この記事は約17分で読めます。

【決定版】はじめての船竿の選び方。私がオススメする万能釣り竿6選を紹介

釣竿

レンタルロッドで船釣りに挑戦してみると次第にマイロッドがほしくなってきますね。はじめはレンタルがお手軽ですが、感度が低く重量が重いものも多いといえます。手になじむものや狙う釣り物に適した自分専門の釣り竿を手に入れることができれば、さらに楽しい世界がまっています。今回は初めて船釣りに挑戦される方や船釣り初心者向けに船竿の選び方を紹介します。実際に販売されている船竿を独自視点で選び購入した筆者(@tsuyoshi_hirata)の意見なので参考になる人も多いはずです。

スポンサーリンク

船竿の特徴について

ライトゲームBBが曲がる!

船竿はルアーフィッシングではベイトロッドと呼ばれる形式のものがほとんどです。リールシート上部に両軸リール(ベイトリール)を乗せられるようにできています。

シロギスやカレイなどキャスティングをして手前に探ってくるような釣りではスピニングロッドも使われますが、船の釣りの場合、釣り座の直下に落とし込むのが基本です。

船釣りではオマツリをさけつつ仕掛けを操作しやすくするため、物理的に真下に落としてタナを探る釣りがメインになるわけです。

またタナを細かく探ったり微調整をする釣りの場合はスピニングリールだと作業工数が多くなります。

<リールによる特性>

  • 両軸リール(ベイトリール):クラッチを切る→リールを巻く(クラッチをつなぐ)
  • スピニングリール:リールのベールを起こす→ベールを戻す

仕掛けを落とす際の動作はそれぞれ同じように見えますが、スピニングリールを利用した場合、実際は持ち手をかえる動作が入るため1日船釣りをしていると手返しの点でかなりのロスが生じます。

厳密にはリールのハンドルを左巻きにするか右巻きにするかなどで作業工数は変動します

釣りは仕掛けを水中におろしていない限り魚を釣ることができません。そのため、手返しがよくなるということはそれだけ釣果を上げる可能性をあげることに繋がるわけです。

スポンサーリンク

はじめての船竿の選び方

ライトゲームSS

次に、はじめて船竿を買うときの選び方についてお話します。まずおかっぱりの釣りを含めて釣り自体が初心者である場合は、以下のポイント全体を把握しておきましょう。

おかっぱりの釣りには慣れていても船釣り初心者の方もいると思います。そういった方は、オモリの号数に注目しておくとよいかと思います。

<船釣りの釣り竿を選ぶ6つのポイント>

  1. 竿の調子(釣り竿の曲がり方)
  2. 適合するオモリの重さ(オモリの号数)
  3. 竿の長さ
  4. 竿の素材(カーボン・グラス・ガイド素材)
  5. 竿の見た目
  6. 竿の値段とラインナップ

では、それぞれ説明していきます。

①竿の調子

大津 アジ釣り

船竿の調子というのは、竿がどの部分から曲がるかという意味合いです。極先調子(9:1=キューイチ)、先調子(8:2-7:3)、胴調子(6:4、5:5)のように多く分かれています。

それぞれ数字をふっていますが、これは竿全体が10だとすると、どの部分から竿が曲がるかを指しています。9:1であれば全体の1割の部分から竿が曲がるわけです。

次にそれぞれ調子の特徴をみていきましょう。

おだやかなカワハギ釣り

極先調子(9:1)の釣り竿はアタリがとりやすいが魚がバレやすい

極先調子(9:1)の釣り竿は主にカワハギ釣り・フグ釣り・スミイカのテンヤ釣りで用いられています。

カワハギやフグのようにエサをとるのがうまい魚のアタリを繊細に感じ取ることに適しています。

一方、9:1の釣り竿はは魚がかかったときに竿の曲がりによるショック吸収力が低いため、魚がばれやすかったり、穂先(竿の先端)部分が折れやすかったりします。特に繊細なカワハギ専用竿などは穂先ガードを付けて持ち運ぶことが一般的です。

先調子(8:2)の釣り竿はコマセをつかった釣りなどで、シャクリという竿を勢いよく立てる動作の制御がしやすい利点と、適度にアタリもわかりやすいという点があります。

コマセをつかったアジ釣りや五目釣りなどでは、それほど神経質に釣り竿をしゃくらなくても魚が釣れますが、先調子気味の釣り竿を使うと、しっかりメリハリをもってしゃくることができます。

アマダイ釣りの誘い

アマダイの釣りでは餌が残っているかを敏感に感じ取る必要がある。8:2がオススメ

8:2の調子が生きてくる釣りは昨今東京湾や相模湾でも人気のアマダイ釣りです。

アマダイの釣りはコマセを使ったアジ釣りなどと比較して水深が深め(60~100m程度)なのですが、釣り鈎に餌のオキアミがしっかりついていないと、なかなか釣り上げることができません。

本命以外の魚である黄鯛・トラギス・アカボラ(ヒメコダイ)が餌をついばんだり、本命が浅くついばんだアタリに気づかないと、いつまでも空針状態で釣り続けてしまうため、アタリに敏感である必要があります。

こうした要素を踏まえ初心者がアマダイを釣る際は、7:3の調子の竿より8:2の釣り竿で挑戦することをオススメします

感度には手元でわかる『手感度』と眼でわかる『眼感度』がある。先調子の竿は主に眼感度に影響する。

相模湾で泳がせ釣り

7:3の釣り竿は一番汎用的に使えるので初心者が最初に選ぶのに適している

先調子(7:3)の釣り竿は感度を重視しつつ食い込ませる部分をも意識したバランス型の調子です。

コマセの釣りをしていると、魚のアタリはあるものの、エサのオキアミが先端のみ食いちぎられていたりすることがあります。これは魚が竿や仕掛けの抵抗感に警戒心をもっている状態であったりします。

こうした魚の活性に難があるときは、やや胴に調子が移ってきている船竿を使うと魚をヒットさせやすくなります。

マゴチ釣り

ダイワのマゴチX。7:3調子の船竿

また7:3の調子はマゴチ釣りのように、アタリに対して食い込ませが必要かつ、強いアワセが必要な釣り物にも適しています。

シマノ ライトゲームSS TYPE64 MH230 は胴調子の竿。

 

胴調子(6:4、5:5)の釣り竿は眼で穂先のアタリをとるという眼感度重視ではなく、基本的に違和感なく魚に食い込ませるという点に注力したものです。

真鯛のようにコマセカゴの存在や上下の動きなどに警戒心を持つ繊細な魚や、泳がせ釣りでヒラメや青物を狙うときに使われることが一般的です。この調子の竿はときとして海外での呼び名からムーチングロッドとも呼ばれます。

真鯛を専門に狙う際は、コマセカゴや仕掛けなどを指定されたタナからできるかぎり動かさないことが必要です。

波風による船の揺れなどを胴調子の船竿は吸収してくれるため、多くの真鯛釣り師は胴調子の竿をキーパーに取り付けて置き竿にして狙っています。

青物(ブリ やカンパチ類)やヒラメを狙う際に胴調子の竿をつかうと、生き餌のアジやイワシなどに魚が食いついたあと、違和感を持たれづらいため、しっかり食い込むといわれています。

②船竿に適合するオモリの重さ(号数)

40号の錘

オモリと竿のバランスがあっていないと釣りにくい

岸釣りやルアー竿では対応しているオモリのグラム数が釣り竿に表示されているかと思います。

例えばブラックバス釣りのライトクラスのスピニングロッドであれば、3-12gのように設定されているので、ルアーはその範囲内の重量を選べばよいわけです。

一方、船竿の場合はオモリの号数表記で選択する必要があります。

米元丸のビシ

アジ釣りでよく用いられるコマセカゴ(ビシ)

たとえば、ライトタックル指定の釣り船でアジを狙う場合、40号程度の錘がついたコマセカゴで釣ることが一般的です。

メインで狙うことが多い釣りで利用するオモリを事前に確認しておき、対応している釣り竿を選ぶようにしましょう。

25-80号と記載された船竿があったときに、40号のオモリをつけて釣りをすれば比較的余裕をもって釣りができます。

この範囲外のオモリも使えなくはないですが、5号のオモリを使うと竿先で錘の着底を判別しにくいですし、120号のオモリをつかえば魚もかかっていないのに竿が曲がりすぎてしまいます。

オモリが竿のスペックとずれている場合、竿の操作もしづらくアタリもなにもわからないようになってしまいます。

釣りの単位を勉強しよう!海釣りのオモリ号数とグラム(g)換算編

2018.11.25

③竿の長さ

船竿は短いほど扱いやすく、長いほど操作がしにくく持ち重りします。

長い竿のメリットは、竿のリーチを生かして仕掛けを動かしたり魚に合わせを入れることができる点や置き竿に適しているという点があります。

また、周囲と長さを変えることによって船が流している軸をとなりあった釣り座とずらして釣ることができるというメリットもあります。

船釣り初心者でアジや五目釣りなどをする場合は、1.8m-2m程度の釣り竿が仕掛けの操作もしやすく軽量でもあるので、1日操作しても疲れません。

メバル釣りなどの場合、仕掛け自体が長く枝針も多くなります。こうした釣り物では竿が3m強あったほうが有利です。

他に真鯛狙いの竿(テンヤ・コマセ)についても3m前後の竿が選ばれます。これは警戒心の高い真鯛の食い込みをよくし、強烈な引きに耐えるためです。

基本的に船竿は2m前後が汎用的で、そこから釣り物によって長さを変えていくと覚えておけば問題ありません。

④竿の素材(カーボンorグラス・ガイド素材)

カーボンかグラスかの違い

一般に釣り竿の感度はカーボン素材がグラス素材に優ります。

船竿はルアーロッドと比較してねばり(食わせ要素)や強度を考慮してグラス素材の含有率が高いのですが、カワハギなどの感度重視の釣り物向けの竿は、カーボン含有率が高いことが多いです。また多くの場合、高級竿は入門品よりカーボン含有率が高く設定されています。

カーボンメインのロッドはグラスメインのロッドより軽いため、手持ちで1日操作するようなカワハギ・マゴチ・タチウオやLTウイリー五目といった釣り物に向いています。

基本的に手持ちで釣りをするロッドはカーボン含有率が高めでなるべく軽めのロッドを利用したほうがよいと覚えておきましょう。

船釣り イシモチ釣った

イシモチは餌の本アタリまで時間がかかるため感度が低いほうが食い込みがよくなる

グラスメインのロッドは強度が必要な大物の泳がせ釣りや、あえて感度を落とすことで食い込みをよくする釣りに向いています。

ガイドの違い

ブラックバスやシーバス釣りなどで、オールSiCのガイドになれている方にとってはやや印象的かもしれませんが、船竿はトップガイドのみSiCガイドであるものが多く売られています。

  • 値段:SiCガイド>ハードロイ
  • 強度:SiCガイド>ハードロイ

こちらが釣り竿のガイド素材の価格と強度の関連性です。

船釣りの場合、初心者は巻き上げ時にサルカン(スナップスイベル)部分をトップガイドに巻き込んでしまうことが多く、ガイドを破損する可能性が高いと言えます。

そのため、入門ロッドでもTOPガイドのみSiCガイド製品を選んだほうがよいでしょう。SiCガイドはサルカンなどが接触しても割れたり傷がつくことがすくない素材です。

ダイワやシマノなどの主要メーカーの入門ロッド(ダイワ:Xシリーズ、シマノBBシリーズ)はTOPガイドがSiCです。

ほかにガイドを固定している金属の種類(フット部分)がありますが、ステンレスが一番汎用的で、チタン・カーボン等になるとより軽量で感度が良くなります。

⑤竿の見た目

釣具店にいくと同じ釣り物でも色々なメーカーから船竿が販売されています。

いろいろとスペック面について話しましたが、自分がこれはかっこいいと思える釣り竿を選ぶことはとても重要です。

釣り竿は釣り人にとって自分の分身のようなものです。

はじめにスペック面で選び、その候補の中から、この竿だったら釣れる気がする。もしくは手にもっているだけでなんとなくしっくりくる(カッコイイと思える)釣り竿を選ぶとよいでしょう。

好きな釣り竿であれば、きっと飽きず釣りをしていられるので、それだけ釣りへの集中力が続き釣果につながる可能性があがるわけです。

誰がなんと言おうと、自分にとって好きな見た目の竿を選びましょう。

船竿の見た目は、以下の要素できまります。

<船竿の見た目の要素>

  • 全体的なトータルバランス
  • グリップの素材(コルク・EVA樹脂などの人工素材)や形状
  • 竿のカラーリングやコーティングの濃淡
  • カーボンテープやガイドを巻くスレッドの飾り

多くの場合、高価な船竿ほど飾りがきれいになってカッコよくなることがしばしばです。

⑥竿の値段とラインナップ

船竿も他の釣り竿同様ピンキリですが、大まかに以下のようなクラスがあると覚えておきましょう。

  1. 専用ロッド(特殊な釣り物):5万円~
  2. 専用ロッド(上級機種):3万円~
  3. 専用ロッド(中上級機種):2万~
  4. 専用ロッド(ダイワ・シマノの入門機種):1万円台前半(ダイワがややリーズナブル)
  5. 専用ロッド(メジャーメーカー以外の入門機種):3,000円~1万円

船釣り初心者の場合は、4のクラスを選んでおけば間違いはありません。

もうすこし安く済ませたい場合は、5を選んでも問題なく使えます。

4と5の差で異なるのは、カーボン含有量等の違い(グラスメインの船竿が増えてくる)による重量や感度・強度の違いや、塗装などの仕上げや素材の高級感等のデザイン面です。

スポンサーリンク

筆者オススメの汎用船竿6選

船釣り

とーっても解説が長くなりましたね。

ここまで説明した予備知識をもとに、釣り具店の人のよさそうな店員さんに聞きながら1本目の釣り竿は選ぶとよいかと思います。

ここで、わたしがオススメする船竿を紹介したいと思います。

が、船竿といってもたくさんの種類があります。

本記事では、昨今人気なライトゲームを中心に1本あれば、いろいろと使いまわしがきく万能的な船竿(汎用ロッド)を紹介したいと思います。

船釣り初心者は、いきなり各釣り物向けの専用ロッドを買わずに、まずあれこれ狙える汎用ロッドを購入してから、そのうち特定の釣り物を極めたくなったら、中上級クラスを買うとよいでしょう。

そうすれば無駄な釣り竿を買うという後悔も少ないはずです。

<船竿を買う流れ>

  1. まずはレンタルロッドで試す(船宿にもよりますが500円~1000円程度)
  2. 次に、汎用船竿(ライトゲームロッド)を購入
  3. 釣り物に応じた中上級クラスの専門ロッドを購入

ライトロッドは、ダイワのライトゲームXシリーズか、シマノのライトゲームBBを購入しておけば間違いありません。

価格はダイワライトゲームXよりシマノのライトゲームBBシリーズがやや割高です。

シマノ『ライトゲームBB』とダイワ『ライトゲームX』はどちらがオススメか?

2018.10.12

船釣りをどれくらいやるかわからないし、もう少し安価なものを選びたいという人もいるはずです。

そういった場合は、プロマリンのバトルスティックシリーズが極めて安価なのでチェックしてみましょう。Amazonであれば3,000円前後~購入可能です。

プロマリンの竿はグラス主体なため、重量はダイワやシマノ製品と比べ持ち重りしますが、コマセを使ったアジ釣りなど感度をさほど求められない釣りでは全く問題なく利用できるでしょう。

1万円以内で船竿とリールが揃う!最強にリーズナブルな『バトルスティック船』がオススメ!

2018.10.11

筆者が選んで実際に使っている船竿類もこちらにまとめておきましたので参考にしてみてください。

ORETSURI推奨:初心者におすすめの船竿5選

  1. シマノ:ライトゲームBBシリーズ
  2. ダイワ:ライトゲームXシリーズ
  3. ダイワ:ライトゲームXVシリーズトリガーグリップがないのでスピニングとベイトの併用可能
  4. ダイワ:モバイルXシリーズ(4本竿のコンパクトタイプ)
  5. アブガルシア:Kurofune 黒船シリーズ
  6. プロマリン:バトルスティック船シリーズ

※実勢価格での価格順にならべています。3と4はほぼ同じ価格。

※それぞれ8:2もしくは7:3のロッドのM(ミディアム)or MH(ミディアムヘビークラス)選ぶのがオススメです。

最初の一本は20号~80号までのオモリを中心に使えるものがベスト

より広い釣り物にチャレンジしたい場合は、20号~80号程度までのオモリ号数に適したモデルを購入するとよいでしょう。この範囲であれば、以下のようなライトゲームで人気の釣り物すべてに対応できます。

  • シロギス
  • カワハギ
  • カサゴ
  • カレイ
  • マゴチ
  • タチウオ
  • アマダイ
  • アジやコマセをつかった五目釣り系
  • ライトヒラメ釣りなどの泳がせ釣り

※東京湾・相模湾での釣り物・釣り方をメインに想定してます。

シマノとダイワの汎用船竿はどちらがよいのか?

好みもあるところですが、シマノのライトゲームBBとダイワのライトゲームXを比較したときに以下のような差があります。

  • カーボン含有率(感度と軽さ): シマノ・ライトゲームBB > ダイワ・ライトゲームX
  • 価格がよりリーズナブル: ライトゲームX > ライトゲームBB(2,000円程度シマノが割高)

筆者の場合、2,000円程度の実勢価格の差であれば、感度と軽さを高めたいという考え方をもっていて、ライトゲームBB H190(もしくはMH)を船釣り初心者にはオススメしています。

シマノ『ライトゲームBB』とダイワ『ライトゲームX』はどちらがオススメか?

2018.10.12

シマノ:ライトゲームBBシリーズ

ライトゲームBBが曲がる!

ライトゲームBBは国内2大釣具メーカーの1社シマノが提供する船釣りのライトゲーム用の入門ロッドシリーズ。

TOPガイドのみSiCでその他はハードガイド。カーボン含有率はダイワのライトゲームXシリーズより高く、比較すると軽量かつ感度が高い。価格はライトゲームXシリーズよりは割高。

シマノのライトゲームBBとバルケッタは船釣り初心者にオススメ(使用感・印象・インプレ・レビュー)

2017.09.18

ダイワ:ライトゲームXシリーズ

ライトゲームXは国内2大釣具メーカーの1社グローブライド(ダイワ)が提供する船釣りのライトゲーム用の入門ロッドシリーズ。

TOPガイドのみSiCでその他はハードロイガイドなのはシマノのライトゲームBBと同様。

カーボン含有率はシマノのライトゲームBBより低いが、『ブレーディングX』によりバット部分が強化され、ロッド操作時のネジレが抑制されている。

価格はライトゲームBBシリーズよりリーズナブル。

ダイワ:ライトゲームXVシリーズ

ライトゲームXVはシロギスやカレイなどスピニングタックルを使う釣りも考慮されたアイテム。

ベイトタックル・スピニングタックルの両方で使えるバーサタイルモデルでスピニングタックルで船釣りをしたい場合にもうってつけのアイテム。

『ブレーディングX』搭載はライトゲームX同様。

【万能】ベイトもスピニングの釣りもOK!ダイワ「ライトゲームXV」を紹介!

2018.05.08

ダイワ:モバイルXシリーズ

ダイワのモバイルXは移動をふくめた釣行スタイルを重視してつくられた船竿。

船竿以外の釣り竿ではパックロッドがあったが、船竿においてはダイワがリードした感がある。

電車釣行派や荷物をコンパクトにまとめたい釣り人には最適。スペック面はライトゲームXと近しい。

アブ・ガルシア:Kurofune 黒船シリーズ

世界的な釣り具メーカーであるアブ・ガルシアによる船竿。

リーズナブルな価格帯ながらカーボン含有率が98%と高く、カーボンXテープを採用し強度の高いブランクスに仕上がっている。

利用者はシマノやダイワより少ないが、オススメのシリーズ。

プロマリン:バトルスティック船シリーズ

バトルスティックにアタリが

バトルスティック船はグラス100%のため丈夫かつ粘りが強い。やや持ち重りがある。

リーズナブルな釣り具を広く提供するプロマリンが販売する汎用船竿シリーズ。グラス主体のラインナップで比較的持ち重りするが丈夫。

Amazonでの実勢価格は3,000円前後と価格は圧倒的にリーズナブル。貸竿6,7回分(500円×)で購入できるのが魅力的。

船釣りで長く愛用する人もいる人気シリーズ。

▼使いやすいのは195L。

船竿選びは好みも重要

釣竿

本記事では船竿の選び方に迷っている方向けにはじめての一本の選び方を解説してきました。

メーカーやスペック・価格など様々な要素で総合的に検討して購入するかと思いますが、重要な点として改めてお伝えしたいのは自分がその船竿をもって、かっこいいと思えるか、しっくりくると感じられるかです。

船釣りに臨むとき、より気持ちよく釣りができるかはスペック以外に、その竿を信じられるかという要素もあります。

この記事がなんと言おうと、誰が何と言おうと、自分がこれだと思った船竿を購入すればよいと思います。

筆者はシマノのライトゲームBBという船竿がいいといっていますが、自分がダイワやそのデザインが好きであればライトゲームXでよいのです。

人の考えは参考程度にして、最後の意志決定は自分の心の声に従ってみてください。

みなさんにとって船釣りのいい相棒に出会えるとよいですね。

船竿についての関連記事

シマノのライトゲームBBとバルケッタは船釣り初心者にオススメ(使用感・印象・インプレ・レビュー)

2017.09.18

【万能】ベイトもスピニングの釣りもOK!ダイワ「ライトゲームXV」を紹介!

2018.05.08

1万円以内で船竿とリールが揃う!最強にリーズナブルな『バトルスティック船』がオススメ!

2018.10.11

シマノ『ライトゲームBB』とダイワ『ライトゲームX』はどちらがオススメか?

2018.10.12

船竿に合わせたい両軸リールについての関連記事

【保存版】経験者が語る!はじめての手巻き船リールの選び方とオススメリール9選

2018.01.12

【高コスパ】4,000円台で買える!アブの『BLUEMAX船3(ブルーマックス)』は初心者にもオススメ!

2018.09.01

シマノの小型両軸リール「GENPU(ゲンプウ=幻風)」は船釣り初心者にオススメ!

2018.08.18
<お知らせ>
☀【釣り具半額】楽天スーパーセール開催中!6/11・1:59まで
☀Amazonタイムセール開催中!アウトドア商品がお得

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

平田 剛士

ORETSURI編集長。釣り歴30年ぐらい。いつの間にか釣りメディアをはじめていたもので人生不思議だなーと思っている今日この頃。 口癖は「釣りはいいよねー」