1,047 views

この記事は約8分で読めます。

1万円以内で船竿とリールが揃う!最強にリーズナブルな『バトルスティック船』がオススメ!

大津港でボート釣り

釣り船を利用した遊びは、釣り具も安価にレンタルできて便利ですね。

一方、次第に自分の釣り竿がほしいなと思ったり。

また、手漕ぎボートの海釣りなどはレンタルがないところもあるのでマイロッドが必要ですね。

今回は最も気軽に揃えられるプロマリンの『バトルスティック船シリーズ』を主軸としたタックルをご紹介します。

スポンサーリンク

レンタルロッドとリールの課題

船宿で安価に借りることができるレンタルタックルは船釣り初心者にとって大変重宝するものですが、品質に差があることもしばしばです。

出船前にチェックが必要ですが、

  • リールを巻くときに異音がして気になる
  • リールの回転が硬くて巻きずらい
  • ロッドのグリップ部分(リールシート)がうまく締まらずリールがぶれる
  • PEラインがレベルワインド部分に引っかかりやすい(例:シマノ・チタノスGT)
  • PEラインのほつれが目立つ
  • リールとロッドの重量が持ち重りする

などなど。

良くメンテナンスされているものもありますが、どうしても品質が均一ではなく、その日その日で使い心地がかわって来ます。

<関連記事>

【釣り初心者要チェック!】船宿のレンタルタックルで確認したい4つのポイントとは!?

2017.09.18
スポンサーリンク

マイタックルのメリット

船釣り 置き竿

一方、マイタックルは自分でつかいなれたものを選んで釣りをすることができます。

一定レベルのものを選べば感度も高いですし、軽く使いやすく釣果も上がりやすいと言えます。

スポンサーリンク

あなたにはプロマリンの『バトルスティック船シリーズ』がある!

大津港でボート釣り
  • ダイワ・シマノの汎用ライトゲームロッドは市場価格で10,000円強
  • リールは軽量両軸リールが6,000円前後
  • PEラインの1.5号程度を150~200m巻くと1,500円程度

これらを合計すると、18,000円~20,000円程度になるはずです。

コマセをつかった釣り等であれば天秤とコマセカゴはレンタルするとして、あとは仕掛けを買うというのが船釣りのマイロッド入門者のながれなのですが、この2万円をもう少し安価にしたい。

AmazonなどのECサイトをさまよっている方のなかには、こう思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなときにオススメなのがプロマリンのバトルスティック船シリーズです。

バトルスティック船シリーズとは?


バトルスティック船は、プロマリンが販売している船竿です。

<特徴>

  • バットジョイント(グリップ部分からロッドをつなぐ)
  • 6:4調子(胴調子)
  • グラスソリッド
  • グラス主体(カーボン率10%)

こちらが特徴です。

規格全長
(m)
継数仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
適合鉛カーボン
率(%)
180UL1.8021321861.0/11.310~60号10
180L1.8021321871.2/11.820~80号10
180M1.8021322061.5/12.830~100号10
180H1.8021322301.8/13.950~150号10
195L1.9521461991.2/11.820~80号10
195M1.9521462201.5/12.830~100号10
195H1.9521462601.8/13.950~150号10

出典:株式会社浜田商会

最大のメリットは、価格が安いという点。

ライトゲームのターゲットに適した釣り物は20号~80号のオモリを使えるロッドが汎用性が高いのですが、バトルスティック船シリーズでは、180L、195Lが当てはまります。

この180Lの販売価格は、Amazonですと、

なんと、

価格: ¥ 2,936 + ¥ 680 (配送料)※2018-10-11時点

と、いうことは、3,616円。

おい冗談だと。と思ってしまう価格にもみえますね。

でも、これが事実なんです。

なんと飲み代1回未満で買えてしまうというすばらしさ。

バトルスティック船に適した釣りは?

グラス主体の釣り竿ということもあり、重さが主要メーカーのロッドの2倍ほどで、感度の点でも劣るという点を覚えておく必要があります。

また調子が6:4の胴にのるものであるという点も重要な特性です。

以上を踏まえて、重さは置き竿等で許容するとして、適した釣り物は、感度よりも食い込みが求められる魚を選ぶ必要があります。

<バトルスティック船で狙いやすい魚>

釣ったアジ
  • アジ
  • ライト五目系のコマセを利用した釣り物
  • カレイ
  • イシモチ
  • 真鯛(手漕ぎボート。釣り船ではやや長さ不足)

これらの釣り物は、むこうアワセで釣れる魚です。

ライト五目で比較的スピーディにウィリー仕掛け等をしゃくっていく釣りではややしゃくりにくいというのはありますが、手持ちや置き竿により食い込ませて釣る釣り物であれば問題なく対応できます。

<バトルスティック船で狙いにくい魚>

  • マゴチ
  • アマダイ
  • カワハギ

バトルスティック船で狙いにくい魚はこちらです。

マゴチ

金沢八景一之瀬丸 マゴチ釣った

マゴチはアタリが繊細なためバトルスティック船では眼感度・手感度ともにわかりにくく、駆け引きでリードすることができません。

キーパーを使って置き竿にして勝手に食わせるというのはやや期待できますが、胴部分から曲がるため、力強いフッキングができず、結果的に飲まれてしまいハリス切れもしくは針がかりせずバレやすくなります。

アマダイ

アマダイ

アマダイは水深が60m~100mのポイントを釣りますが、コマセをつかわない釣りでオキアミのつけえさを主体に狙います。

この釣りでは、アマダイやそれ以外のゲストに餌をとられたか、突っつかれて餌がくずれている状態かを敏感に把握することで釣果があがる釣りものです。

バトルスティック船は食い込みはよいですが、黄鯛やトラギスなどのゲストが餌をかじったということがわかりにくいということもあり、あまり向いていません。

カワハギ

カワハギ

エサ取り名人ことカワハギのアタリはとてもわかりにくいと言えます。

そのため9:1や8:2の先調子の固めの竿を使うのが一般的です。

バトルスティック船は6:4調子の竿のため穂先や手感度でカワハギのあたりをとりにくく、結果的に釣果が伸びません。

例外としてアオイソメなどをつかい完全に食わせる釣りではつかうことができます。(気づいたら釣れている釣り)

バトルスティック船に合わせる両軸リールは?

むこうアワセの釣りものに向いているということがわかったバトルスティック船ですが、軽量な両軸リールと組み合わせることで、全体の重量を低減することができます。


チタノスGT堅牢さがあるが重い(GT2000=360g)


小船800=335g

釣り船のレンタルタックルではシマノの小船やチタノスGTが利用されていることがしばしばですが、これらは堅牢性や剛性が高いものの比較的重量もあるアイテムです。

最近は安価で軽量な両軸リールがダイワやシマノから販売されています。これらをプロマリンのバトルスティック船シリーズに組み合わせることで、全体重量を減らすことができます。

<シマノの軽量両軸リール>

シマノ・ゲンプウ=205g・ 5,548円(バトルスティック船180Lと組み合わせて9,164円)

シマノの小型両軸リール「GENPU(ゲンプウ=幻風)」は船釣り初心者にオススメ!

2018.08.18

<ダイワの軽量両軸リール>

ダイワ・プリード=205g 5,548円(バトルスティック船180Lと組み合わせて8,991円)

<アブガルシアの軽量両軸リール>

ブルーマックス=228g 5,823円(バトルスティック船180Lと組み合わせて9,439円)

アブの『BLUEMAX船3(ブルーマックスフネ)』は船釣り初心者にオススメ。タコ釣りにも使える!

2018.09.01

この3つのリールを比較したときにハイギヤ(巻き上げが速いが巻き上げ力は劣る)のアイテムを選びたければダイワのプリード。そうでなければシマノの幻風とアブのブルーマックスを好みで選ぶとよいでしょう。

いずれにしてもバトルスティック船とあわせれば1万円以内で購入可能です。

PEラインを含めても1万円ちょっとで船釣りタックルがそろうというお手軽さ。

関連アイテム

前述の釣り物にあっていて、使いやすいのは180Lか195Lです。

関連記事

釣り入門者・初心者にオススメのプロマリンの釣り具を一挙紹介!

2018.02.25

【コスパ最強伝説】釣り船やボートでシロギスを釣るなら『極仙キス』という名の激安ロッドがオススメ!

2018.05.14
<お知らせ>
🎣ORETSURIに寄稿してみませんか?
🎣ORETSURI読者の集い『釣りトーク』をFacebookでチェック!
🎣らっしゃい!ORETSURI釣具店営業中
☀Amazonプライムで釣具のお急ぎ便無料+映画TV番組見放題+100万曲以上聴き放題-ad

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!