10,516 views

この記事は約22分で読めます。

ライトタックルで狙う高級魚『アマダイ』の釣り方とコツを徹底解説!

アマダイ

釣りをしているとスーパーや魚屋では稀にしかお目にかからないような高級魚と出会える可能性がある。

今回は関西では『グジ』と呼ばれる超高級魚アマダイの釣りを紹介する。

スポンサーリンク

アマダイとは

アマダイ

標準和名

アカアマダイ(赤尼鯛、赤甘鯛)

学術的分類

スズキ目スズキ亜目アマダイ科アマダイ属

名前の由来

見た目が女性的で頬かむりをした尼僧にみえるためという説と身が甘いからという説がある。釣り人からは後者のイメージでアマダイ=水気は多いが甘い魚として認識されている。

アマダイの種類

釣り物としてのアマダイは、アカアマダイが一番ポピュラーだ。

次に黄身がかった黄甘鯛、白身を帯びたシロアマダイがいる。シロアマダイは滅多に釣ることができず幻の魚ともいわれ、漁業関係者からも一目おかれている。重量にもよるが一尾数万円程度で取引されることもある。

甘鯛の評価は西高東低?

甘鯛は関西では『ぐじ』と呼ばれ、京都を中心に高級魚として取り扱われてきた。もともと相模湾や東京湾にも生息していたが、近年は料亭やレストラン以外でも一般消費者が目にすることが増え、釣りものとしても釣り方が確立され評価が上がってきている。

スポンサーリンク

アマダイの生態

アマダイとヒメ

手前がヒメ、奥がアカアマダイ。

アマダイは回遊する魚ではなく水深3、40メートルから100メートル以深までの砂泥底に巣穴をほって生息している。アカアマダイは水深60メートル以深、シロアマダイはそれより浅場に多いと言われている。

海底に生息するアマダイの動画や写真をみると、巣穴がいくつも隣接していることから条件の良い海底には複数のアマダイが固まって潜んでいることがわかる。

アマダイは台風などで海が底荒れすると巣穴にもぐってしまい餌を食べにくくなるといわれている。これは餌の捕食を視覚面に頼っていると思われるため。底潮が濁っていても食いが悪くなる。

スポンサーリンク

アマダイが狙える釣り場

相模湾でアマダイ釣り

アマダイは全国的に分布しているが、東京・神奈川の場合は相模湾(江ノ島沖から二宮あたり)と東京湾(洲崎・城ケ島沖)どちらでも狙うことができ、秋口から春あたりまで専門で狙う釣り船が出ている。

水深は60~100メートル程度を狙うことが多い。

東京湾・相模湾でアマダイ船が出ている代表的な港

屋根を塗り替えた庄治郎丸

平塚港・庄治郎丸。秋から春にかけてアマダイ船が出船。

  • 金沢八景
  • 横須賀・久比里
  • 葉山鐙摺、芝崎
  • 茅ヶ崎
  • 平塚港
  • 湘南・片瀬
  • 真鶴・福浦

※これらの港にある船であれば、秋口あたりからアマダイ船が出ている。シーズンインは年によって異なるので、各船宿のウェブページを確認しよう。

相模湾の平塚・茅ヶ崎の両港は秋から春(3月4月)までの長期間アマダイ船を出している傾向がある。相模湾の場合は江ノ島沖あたりがポイントで東京湾の場合、城ケ島沖などがポイントになる。

福浦や伊豆半島東部の場合、急深のポイントがあり手漕ぎボートでもアマダイを狙うことができる。

アマダイを釣りやすいとき、釣りにくいとき

相模湾でアマダイ釣り

時化により底荒れしているときはアマダイはあまり餌を食べない。底潮が濁っているときも餌を視覚的に発見しにくいのか反応が鈍い。時化後に釣りに行く際は厳しい釣果になることが多い。

そのため、澄み潮で風波で底荒れしていないときに大釣りしやすい。他の魚と同様で潮は停滞してるより適度に動いているほうが口をつかう。

アマダイを釣るためのタックル

オキアミ 船丸

基本的に2L~3Lサイズの大き目のオキアミをエサとした餌釣りで狙われている。

他の五目釣りと異なりアミコマセは利用しないため、コマセの汚れが嫌いな人や虫エサを付けるのが苦手な方にも向いているかもしれない。

昨今はオモリ40号~50号程度、PEライン1号~2号程度のライトタックルの釣りが一般的だ。

アマダイ自体が大きくても50センチ程度のため、ガチガチのタックルで攻めるよりも先調子のライトタックルを利用し本命のあたりやゲストによるエサ取りを気づきつつ、手返しよく攻めていくスタイルが一般的である。

アマダイ釣りのライトタックルイメージ

相模湾でアマダイ釣り
  • 余裕をもって40号おもりを下げられる船竿。長さは2m前後
  • 竿の調子は8:2の先調子などでエサ取りのアタリがわかるほうがよい(重要)
  • 手持ちで狙い続けるのが基本なのでロッド&リールの重量ができるだけ軽いものを選ぶ
  • 軽量電動リールorPE1から2号が200メートル巻ける手巻きリール(高切れを考慮して200m)
  • 道糸のPEラインは2号を基準にしている船宿が多い。基本的に根がないところでの釣りのため根がかりはないため1号以上であれば十分対応できる
  • 底潮が速いときなどPE1号前後の細糸は吹きあがりにくいためタナを精確に狙えて有利
  • LT天秤+ハリス2メートル程度の2本針のアマダイ専用仕掛け(針はオキアミが回転しないように曲がりがないものを選ぶ)
  • エサはオキアミ(解凍品より不凍品の崩れがないものを使ったほうがよい)
  • オキアミ以外のエサでは、アオイソメの房掛けやホタルイカが知られている

※ライトタックルでない場合は80号のオモリを利用し、PE3~4号程度を使う。船宿ごとに指定があるため事前に確認して釣行に臨もう。

手巻きライトタックルでのモデルケース

基本的に底上1メートルに錘を位置して、2本針の吹き流しの仕掛けを底付近に漂わせるため釣りのためリールのカウンターは不要だが、海底の変化やアタリを誘うための微妙なタナとりではカウンターがあると便利。水深100mまでであれば電動でなくても手巻きでも十分に狙えるが、ハイギヤのモデルを選ぶと手返しはよくなる。

シマノのスタンダードタックルでのセッティング(合計重量:340g)

ダイワのスタンダードタックルでのセッティング(合計重量:395g)

シマノのライトゲームBBとバルケッタは船釣り初心者にオススメ(使用感・印象・インプレ・レビュー)

2017.09.18

▶アマダイの釣り方へ

アマダイの釣り方の流れ

  1. エサをつけた針を沈める
  2. 着底後1メートル巻き取る
  3. リールを巻かず錘が海底から1m地点から30cmから1m誘いあげる
  4. エサが海底1m以内を静かに落下していく状況をつくる
  5. アタリは竿先で明確にわかるので向こうアワセで重さがのったら一定のスピードで巻き上げる
  6. 海面に魚が見えた時点で30cm以上ある場合はタモ入れをするのが無難

アマダイがよく釣れるコツ

次にアマダイをよく釣るための方法を解説していく。

アマダイの釣りでしっかりと釣果を上げるポイントは4つある

  1. オキアミをしっかりつける
  2. 仕掛けを絡めず沈める
  3. タナをしっかりとる(しっかり誘う)
  4. 空針状態で釣り続けることを避ける

それぞれ説明していく。

1.とにかくオキアミをしっかりつける

アマダイ釣りでのオキアミセット

オキアミは中心線にそってまっすぐ。身が曲がらないようにする。

まずオキアミはブロックを解凍したものではなく、不凍品(マルキュー船丸・Gクリル等の3L)で崩れがない大型のものを選ぶとよい。とくに黒い眼が2つそろっているものをえらぶ。

解凍品は、オキアミ自体が崩れやすく仕掛けを落とす際に針からずれてしまうこともある。

船宿で不凍品のオキアミが配られるものの、1日釣りをしている間に選別していると全体の50%程度しか良質なものがないこともある。気になる人は、余分に購入して持参しておくとよい。2名で隣り合って釣りをする場合は、3箱買っておき、良いオキアミを選別して釣りをすると釣果が伸びやすい。

アマダイ釣りの場合はコマセを用いないため誤魔化しがきかない。慎重にオキアミを刺そう。

尾羽はハサミで切ったほうが崩れがすくない。オキアミの背側をみながら釣り針がまっすぐ刺っていくのを確認しておく。針がけがまがってしまったものは捨てて刺し変えたほうが結果的に手返しがいい。

釣り鈎を工夫することで餌を刺しやすくもなる。太軸の丸海津針は3Lサイズのオキアミでも安定してさすことができる。また、釣り鈎の軸には『ケン』という返しが1つ以上ついているものを選ぶと餌のヅレが少なくなり釣果向上につながる。市販仕掛けではケンがないものもあるので注意。これはかなり釣果にかかわるポイントだ。

2.仕掛けは絡まない状態で沈める

アマダイ釣り

海面から仕掛けを落とし込む際は、オモリより先にまず餌を潮に流し、そこから錘を竿でささえながらゆっくり投入しよう。

このときに落下していくオキアミを注視する。

落下時にオキアミが回転していたり仕掛けが天秤に絡んでいる場合は、横着せず再度付け直してから落とし込むと結果として工数の削減となる。

アマダイの仕掛けは2メートル程度が一般的で、投入前に潮に流しても真鯛仕掛けのように隣りの釣り座には干渉しにくい。

潮の状況等や釣り座の感覚によっては、仕掛けが隣りの釣り座のPEラインに絡んだうえで落とし込んでいる人もいる。これはお互い余計な工数につながるので、自分の仕掛けのありかは常に正確に把握して落としこむとよい。

尚、市販仕掛けの長さは複数の長さをもっていくよりは、2メートル等同じ長さに統一した方が、誘いのイメージがブレにくい。

3.底べったりではなく、タナをしっかりとり誘いを入れる

アマダイとヒメ

アマダイとヒメ。新江ノ島水族館にて。

アマダイは砂泥底に穴をほって生活をしている。そのため基本的には底付近を探るのだが、テンビン仕掛けを底べったりに落として放置してはいけない。

これは仕掛けが海底をはってしまうことによりアマダイが餌の存在を捕捉しにくくなるからだ。アマダイをはじめ底にいる魚は視線より上から落ちてくる餌に反応しやすい。

誘いをくわえ潮流に乗ったオキアミを自然沈下させ、アマダイの顔のまえに置くというイメージをもっているとよい。

まず片天秤のオモリが着底した後1メートルほど底をきり、仕掛けを潮流に自然と流す。2本針を利用している場合、両方の針がどのあたりにあるかを想像しておき、魚が釣れた時点で錘の位置を微調整していく。

底上1メートルで黄鯛が連発する場合は、底上50㎝、30㎝と低く刻んでアタリの出方をみていく。

黄鯛

黄鯛が釣れるとタナがやや高い

底付近を狙えていればトラギス・アカボラ・ムシガレイ(ややタナが下)が釣れ、タナが上すぎる場合は群れている黄鯛(レンコ鯛)が連発する。

アカボラ

アカボラことヒメコダイ。アマダイと同じタナで釣れるので狙いはOK

海底付近の潮流を想像しながら、潮が速い場合は底からの巻き上げを50センチ程度と短くし、潮がゆるい場合は巻き上げを最大2メートル程度まで長くする。

この調整により、仕掛けを常にアマダイの面前に漂わせていくイメージが大切だ。

潮流が速すぎる場合や道糸の太さによっては、仕掛けがアマダイのタナを外れて黄鯛等のタナへ吹きあがるため、チモトにガン玉や板オモリを打ち、やや沈めるのもよい。また、そういった黄鯛連発の際は浮力につながる夜光玉類をすべて外しておくのも効果的だ。

ガン玉を打つ場合、アマダイ仕掛けのハリスがフロロカーボン3号程度のため、傷がつき大型のアマダイの引きで切れてしまうことを防ぐためにラバーコーティングされているものを利用するとよい。ガン玉には固いものと軟らかいものがあるが、軟らかいものが取り外ししやすい。再利用もできるのでハードタイプよりソフトタイプを用意しておくとよい。

板オモリであれば、微調整しやすくハリスへの傷もつきにくいがコンパクトにつけないと板オモリの表面にかかる潮の力で仕掛け自体が吹き上げられてしまう。注意しよう。

<ワンポイントアドバイス>アマダイの口にはやすり状の歯が並んでいる。竿先をあげてたるませているときにアタリがあった場合、高確率でハリスを飲んで釣れてくることも多い。一尾釣るごとにハリスの傷は確認したほうがいい。ハリスが傷んんでいる場合は、傷んでいるところからカットして丸海津やひねりのない伊勢尼などの釣り鈎を結びかえれば安く収まる。
<海底をオモリでたたくメリット>オモリが着底したときに、竿をやや上げてオモリで海底を叩くようにすると、縄張りを荒らされたとアマダイが思い巣穴から出てくるともいう。底荒れのときなど、アマダイは巣穴にもぐってしまっているが、しつこくたたいてから誘いをいれるとアタリがでることがある。通常の誘いでアタリがでないときはためしてみよう。

<季節や天候によって底上の潮流速度は異なる>まわりは釣れているのに自分だけアマダイが釣れないという場合、速い潮流に仕掛けが吹きあがってしまっていることも多い。この時黄鯛やサバがいれば、吹きあがりに気づけるものの、なんのアタリもないと気づけない。周りが釣れているのに自分だけ釣れない場合は、早い段階で、タナを下げ、ガン玉をハリスに打つなどの対応で様子をみるとよい。

4.エサが外れた空鈎状態で、無駄に釣り続けることを避ける

基本的に水深100メートル前後を狙う釣りのため、仕掛けを回収することが面倒になることがある。特に手巻きリールの場合は顕著なのだが、こうした怠慢がはじまるようではアマダイを釣ることは難しい。

オモリ着底後は、常に竿先・手元に集中しアタリをとる。アマダイ以外のゲストがあたったり、オキアミがすでにとられたりずれていた場合、当然アマダイは釣れない。あやしいなと思ったら必ず仕掛けを回収し、オキアミをチェックしよう。

この点を考えると、この釣りは先調子の竿かつ電動リールでチャレンジするのが有利ではある。一方、ハイギヤのリールであれば手巻きでも狙えなくはないので、予算等に応じて楽しもう。水深100メートルの手巻きリールはかなりの筋トレになるが、手巻きで竿頭になるとなんだか誇らしい気もする。

エサを付けて仕掛けを落とす際に、必ず仕掛けが絡んでいないか、オキアミが回転していないかチェックしよう。また、どんなに集中していても、落下や潮流の関係でエサのオキアミが取れていることに気づかないことがある。時計などをチェックして正確に5分、7分とカウントして、時間になったら一度餌を回収するのもよいだろう。釣り餌にオキアミではなくアオイソメやイワイソメ、ホタルイカを使うという方法もある。ガルプなどのワームで狙う人もいる。
イソメで釣れたアマダイ

イソメで釣れたアマダイ

※ガルプを密かに特餌としている人も。2本針の1本に刺しておくのもおもしろいかもしれない。

アマダイ仕掛けを自作する場合

アマダイの仕掛けはよくみるとかなりシンプルにできている。自作するのもまた違った面白さがある。

ケン付で、ひねりのないオキアミ専用の釣り針を用意する。ハリスは精確に2メートルとり、1.2メートルの位置で小型の親子サルカンを結び、枝すを30センチ程度とる。メインの釣り鈎は80センチのハリスを用意すれば合計で2メートルの仕掛けが出来上がる。

<重要なポイント>

  • ケン付を選ぶ(オキアミがずれない)
  • ひねりがない針を選ぶ(オキアミが回転しない)
  • 親子サルカンは大きすぎないものを(吹きあがる)

置き竿での放置はやめたほうがいい

相模湾で泳がせ釣り

どの釣りでも横着をしたくなる釣り人が現れるが、アマダイの釣りでは置き竿で放置してもあまり釣れない。

アマダイは海底にいるものだが、船はアンカーなしに常に潮や操船により動いているため、同じタナを狙っているつもりでも、仕掛けが底をはってしまったり、そこから数メートル上のタナを釣っていることになってしまったりする。

常に手持ちで底からタナをとり続けることがいい釣果をうむと考えてがんばろう。

置き竿にしてトイレにいくと釣れているというのはよくあることだが、船の移動によってオマツリの原因になることもあるので、控えておきたい。

大型のアマダイを釣り上げるために

アマダイ

40㎝を超える大型のアマダイを釣り上げるために、これといった奇策はない。

広い海の中で大型のアマダイが多いエリアというのはあるが、遊漁船の釣りでは自分でその場所を探すわけでもないため、アマダイがいるポイントへ常に仕掛けを流し誘い続けることで確率を上げる必要がある。

バッターボックスに立ち続ける。

これに尽きる。

一方、釣り座が隣りであるにも関わらず大きなアマダイをたて続けて釣っている人がいることもある。この場合はロッドアクションを真似しておこう。ゆっくりしゃくっている、底を熱心に小突いている、聞き上げの仕方など、なんらかの傾向があるはずだ。

アマダイは全長30㎝を超えると、ライトタックルということもあり、ヒット後に海面までに数回引きこむ。アタリがあってからしっかり合わせたあとは無理に巻き上げないようにしよう。

電動リールの場合はヒット後は一旦手巻きにして、獲物のサイズ感を把握し、しっかり針がかりしたことを確認してから電動に切り替えよう。大型を一気に巻き上げるとハリス切れにつながることもある。

アマダイ市販仕掛けのハリスは標準でフロロカーボンorナイロン3号であることが多い、40、50㎝のアマダイの場合、やりとりがシビアになるため、リールのドラグ設定もしっかり行っておくといい。

<バッターボックスに立つ回数を増やす>アマダイのポイント自体は根がかりしにくい砂泥底のため、高価だがタングステンシンカーを利用して落とし込みのスピードを上げ、手返しをよくするのもよいかもしれない。落とし込みは、完全にリールのスプールを放出するより、親指でサミングしながら遊びがでないように行ったほうが速く着底するし、オマツリの原因も防ぐことができる。

あたらしいアマダイの釣り方、ディギング

ディギングは、ディグアームというサニー商事が販売している特殊なテンビンを利用したアマダイ狙いの釣法だ。

オモリの先端がヘラのような形状をしているディグアームを着底させたあと、竿先で小突くと錘のへら部分が海底をえぐり煙幕をたてて、巣穴からアマダイが登場してくるという。

このとき仕掛けを巻き上げると、煙幕の中にオキアミがなじみそれをアマダイが食うということを想定した釣法のようだ。

海底にいる魚は砂煙をあげると寄ってくることが多い。これは、本能的に砂が掻き上げられたあとに甲殻類やゴカイ類が食べられると知っての行動かもしれない。

またディグアームはアマダイのカラーに似せたものもあり、縄張りを意識した個体を刺激するという要素もあるという。

実際にアマダイが何を考えて餌を食べているのかはわからないが、2016年からアマダイ釣りで釣果も上がり流行となった釣り方なので、興味がある方はディグアームを購入してためしてみるとよいだろう。

天秤につける錘を夜光タイプなどの目立つものにし、海底への小突きを多くしてみるのも似たような効果が得られるかもしれない。ピンクグローのスカリー40号も人気。

▶アマダイ釣りのゲストと食べ方

アマダイ釣りのゲスト

カイワリ

うれしいゲストカイワリ。塩焼きサイズ。

アマダイの釣りで釣れてくるゲストは以下の通り

  • シロアマダイ(希少種であり高級魚)同じ船宿で1シーズン1尾~数尾でるかどうか
  • 黄鯛(一番多いゲスト。タナが上すぎ。塩焼き・鯛めしにいい。水銀を微量に含むため妊婦さんは食べ過ぎに注意)
  • トラギス(天ぷらがうまい)
  • ムシガレイ(煮付け・唐揚げ)
  • アカボラことヒメコダイ(トラギスに似て、天ぷらがうまい)
  • カナガシラ(小型が多いのでアラ汁などにつかうとよい)
  • ホウボウ
  • サバ(深場で釣れるサバは脂も多く旨いので、必ず持ち帰りたい)
  • オニカサゴ(どさくさ紛れにサバなどの身餌で専門に狙っているひとも・・)
  • ハタ類(高級魚。鍋の具として絶品)
  • イトヨリ(む!50UPかと思ったらイトヨリだったり)
  • アラ(かなり小型が多い)
  • カイワリ(塩焼きがおすすめ)

どれも、おいしい魚なので持ち帰るとよいだろう。

アマダイをおいしく食べるコツ

アマダイは身に水分が多いため、昆布締めにしたり塩を振って水分を減らす調理法が一般的だ。

水分に配慮した食べ方を工夫すれば、どんな料理でもおいしくいただける。

城ケ島沖の釣果(アマダイ、黄鯛、トラギス、サバ)

城ケ島沖の釣果(アマダイ、黄鯛、トラギス、サバ)

アマダイ2匹

ユーモラスな表情のアマダイ

アマダイの若狭焼き

開いて塩をふって水気をぬく

皮目に風味があるため鱗は落とさず、バーナーで炙って食べたり、皮ごとフライにしてもよい。1日ねかせることで旨みが出てくるが、当日食べる場合は天ぷらなど加熱するとよいだろう。

アマダイ料理

熱した香味油をかけたアマダイ

熱した香味油をかけたアマダイ

アマダイは白身で癖がないため、様々な料理にあう。ごま油との相性もじつにいい。

船釣り初心者が東京湾城ケ島沖で釣ったアマダイを料理してみる

2017.01.30
アマダイの若狭焼き

アマダイの若狭焼き

塩焼きにする場合は、うろこはつけたまま開いて塩をふって一晩寝かす。家庭用グリルでは難しいが遠火の弱火が基本。じつに旨い。

アマダイの若狭焼きを上手につくるなんて10年早えよ

2017.11.01
アマダイ湯漬け

アマダイ茶漬け。

塩焼きの頭やヒレをとっておき茶漬けや湯漬けにするのもいい。

アマダイの中華粥

アマダイの中華粥。滋味あふれる

アマダイの中華粥をつくってみた

2017.11.13

アマダイとキダイの干物

干物パーティーの主役にしても豪華!

アマダイとカナガシラの煮つけ

アマダイとカナガシラの煮つけ。

アマダイ釣りでは、小型のアマダイやゲストも釣れてしまう。これらは深場から上がってくるため肛門からハラワタもでてしまい、リリースしてももれなく死んでしまう。せっかくの命なのでおいしくいただこう。

小型のアマダイの場合、煮つけか唐揚げが手間が少なくていい。

アマダイの潮汁

アマダイの潮汁。アラからもいいダシが出る。

アラから炊きだす潮汁は、きわめて繊細な旨みがでる。柚子の香味を足すとさらに上品なものになる。

アマダイの昆布締め

アマダイの昆布締め。3日ほど熟成させたもの。

アマダイは見ての通りだが、身が真鯛のように赤いのでおめでたい正月料理などにもよく似合う

アマダイの昆布締め炙り

アマダイの昆布締め炙り

まだ経験していない人もぜひ、アマダイの釣りと味を堪能してほしい。

キダイの料理はこちら

アカボラ料理はこちら

アマダイ関連の釣行記

沖釣り初心者が神奈川県真鶴福浦港の"雅裕丸"へアマダイを釣りにいってみた【コムコム日記】

2016.12.24

春一番が吹いた翌日の相模湾LTアマダイは釣れるのか?

2017.02.21

人気の高級魚アマダイを釣りに相模湾へいってみた|@茅ヶ崎港一俊丸

2017.10.31

目指せツ抜け!相模湾のLTアマダイ釣り

2017.11.08

第2回 Sanyアマダイディギングマスターズカップ2017に参加してきた

2017.12.14

アマダイ料理の記事

船釣り初心者が東京湾城ケ島沖で釣ったアマダイを料理してみる

2017.01.30

相模湾LTアマダイで釣った8種の魚を料理してみた

2017.02.22

アマダイ釣り関連アイテム

<お知らせ>
🎣あなたもORETSURIに寄稿してみませんか?
☕ORETSURI読者の集い『釣りトーク』をFacebookでチェック!
🐟らっしゃい!ORETSURI釣具店営業中!
☀Amazonプライムで、無料お急ぎ便+映画・TV番組が見放題、100万曲以上が聴き放題-PR

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!