メリットはコストが安く、サバフグなどにやられても精神的苦痛が少なくなることぐらいです。

 

ということで、このスッテは、スミイカイベントで事情を伝え、ほしい人に自由にもっていってもらうことに。

フックはしっかりしているので、腹部に板オモリをわずかに張れば、ちゃんと使えると思います。

また、あまりバランスなどが関係なさそうなエギタコのサブスッテとして入れるのもよいんじゃないでしょうか。

 

ヨーヅリやヤマシタのエギやスッテにこういうことはないと思うんですが、その他メーカーの場合、こういったバランス情報はサイトにもほぼありません。

安価なアイテムは、設計、点検等の工程がそれなりなので安いという面もやはり考えた方がよさそうです。

 

ちなみに、このスッテを製造しているメーカーのタコエギはエギタコではヘビーに活用しています!

ではでは。

平田 剛士(@tsuyoshi_hirata

あわせて読みたい
スミイカ(コウイカ)釣りの「スッテ」考察。「ウルトラスッテ」がおすすめ! コウイカ(スミイカ)を釣る方法は、岸でも船でも、エギやスッテが多数派です。 今回は、スミイカ(コウイカ)釣りにおけるスッテについて考察します。 【コウイカ釣り...

>>>Amazonでウルトラスッテを見る

>>>Amazonで水平ドロッパーを見る

 

<お知らせ>
🌊Amazonタイムセール! 釣具も安い!
🌅楽天スーパーDEAL-人気アウトドア商品もポイント高還元!
🐙Yahoo!ショッピングならPayPay毎日5%還元!竿とリールが超得!
スッテのバランス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事をシェアしよう!
目次