2,366 views

この記事は約5分で読めます。

【実はうまい】本命以外でよく釣れるトラギスの釣り方・ポイント・料理レシピ

ボート釣り トラギス

シロギス・カワハギ・アマダイ・カサゴなどで底を狙って釣っていると混じってくるトラギス類。

色合いがカラフルなため、食指が動かない人も多いのではないだろうか。

この記事では雑魚扱いされるトラギスの魅力について解説する。

スポンサーリンク

トラギスについて

ボート釣り トラギス

トラギス科トラギス属の魚。全長20センチ級が最大サイズ。

トラギスの仲間は複数いて、浅場から水深100メートルまでそれぞれ分布している。

エサは小型の魚・甲殻類・ゴカイ類等。釣りのターゲットとしては専門に狙う人はほぼおらず、シロギスやカワハギ、アマダイなどの底を狙う釣りのゲストして上がるが、カラフルな色合いのため初心者を中心に持ち帰られないことが多い魚。

スポンサーリンク

釣りで釣られる主要なトラギスの種類

ここでは岸釣り・ボート釣り・船釣りで釣れる主要なトラギスの種類を紹介する

トラギス

ボート釣り トラギス

一番ポピュラーなトラギス。

浅場で釣れる印象が強い魚。主にシロギス・カワハギ・カサゴなどを狙っているときに混じる。個体差はあるが虎柄のように見えるので虎鱚なのだろう。よくみると頭部のコバルトブルーの差色が美しい。

特にカワハギやカサゴ釣りではエサ取りとして嫌われることも多い。

クラカケトラギス

トラギス先輩

比較的水深が深めのところにいる印象の強いトラギス。素朴な色合い。

やや大きめの個体が釣れる傾向がある。

アカトラギス

ビシあじ釣り 釣果 トラギス アジ サバ

左側トラギス類の上四尾がアカトラギス

こちらも比較的深いところで釣れる傾向が強いトラギス。赤色に黄色の模様がある。水深~100m等のアマダイ釣りではアカボラなどと同様、つけエサのオキアミを食べる。アマダイの釣果を上げるためにはこのあたりをしっかりとれるかどうかがカギになる。

▶トラギスがよく釣れるポイント

スポンサーリンク

トラギスがよく釣れるポイント

海

種類によっても異なるトラギスは主に、砂泥底、根混じりの砂底に生息している。もし狙って釣りたい場合は海底の地形に注意するとよいだろう。

トラギス釣りの仕掛け

市販の専門の仕掛けは存在しないため、シロギス・カワハギ・カサゴ・アマダイの仕掛けを流用する。

密度が濃く群れているわけではないが、数匹ずつ釣れてくることも多いので枝針も有効。口はそれほど大きくないが餌にはがっつく傾向ががあり、やや大き目の針でも釣れてくる。

トラギスの釣り方

トラギス

砂底・砂泥底を狙う。そこから仕掛けが離れないように広く誘うとヒットしやすい。

トラギスといえども好む場所があり、たまっている場所とそうでない場所はある。ボートの釣りなどでもキャストして広く探りたい。

トラギスで泳がせ釣りをすると・・・

神奈川 手漕ぎボート  マゴチ釣った

トラギスはシロギス・メゴチ同様、泳がせ釣りのエサとしても有効。

弱りにくくアピール力も高い。底上を離れないため、ヒラメ・マゴチ類がメインのターゲット。青物などが回遊していたとしても基本的に釣れない。

泳がせ釣りの場合は、アタリがこないと「この餌で本当に釣れるのだろうか」と疑心暗鬼になりがちだが、ポイントにヒラメやマゴチがいれば釣れるのでタナをしっかりとり、狙い続けると成果につながる。

トラギス釣りのゲスト

トラギスを本命にした場合のゲストは以下の通り。

シロギス

金田湾のボートで釣れたシロギス

天ぷらでおいしいシロギス。釣り分ける方法はほぼないが、遊泳力やタナはシロギスのほうが高いため、積極的にさびくとよい。

メゴチ

釣れたメゴチ

トラギスと一荷になって釣れてくることも多いメゴチ。

カワハギ

葉山の海で釣れたカワハギ

カワハギのほうがうれしいんじゃ…

アマダイ

アマダイ釣り大会の獲物

水深~100メートルの釣り場では、アマダイなども混じってくる。クラカケトラギスやアカトラギス、アカボラなどが混じっている場合は、アマダイのタナとして狙いは良好だ(これはトラギスの記事なのに!)

▶トラギスはうまい!

トラギスはうまい!

オキトラギスとクラカケトラギス

アカトラギスとクラカケトラギス

ご存知だろうか。トラギスはうまい。

白身の魚で淡白な味わいだ。刺身で食べる場合は、皮目を炙るかゆびいて旨みを活かす。またまとまった量釣れたら昆布締めにしてもいい。

刺身類は醤油にワサビよりポン酢にもみじおろしがよく合う。

刺身類

クラカケトラギスとホシササノハベラの炙り

バーナーで炙ると皮目が香ばしい。

クラカケトラギスとホシササノハベラの炙り

奥がクラカケトラギスの炙り

天ぷら・フライ

あなごの天ぷら

 天ぷら(イメージ)

トラギス類は脂っ気がないため、揚げて補うような調理が向いている。

天ぷらは塩で食べるのがオススメ。

釣り料理 シロギスの天ぷら

ビール党の人は、スパイシーに味付けした衣でフライにすると何匹でも食べられる。じつに美味。

トラギスはエサにも使えるし食べても旨い魚

アジとトラギスフライ冷凍用

あまったトラギスは開いて冷凍しておくと一か月持つ。

釣れたトラギスを持ち帰る人は少ないかもしれない。

一方で、シロギスやメゴチを天ぷらにするのであれば、ほぼ同等の味が楽しめるのでトラギスも積極的に持って帰り食べてみるのもよいだろう。

小型のものは料理しにくいので積極的にリリースしたい。

食わず嫌いの方も、是非一度ためしてほしい。

釣りに貴賤なく、魚に貴賤なし。

関連アイテム

釣った魚の名前をズバッと言い当てたい人にオススメの図鑑。冒頭部が特徴による分類で構成されていて、色や特徴によって釣った魚を判断できる。覚えなくても一つ一つの魚をみていくだけで、いろんな魚に愛着がわいてくるから不思議。

<お知らせ>
🎣ORETSURIに寄稿してみませんか?
🎣ORETSURI読者の集い『釣りトーク』をFacebookでチェック!
🎣らっしゃい!ORETSURI釣具店営業中
☀Amazonプライムで釣具のお急ぎ便無料+映画TV番組見放題+100万曲以上聴き放題-ad

この記事を気に入ったら
いいね!

最新情報をお届けします

TwitterでORETSURIをフォローしよう!