13,176 views

この記事は約11分で読めます。

東京湾・相模湾のライトタックル五目(ウィリー)にチャレンジしてみよう!タックル・釣り方を詳しく解説

相模湾でウイリー五目

さまざま釣り物で『LT』の釣りが一般的になりつつある。最初に船釣りにチャレンジした方はLTとはなんだろうと思うかもしれないが、LTとはライトタックルの略で軽いタックルを使った釣りを指す。

従来の釣り方と比較すると、ロッドを1日手持ちにしても疲れにくく感度も高いといえる。

東京湾や相模湾でチャレンジできるLT五目は以下のように呼ばれる。

  • LT五目
  • ライト五目
  • ライトウィリー五目
  • ライトタックル五目
  • ウィリー五目
  • アミ五目

このように、様々な呼び名があるが、基本的には同じものだと考えていい。

特徴は簡単で、いろいろな魚が釣れること。

今回は、東京湾・相模湾のLT五目(ライトウィリー五目)の釣り方・タックルについて解説する。

スポンサーリンク

LT五目(ライトウィリー)とは

ハナダイ(チダイ)30センチ500グラム

船宿によって呼び名はそれぞれことなるが、以下の要素がある釣りだ。

  • 基本的に水深50mより浅場を狙う(水深20~30mがメイン)
  • プラビシを使う(錘号数30号~40号)
  • アミコマセを撒き餌につかう
  • 空針もしくは、ウィリーという毛糸がついた針を利用する(3本針が基本)
  • つけエサはオキアミを基本にアジなどを狙う場合アオイソメをつかうことも
  • アジやサバを中心に、イナダやショゴ(カンパチの幼魚)や高級魚であるマダイやイシダイまで狙うことができる
スポンサーリンク

LT五目(ライトウィリー)船が出船している時期

LT五目で釣れた石鯛1.3キロ(@庄治郎丸 平塚沖)

基本的には1年中出船している。五目釣りということもあり、その時々に釣れている魚を狙うため特に釣りのシーズンがあるわけではない。一方、狙う釣り物によって釣りやすい釣りにくいなどはある。船宿のサイトで釣況を確認したり、直接問い合わせてみよう。

東京湾の場合、青物や真鯛が数狙える秋のタイミングからがシーズン。

スポンサーリンク

LT五目(ライトウィリー)釣りのタックル

釣り竿(ロッド)

船釣り

先調子気味・胴調子気味問わず釣ることができる。長さは2メートル程度までが使いやすい。船用のライトタックル専門の釣り竿が各メーカーから多く出ているので、そこから選ぼう。

初心者の場合、先調子(8:2)の釣り竿のほうが細かいアタリをとりやすくし、コマセカゴをしゃくりやすい。胴調子気味(7:3、6:4)の釣り竿は、魚のアタリをはじいてしまったり食いが浅いと感じるような場合によい。

相模湾で泳がせ釣り

泳がせ釣り(7:3の釣り竿)

乗り合い船の場合、混み具合や釣り座によっては釣れたアジやイワシなどをベイトとして泳がせ釣りもできる。この場合、8:2より、7:3程度の竿のほうが食わせという点では適している。

ヒラメやワラサなどを本格的に狙う場合は、さらに胴調子の6:4程度のロッドを併用すると釣果につながるだろう。

リール

ライトゲームSS+バルケッタ

小型の両軸リールを利用する。PEライン1号~2号が200メートル巻けるものがよい。

シャー専用ザクカラーのリール 1500

97スコーピオン1500.ブラックバス釣り用リールだが問題なく利用できる(錆びには注意しよう。)

ブラックバス用のベイトリールでも問題ない。ただし海水に対応していないモデルもあるので釣行後はスプールを取り外して、真水につけて脱塩しよう。

基本的に小型の魚が釣れる釣りだが、時折1キロUPのイシダイなどがかかり、強烈な引きこみがある。このときドラグ性能がよくないとハリスが瞬断される。

どんなリールでもよいがドラグがきちんと動くものを選び、釣りをはじめる際は、ドラグ設定をきちんとしておこう。

仕掛けと餌

ウイリー五目の仕掛け

20~25センチ程度の弓型天秤にサニービシ・カゴ30号~40号程度(水深によって変動)をつける。クッションゴムはとくになくてもよく、つけないほうがアタリがわかりやすいので初心者にはおすすめだ。

サニーカゴなどのビシ穴調整は、2回シャクリを往復したときにアミコマセが残ってもどってくる程度に調整するとよい。特にアタリが集中しているときは、あまり大量のコマセを出さなくても十分釣れる

仕掛けは、3本針(ウイリー2本+1本空針。ハリス全長2.5メートル程度)が一般的で、一番下側の空針にオキアミをつける。オキアミ以外の釣り餌には、アカタン、サバの切り身、アオイソメなどをつけてもよい。共通するのは、あまり大きく餌をつけないこと。狙う魚の嗜好性によって餌は変えていこう。

ハリスの太さはどんな釣り人にとっても気になることだが、イシダイやイナダなど比較的引きが強いものが多いときはフロロカーボンの3号、アジなどが主体などのときは2号のほうがアタリは伸びる。が、基本的に3号主体で釣り、アタリが他の釣り人より出にくい場合、2号に下げるぐらいでよいと思う。

ウイリーの色は白・ピンク・緑などがあるが、色によって食いの差がでることはあまりないのでそれほど気にしなくてもよいと思う。

また、オキアミをエサにするときは食いによってつけエサのサイズを調整しよう。食いが渋いときはちぎって半分にしてつかってもよい。

船がすいていて泳がせ釣りを並行で行う場合、ロッドキーパーがあると2本ダシも可能になる。キーパーをレンタルするか持参しておこう。

LT五目(ライトウィリー)釣りで釣れる魚

シマダイ(石鯛の幼魚)

マアジ、マルアジ、マサバ、ゴマサバ、ハナダイ、イシダイ、メジナ、クロダイ、ヘダイ、ホウボウ、カサゴ、マダイ、イナダ、ワラサ、ムシガレイ、メバル、カイワリなど。

五目というだけあって、狙うタナによってさまざまな魚が釣れる。

底付近では根魚が釣れやすいし、底をきってから中層までは回遊する魚が釣れやすい。多くの船宿では船長によるタナの指示があるはずなので、釣りたい魚の泳層を見極めて釣ろう。

庄治郎丸さんの相模湾LT五目でマトウダイ

マトウダイ。掃除機のようにアジなどを吸い込む

釣れたマイワシ、ウルメイワシ、マアジ、マルアジ、小サバあたりを泳がせると、ワラサや底もののマトウダイ・ヒラメなども狙うことができる。

相模湾船釣り ヒラメ

平塚港庄治郎丸のライトタックル五目でマルアジを泳がせて釣ったヒラメ

また、ウイリーでかかった魚に、これらの大型魚が食らいつくこともある。

LT五目(ライトウィリー)の釣り方

相模湾でウイリー五目

相模湾の場合、冬であれば富士山を眺めながら釣りができることも

  1. 船長の指示ダナをきいておこう(例:「底2~10メートルまで1メートルごとにしゃくってみてください」)
  2. ビシや天秤と仕掛けが絡まないように投入し、絡んでいないことを確認したうえで落とし込む
  3. 着底後、糸ふけを巻き取り、底からハリス分リールを巻き上げる(2m程度。竿先は海面にむいている状態)
  4. 竿先が海面にむいている状態から50cm~1mしゃくる(竿が水平状態で約1m)
  5. しゃくりあげた水平の位置で2~5秒程度待つ(活性や狙う魚によってわける)
  6. 竿先を海面までもっていきながらあまった道糸を巻き取る
  7. 以降4~6繰り返し

魚の活性が低い場合はしゃくる幅を短くして待ち時間を長くとると効果的な場合がある。

魚によってもしゃくり方への反応が異なり、イシダイなどは比較的メリハリをつけてしゃくったほうが当たりやすい。

LT五目(ライトウィリー)釣りにチャレンジできる船宿がある港

金沢八景(金沢漁港)

一之瀬丸(アミ五目という名称)
忠彦丸

腰越漁港

萬司郎丸

茅ヶ崎港

まごうの丸
沖右ヱ門丸

平塚港

庄治郎丸
庄三郎丸

※季節や釣況によってLT五目船を取りやめることがあるので事前に予約してから訪れよう。

LT五目(ライトウィリー)の参考タックル

ロッド(8:2)

先調子のロッドは釣り初心者でもシャクリのタイミングをとりやすく、目感度も高い。

ロッド(7:3)

7:3のロッドはウィリー五目だけでなく、泳がせ釣りにも併用しやすい。

【保存版】船竿選びに迷っているあなたに朗報!私がオススメする万能釣り竿5選を紹介

2018.01.07

リール

特に高価なものでなくてもよい。ダイワやシマノのような主要釣り具メーカーの製品でも1万円以下のもので十分に利用できる。ブラックバス用のベイトリールも併用可能。

PEライン

PEラインと錘の号数は船宿の指定によるが、だいたいPE2号に錘40号が基本。

【保存版】経験者が語る!はじめての手巻き船リールの選び方とオススメリール9選

2018.01.12

天秤

食わせの間を考えたときに天秤はストレートより弓型がよい。形状記憶合金を利用して、魚の食い込みをよくしているアイテムも登場してきている。

ビシ

潮切れもよく、シャクリのときに抵抗がすくないサニーチビライト40号を利用している人が多い。天秤とビシは船宿でも無料レンタルしているので好みがなければそちらを利用してもよい。

仕掛け

ウィリー2本針+空針1本が基本。サバが多いタイミングなどは、トラブルが多くなるのでハサミでカットして2本や1本針にしてもよい。空針にケンがついているものは、オキアミがずれにくいのでよい。

LT五目(ライトウィリー)の魅力

相模湾でウイリー五目

LT五目は、かんたんにはじめられ、いろいろな魚が釣れるところに魅力がある。

単純にタナをとってシャクルだけと思われがちだが、釣果を伸ばすためには奥が深い。人がすくないときに釣行すれば船長の許可のもと泳がせ釣りなどもできるので楽しみも2倍だ。ぜひ試してみよう

関連記事

相模湾のLT五目でヒラメと石鯛を釣りたい!|平塚港庄治郎丸

2018.01.15

【保存版】船竿選びに迷っているあなたに朗報!私がオススメする万能釣り竿5選を紹介

2018.01.07

【保存版】経験者が語る!はじめての手巻き船リールの選び方とオススメリール9選

2018.01.12

【東京湾と相模湾】釣り初心者と女性にオススメの船宿

2017.12.27

ライトタックルで狙う高級魚『アマダイ』の釣り方とコツを徹底解説!

2017.10.03

『アミ五目』という名の釣りにいってきたので詳しく解説する@金沢八景一之瀬丸

2018.10.08
<お知らせ>
🎣ORETSURIに寄稿してみませんか?
🎣ORETSURI読者の集い『釣りトーク』をFacebookでチェック!
🎣らっしゃい!ORETSURI釣具店営業中
☀Amazonプライムで釣具のお急ぎ便無料+映画TV番組見放題+100万曲以上聴き放題-ad

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!