ウナギ釣りで夏の訪れを感じてみた@逗子田越川

リンクにプロモーションが含まれます
夜釣り
スポンサーリンク

三浦半島の小規模河川にはウナギがいることが知られていて、神奈川であれば多摩川や相模川と比べると魚影は薄いもののいるにはいるので、近くの田越川のウナギを狙ってみることにしました。

よく田越川の導流堤にウナギがいます。

目次

うなぎ釣り実釣スタート

渚橋コーヒー裏。夕方ナポリタンを食べてコーヒーを片手に読書でスカすのが心地よい最高の場所。

ウナギ釣りに話を戻します。

一般的にウナギの時合は日没後1時間30分ぐらいといわれていて、陽が暮れる前から場の下調べをかねて仕掛けを投げておくといいでしょう。

まだあかるいうちに釣り始めることによって、川幅・水中や岸際の地形などをチェックでき夜になってからの不要なトラブルをさけることができますよ。

鈴は夜光タイプがおすすめ。クリップタイプの場合、金属でとめるものは竿の塗装が傷つくので注意。

ちょっと、浮気してキスも狙ってみることに。この田越川の導流堤防の便利なところは小規模なので川と海両方狙えるところかなと。両方とも極端に魚影は薄いんですけどね

安定の、釣れず。

あれですね、キスは夜になると寝てしまって釣れないのではないかなーと。

暗くなってきたので、そろそろ本題に入りましょうか。

だんだん暗くなって夜。

こうなるとこのあたりは街灯がないので、渚橋コーヒーの灯りがあたたかく見えます。あのあかりにベイトが集まってシーバスが釣れるんでしょうかね。

そんでもって、アタリがないなーと。

足元をみると、コクワガタ(角小さい形態)がいました。

夏だなー。

そのとき!

暗闇の静寂を破る鈴の音が!!

リリン♪リリリリン♪

よしきた!合点!

鈴をとって応戦します。

むー。30㎝クラスだなーこれ。

・・・

にしてもウナギっぽい引きじゃないなー。

あれ、なんだかブリブリした引きだなー。

あ。

まさか。

これ、

・・・

クサフグ師でした。。。。

おら、フグだグー。夜でも安定稼働で餌とりに励みますよ。残業とか余裕です。

なんだよ、貴殿ですか。

ブラック企業でしょうか。はよ寝ろと。

そう、愚痴りながらちゃぽんとリリースしておきました。

その後、アタリなし。

そういえば、渚橋の1つ上流の富士見橋あたりでウナギを釣る人が増えたなーという今日この頃。

夏なんでしょうね。

本気でウナギを釣るならもうすこし河川の栄養が豊富そうなところがいいんですけどね。釣れるまではすこし粘ってみます。

ではでは。

関連記事

あわせて読みたい
【1番詳しい】逗子の釣り場とルール解説(釣れる魚・ポイント・釣り禁止情報) 神奈川県逗子市にある逗子海岸は海水浴で人気のスポット。周辺ではさまざまな釣りを楽しむことができます。 今回は逗子周辺の釣り場とルールを解説します。 ※本記事は逗...
あわせて読みたい
天然ウナギの釣り方、道具と仕掛け・料理のコツを解説 日本人にとってなじみ深いウナギ。 多くの人にとって、食味が安定している養殖ウナギのイメージが強いはずです。 今回は、天然ウナギの釣り方や美味しく食べるコツを紹...
<お知らせ>
🌊Amazonタイムセール! 釣具も安い!
🌅楽天スーパーDEAL-人気アウトドア商品もポイント高還元!
🐙Yahoo!ショッピングならPayPay毎日5%還元!竿とリールが超得!
夜釣り

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

記事をシェアしよう!
目次